でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

出ちゃったけど、元気です 

 

うっかり新年のご挨拶もしないまま
すでに2月になってしまった( ゜д゜)!

スポンサーサイトを消すためにとりあえず更新更新。
1月の末に外来。ちょっとだけ早いけど3年目の検診ってことで
マンモとエコーをやりました。特に問題なし。
問題なのは暴飲暴食の果てに上昇した肝機能なので
3月の診察までに摂生して、運動なんかもしとかないと。

師走に折れた足の指はやーーーーっとついても「いてぇ」と思わないくらいになりました。
指が折れたのを口実にあんまり動かなかったもんな。だって痛かったし。
靴もそろそろ違うの履いても大丈夫かな?
ゆるめのブーツしか履けなかくて、ずっと同じの履いてる…

最近心臓に腫瘍が出来た人の話を聞いて
「珍しいねー」と言っていたのだが
さらにレアケースで悪性だったとのこと。
腫瘍部分は弁ごととったけれど今後の治療はどうなるのか…という段階だそう。
何にしても情報収集ですね。
症例が少ないだけに、情報収集は大事だと思います。
病理結果を聞いて「どうしよう」ととまどっている時期だと
なかなか自分だけでは客観的な情報を取りきれないだろうから、周囲がフォロー出来るといいんだけど…
どんなに確率が低くても、なった本人にしてみれば0%か100%でしかない。
病気になった時に線を越えて、健康な人とは「あっちとこっち」という気持ちになってしまうんですよね。
でも治療を乗り越えて回復してくれば、そんな卑屈な気持ちも段々薄れてきます。
早期に見つかったことを不幸中の幸いだと思って、これからの治療に臨めるといいなと祈っています。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

師走っぽく 

 

職場の大掃除は自分たちでやるという慣例で
今年も一日かけて大掃除( ゜д゜)
やりたくないとも言えず、きっちり役割分担されて
大掃除に勤しみました。
掃除なんて2時間もやったら飽きる〜と思いながらも
まぁまぁがんばったような、こっそりさぼっていたような (・∀・)

ところで、今週に入って職場のメンバーの健康運が急激に低下。
1人は自転車で転んで、ヘルメットが割れた上に肋骨5〜7番を骨折。
1人は歩いていて階段で転倒し、両手両足と腰を負傷。
私は家の中で「たんすの角に小指」を激しくぶつけて恐らく骨折。
もう1人は持病の検査結果が悪化。
大変縁起が悪いです。年末だっていうのに。
縁起が悪いので、年末だけどお参りに行こうと思っています。
私の激しくぶつけた小指は、みるみる内出血し腫れてきたので
ぶつけた直後に湿布で隠しました。(見るのがこわいから)
「折れてる、コレ」と思いながらも出掛け、あまりの痛さに歩くたびに悶絶。
でも整形外科に行ったって、どーせレントゲン撮って湿布とか痛み止めもらうだけだから
自分で固定でもしとけばいいやとテープで固定すること3日。
まだ歩くのは遅いけど、痛みは劇的に軽減しました。は〜よかった。

職場の大掃除をしたので、家も大掃除をしよう!と本日張りきって
半分くらい大掃除しました。はー、つかれた。
しかし友人の名言で「掃除はいい結果しか出ない」の通り
やればやっただけ達成感が得られるものですな。
やろうっていう動機付けがなかなか出来ないもんだけど。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

しまった、出ちゃった 

 

すっかり放置していたので
ついにスポンサーサイトが出てしまっていた。
出ていたことにもしばらく気づかなんだ。

というわけで私は元気です。
時々転んで膝をしたたかに打ったり
腰がぎくっとなったりしてロキソニン先生のお世話になったり
そんなことはありますが、だいたい良い調子でいます。
ただ、腰が痛いのと多分関節痛が重なって、立ち上がる時はかなりおばーちゃんぽいです。

ホルモン療法の副作用対策として、
ケモ中に飲んでいた牛車腎気丸がなんだかよくて飲んでいるけど
いいような気がします。
膝下の強力な冷えがなくなりました。
浮腫やすかったのもとれてきたようです。
体重が全く変わってないけど「やせた?」と言われることが多いです。

リュープリンの作用は投与後10日くらいがぐわーーっと作用が強く出て
右肩下がりでホットフラッシュも気にならなくなってきます。
また3ヶ月後にぐわーーっとする時期が来るんだけどね。

ずっと連絡はとっていたけど数年会っていなかった人に先日会えました。
えっ、そんなに会ってなかったっけ?!と思ったけど
会ってみてもちっとも変わってないので、久しぶりだけど久しぶりではない感じ
でも懐かしくて嬉しかったです。
ピアノの先生なんだけど、猫好きなので
タラが小さい頃カバンに詰めてこっそりレッスンに連れて行ったりしました (・∀・)
IMG_1465_cake.jpg
このシフォンケーキがめっちゃしっとりしてておいしかったなーーー

まつげはちょっと伸びてきている気がするんですよね。
もう少し「こ、これは!」という状態になったら報告します。
あ、それと皮膚科にいる友達の練習台でフォトフェイシャル初体験しました。
ここのシミがにくいーーと言っていた部分が1週間くらいで
かなり薄くなって効果を実感。
あーん、また行きたいな。

そんなわけで、忙しくしながらも、そこそこ楽しくしています。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: おともだち

△top

まつげ、満足する伸びでしたか? 

 


今まで何度も散々迷ったあげく、
「やっぱりこわい〜!」と手を出さなかった。
まつげを伸ばすといわれているルミガン。
IMG_1378.jpg
ルミガンは元々緑内障の点眼薬です。
追記:これを点眼するのではなく、まつげの根元に塗るという使用方法です!

化学療法でまつげが抜けて、まぁこれは割と順調に生えてきた。
生えてきたけど、なんか前より短い。
生えてきたけど、なんか前よりまばら。
気のせいかもしれないけど。
まぁ、いいか。マスカラ塗ってれば。
な〜んて思っていたけど、気になっていたので
何回もルミガンをチェックしていた。
みなさんは化学療法後のまつげ&眉毛は、元のようになりましたか?
私は元よりも少ないです。明らかに!
眉毛なんて、全然お手入れ不要な量になっちゃった。
抜けた後のホルモン療法も関係しているんでしょうね。

ここ最近は「もういいや」という気持ちになって
気にせずテキトーにメイクして過ごしていた。
そしたら、ひょんなことからルミガン入手ルートが開ける。
とりあえず1本使ってみることにしました。
さぁ、どのくらいで効果がでるのか?!

IMG_1382.jpg
使用前、マスカラなし。
2週間くらい使ってみたら、比較したいと思います。

シミももう少しなんとかしたいな〜。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 発毛関係

△top

麻酔、さまざま 

 

秋になって周りの人のファッションも秋なんだけど
ホトフラ持ちのワシは、まだまだ薄着です。
用心のために夏もカーディガンを欠かさないので、夏とほとんど変わりません。

今までに大小織り交ぜ、いくつかの手術を経験しました。
それに伴い麻酔も局所麻酔、腰椎麻酔、硬膜外麻酔、全身麻酔などなど。
麻酔はいつだって、何だか怖いですね。
腰椎麻酔の時の動かしたくても動かせない気持ち悪さもいやだったなー。
局所麻酔は意識があっていいけど、次の手技で痛くなったらどうしようとかしょーもないことを考えがちでした。
それから顔にシートを被せられるのが大の苦手で、
これはやる前に苦手です!と次は言おうと思っているポイントのひとつです。
全身麻酔はあっという間にかかっちゃったから、
服脱いだのかとか、パンツ脱いだのかとか全く記憶になさすぎて自分がこわい。
そのくせ、かかるまでは超目を開けていようと頑張っていたくだらない努力のことは覚えている。
手術室に行くときヅラ着用オッケーだよと言われてて、ヅラじゃなくて帽子をかぶって入室したんだけど、
帰室した時に自分の帽子かぶってその上からディスポのキャップかぶってて、
一体脱いでいたのか?ずっとつけていたのか?謎でした。
再建の時は硬膜外麻酔プラス静脈麻酔(まあ眠っている)だったけど、
首のところから刺されるってのが超怖くて、
麻酔の効きをみてる間、呼吸、呼吸は大丈夫だよね?!とやたら深呼吸してた。
だって周りに人がほとんどいなくなっちゃうんだもん。
見えるとこにはいたんだろうけど、患者の視界からいなくなったらダメー!
手術後、グラングランにまだ麻酔が残っていたけど、ストレッチャーじゃなくて
車イスに乗せられた…ような…記憶がうっすら。
でもリカバリーでも、全然まだ体が重くて動かないのに、受け答えできる意識状態になったら
ちゃっちゃと歩いて帰れって感じだったわー。
ベッドに戻ってからのバイタルだって、1回くらいしか見にこないし
あんなふわっふわに麻酔が残った状態で家に帰らせて、
万が一何かあったらどーするんだろうか?…と再建手術から1年経った今では思う。
まぁ、大丈夫だったけどね、何もなかったけどね。何もないんだろうけどね。

今回は麻酔に関して振りかえってみましたー。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。