でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

内臓と皮膚の間 

 

なんだか、上腹部が痛いと感じたのは二日前。
でも胃が痛いっていうのとは違うんだよね。
日常生活には支障がないし、ご飯も食べられるし。
嘔気嘔吐なし、下痢なしの消化器症状なし。

昨日(三日目)、元気なんだけど倦怠感あり。
背中が痛い。この背中のこっているような痛みがあるときは
疲れている時だよなと思いつつ午前中過ごす。
そして上腹部にある痛みの場所が少しずつ移動していることに気づく。
ちょうど左胸の下だし、再建した部分の感染が一番怖いと思っていたから
半年以上受診をサボっている再建クリニックに行った方がいいかしら・・・と思い始める。
しかし、発熱もない、発赤、熱感もない。受診するには決め手がないな・・・
でもだるいし、背中も痛いからと夕方早々に帰宅。

今日(四日目)になって背中の痛みは昨日よりもいいものの
上腹部にあった痛みが側腹部に移動している。
痛みって言っても、消化管症状ではない。
内臓と皮膚の間が痛いってのが当てはまる。
表面が少しピリピリするような。
でも他に症状がないし、熱もないんだよねー。
こんな不定愁訴みたいな症状で受診するのもな〜と午前中は様子見。
15時過ぎた頃、左側腹部にポツリと発疹が出現。
エエエエーーー、これもしかして帯状疱疹?!
いやな予感。そんな気がする。
ひどくなったら悲惨だから、今のうちに受診しよう。
近所の内科に行く。
経過を余すことなく伝える。
発疹を見て先生は「帯状疱疹だねぇ」とのこと。
抗ウィルス剤使って早めに治そうってことになった。

はー、どうりで経験したことのない変なんだけど表現しづらい症状だと思ったんだよ。
一月忙しかったけど、結構体力的には乗り越えたなーと思ってたのにな。
ってなわけで、今日は元々OFFなのでごろごろ過ごしてます。
なんで免疫低下したのかしら。ストレスかしらねぇ・・・

抗ウィルス剤のバルトレックスが30錠で4300円で高いっ!と思ったけど
ノルバのほうが高いか。
インフルエンザも溶連菌も流行しているので、皆様もどうぞご自愛ください。
栄養と休養!ですよね〜


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

出ちゃったけど、元気です 

 

うっかり新年のご挨拶もしないまま
すでに2月になってしまった( ゜д゜)!

スポンサーサイトを消すためにとりあえず更新更新。
1月の末に外来。ちょっとだけ早いけど3年目の検診ってことで
マンモとエコーをやりました。特に問題なし。
問題なのは暴飲暴食の果てに上昇した肝機能なので
3月の診察までに摂生して、運動なんかもしとかないと。

師走に折れた足の指はやーーーーっとついても「いてぇ」と思わないくらいになりました。
指が折れたのを口実にあんまり動かなかったもんな。だって痛かったし。
靴もそろそろ違うの履いても大丈夫かな?
ゆるめのブーツしか履けなかくて、ずっと同じの履いてる…

最近心臓に腫瘍が出来た人の話を聞いて
「珍しいねー」と言っていたのだが
さらにレアケースで悪性だったとのこと。
腫瘍部分は弁ごととったけれど今後の治療はどうなるのか…という段階だそう。
何にしても情報収集ですね。
症例が少ないだけに、情報収集は大事だと思います。
病理結果を聞いて「どうしよう」ととまどっている時期だと
なかなか自分だけでは客観的な情報を取りきれないだろうから、周囲がフォロー出来るといいんだけど…
どんなに確率が低くても、なった本人にしてみれば0%か100%でしかない。
病気になった時に線を越えて、健康な人とは「あっちとこっち」という気持ちになってしまうんですよね。
でも治療を乗り越えて回復してくれば、そんな卑屈な気持ちも段々薄れてきます。
早期に見つかったことを不幸中の幸いだと思って、これからの治療に臨めるといいなと祈っています。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

師走っぽく 

 

職場の大掃除は自分たちでやるという慣例で
今年も一日かけて大掃除( ゜д゜)
やりたくないとも言えず、きっちり役割分担されて
大掃除に勤しみました。
掃除なんて2時間もやったら飽きる〜と思いながらも
まぁまぁがんばったような、こっそりさぼっていたような (・∀・)

ところで、今週に入って職場のメンバーの健康運が急激に低下。
1人は自転車で転んで、ヘルメットが割れた上に肋骨5〜7番を骨折。
1人は歩いていて階段で転倒し、両手両足と腰を負傷。
私は家の中で「たんすの角に小指」を激しくぶつけて恐らく骨折。
もう1人は持病の検査結果が悪化。
大変縁起が悪いです。年末だっていうのに。
縁起が悪いので、年末だけどお参りに行こうと思っています。
私の激しくぶつけた小指は、みるみる内出血し腫れてきたので
ぶつけた直後に湿布で隠しました。(見るのがこわいから)
「折れてる、コレ」と思いながらも出掛け、あまりの痛さに歩くたびに悶絶。
でも整形外科に行ったって、どーせレントゲン撮って湿布とか痛み止めもらうだけだから
自分で固定でもしとけばいいやとテープで固定すること3日。
まだ歩くのは遅いけど、痛みは劇的に軽減しました。は〜よかった。

職場の大掃除をしたので、家も大掃除をしよう!と本日張りきって
半分くらい大掃除しました。はー、つかれた。
しかし友人の名言で「掃除はいい結果しか出ない」の通り
やればやっただけ達成感が得られるものですな。
やろうっていう動機付けがなかなか出来ないもんだけど。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

麻酔、さまざま 

 

秋になって周りの人のファッションも秋なんだけど
ホトフラ持ちのワシは、まだまだ薄着です。
用心のために夏もカーディガンを欠かさないので、夏とほとんど変わりません。

今までに大小織り交ぜ、いくつかの手術を経験しました。
それに伴い麻酔も局所麻酔、腰椎麻酔、硬膜外麻酔、全身麻酔などなど。
麻酔はいつだって、何だか怖いですね。
腰椎麻酔の時の動かしたくても動かせない気持ち悪さもいやだったなー。
局所麻酔は意識があっていいけど、次の手技で痛くなったらどうしようとかしょーもないことを考えがちでした。
それから顔にシートを被せられるのが大の苦手で、
これはやる前に苦手です!と次は言おうと思っているポイントのひとつです。
全身麻酔はあっという間にかかっちゃったから、
服脱いだのかとか、パンツ脱いだのかとか全く記憶になさすぎて自分がこわい。
そのくせ、かかるまでは超目を開けていようと頑張っていたくだらない努力のことは覚えている。
手術室に行くときヅラ着用オッケーだよと言われてて、ヅラじゃなくて帽子をかぶって入室したんだけど、
帰室した時に自分の帽子かぶってその上からディスポのキャップかぶってて、
一体脱いでいたのか?ずっとつけていたのか?謎でした。
再建の時は硬膜外麻酔プラス静脈麻酔(まあ眠っている)だったけど、
首のところから刺されるってのが超怖くて、
麻酔の効きをみてる間、呼吸、呼吸は大丈夫だよね?!とやたら深呼吸してた。
だって周りに人がほとんどいなくなっちゃうんだもん。
見えるとこにはいたんだろうけど、患者の視界からいなくなったらダメー!
手術後、グラングランにまだ麻酔が残っていたけど、ストレッチャーじゃなくて
車イスに乗せられた…ような…記憶がうっすら。
でもリカバリーでも、全然まだ体が重くて動かないのに、受け答えできる意識状態になったら
ちゃっちゃと歩いて帰れって感じだったわー。
ベッドに戻ってからのバイタルだって、1回くらいしか見にこないし
あんなふわっふわに麻酔が残った状態で家に帰らせて、
万が一何かあったらどーするんだろうか?…と再建手術から1年経った今では思う。
まぁ、大丈夫だったけどね、何もなかったけどね。何もないんだろうけどね。

今回は麻酔に関して振りかえってみましたー。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

牛車腎気丸、再び 

 


先日、病院のお仕事中スタッフから「牛車腎気丸ってなんの薬?」と聞かれて
「あー、それはしびれとか浮腫の時に出るよ−」とお返事。
よくこんな薬のこと知ってるねといわれ、
まぁ飲んでたからね−、効いてるか効いてないかわかんなかったけど!と話す。
そんな会話で思い出した。牛車腎気丸。
化学療法中、ドセでしびれが出始めてから処方されたのだった。
ドセ中〜ドセ後しばらく出してもらってて、まぁそれなりにマジメに飲んだ。
でも2週間分くらい残ってるのよね。
もー飲まないからそろそろ捨てるか…と思ってもいた。

しかーし、そういえばしびれで飲んだよねーと思い出した先日。
リュープリンの副作用なのか、タモキシフェンの副作用なのか、
関係なく更年期の一般的な症状なのか、
両手両足のほてり感に伴って、うっすらしびれ感があるんだよね。
足の指先なんか部分的にしびれてるところもあったり。
下腿も冷えるし、浮腫みやすいし・・・
ってなわけで、残ってる牛車腎気丸を飲んでみることにしましたー!勝手に (・∀・)
どうせ2週間分しかないしね、お試し的にね。
飲んで数日だけど、手掌に感じていたほてりとしびれは気にならなくなってきた。…ような…
足裏のほてりは、まだあります。あるけど程度がすこーし軽減したような…。
もう少しある分を試しに飲んでみます。
漢方薬は今までは粉末をそのまま口の中に入れて水で流しこんでましたが
今回からお湯に溶かして飲んでます。こっちの方がのみやすーい。

化学療法中は、効いてるんだか効いてないんだかわかんないわーと思っていた漢方薬。
実は飲んでいたから症状があの程度で、留まっていたのかな?今となってはわかんないけど。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top