でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

かならず出るんだよねぇ 

 

本日ハーセプチン+タキソテール2クール目、投与後11日目。

昨日は朝目が覚めた瞬間から「体いたっ!」と痛くて
アサイチでロキソニンを飲んだんだけど、
これがなんだか効きが悪くて〜。
お昼頃、レスキューでカロナールを投入したけど
これもなんだか効きが悪くて〜。
今日は痛いなぁと思ってたら、夕方寒気出現。
ぴゅーーーっとお熱が上昇して、はい、38℃。
シプロキサン内服開始です。

でっちは、FECの1回目から毎回発熱してます。
FECは2週間くらいが骨髄抑制のピークと言われていて
12〜14日目に必ず熱が出て、38℃以上で内服開始するよう言われている
シプロキサンを飲みました。

タキソテールは1週間くらいでピークがくると言われて
1クール目では8日目に発熱。
今回の2クール目では10日目に発熱。
FEC4クール目を除けば、2日くらいで解熱します。

何がいやかって、シプロキサンを治療の度に
1週間分きっちり飲まなくちゃいけないこと。
だから今回は「熱でないかも〜♪」ってちょっと期待してたんだけどなぁ。
今日は30日。帰省ラッシュも始まってるし
きっとデパ地下も賑わってるんだろうな〜。

だんだん手術のことを具体的に考え始めてます。
でっちの原発巣は、青部分にあるので

ケモで縮小して例えなくなっても、温存ではなく全摘+再建をすすめると
治療前から主治医に言われています。
(温存だと変形が激しいため)
リンパ節転移もあるし、全摘で全然いいんだけど
同時再建にする場合の再建方法とか、全摘の方法について
一応どんなものがあるのかお勉強しておかないと
急にその話になった時に困るかなと思いまして。
そんで、毎度のことながら調べれば調べるほど混迷してます。
治療計画がたった時に、温存でなければ放射線はしないって言われたけど
全摘でも放射線してる人もいるよね。
病理の結果で、そういうのが決まるのかしら?
そうだとしたら、あわてて同時再建なんてしない方がいいのかなとか
だんだん分かんなくなってくる。
再建方法で入院期間も違うし・・・インプラントで2週間、自家再建で4週間!!
でも肝臓さんが長時間のオペに耐えられなければ出来ないし
全てはケモが終わってからの体調とか治療評価によるし、
主治医とよく相談するべきことなんだけど、先にいろいろ調べてると
迷いがいろいろと生じるもんですなぁ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 術前化学療法:ハーセプチン・タキソテール

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://genkininaruyo.blog.fc2.com/tb.php/31-59a56dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。