でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

麻酔、さまざま 

 

秋になって周りの人のファッションも秋なんだけど
ホトフラ持ちのワシは、まだまだ薄着です。
用心のために夏もカーディガンを欠かさないので、夏とほとんど変わりません。

今までに大小織り交ぜ、いくつかの手術を経験しました。
それに伴い麻酔も局所麻酔、腰椎麻酔、硬膜外麻酔、全身麻酔などなど。
麻酔はいつだって、何だか怖いですね。
腰椎麻酔の時の動かしたくても動かせない気持ち悪さもいやだったなー。
局所麻酔は意識があっていいけど、次の手技で痛くなったらどうしようとかしょーもないことを考えがちでした。
それから顔にシートを被せられるのが大の苦手で、
これはやる前に苦手です!と次は言おうと思っているポイントのひとつです。
全身麻酔はあっという間にかかっちゃったから、
服脱いだのかとか、パンツ脱いだのかとか全く記憶になさすぎて自分がこわい。
そのくせ、かかるまでは超目を開けていようと頑張っていたくだらない努力のことは覚えている。
手術室に行くときヅラ着用オッケーだよと言われてて、ヅラじゃなくて帽子をかぶって入室したんだけど、
帰室した時に自分の帽子かぶってその上からディスポのキャップかぶってて、
一体脱いでいたのか?ずっとつけていたのか?謎でした。
再建の時は硬膜外麻酔プラス静脈麻酔(まあ眠っている)だったけど、
首のところから刺されるってのが超怖くて、
麻酔の効きをみてる間、呼吸、呼吸は大丈夫だよね?!とやたら深呼吸してた。
だって周りに人がほとんどいなくなっちゃうんだもん。
見えるとこにはいたんだろうけど、患者の視界からいなくなったらダメー!
手術後、グラングランにまだ麻酔が残っていたけど、ストレッチャーじゃなくて
車イスに乗せられた…ような…記憶がうっすら。
でもリカバリーでも、全然まだ体が重くて動かないのに、受け答えできる意識状態になったら
ちゃっちゃと歩いて帰れって感じだったわー。
ベッドに戻ってからのバイタルだって、1回くらいしか見にこないし
あんなふわっふわに麻酔が残った状態で家に帰らせて、
万が一何かあったらどーするんだろうか?…と再建手術から1年経った今では思う。
まぁ、大丈夫だったけどね、何もなかったけどね。何もないんだろうけどね。

今回は麻酔に関して振りかえってみましたー。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。