でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

眠れぬ夜の話を聞く 

 

先日、夜中に眠れずに1人で起きていた若い患者さんがいた。
しばらく様子をみてから声を掛けると
これから術後のケモがはじまるけど、そのことを考えると不安で・・・と。
術後の治療が必要ですと医師から言われてから
治療しようと決断するまでにすごく悩んで
治療するって決めたけど、
治療が始まるまでのこの期間に、いろいろと考えてしまうという。

家族のことも心配だし、副作用のことも心配。
特に脱毛のことが気になる。
6クールやりきれるのかも自信がない。
そして今、同じ様にケモをやる人と出会いたい。
直接どうですか?と話を聞きたい。
だけど、自分からは病棟の他の患者さんには声をかけにくい。
化学療法をしている人っぽいけど、何の病気かはわからないし
それは本人に面と向かっては聞き難い。
でも、この状況や気持ちを共有出来て励ましあえる人が欲しい。
共感したいという欲求は、やはり同じ立場の人を求めるのですね。

私も同時期にケモして、励ましあって
グチグチいいあったブログの仲間がいたからこそ
あの時期を乗り越えられたんだなぁと改めて思う。
私はケモ中は入院なしの全て外来だったし、病院でケモ仲間ってのは
たくさんいるはずなんだけど、あまり出会えなかったから
出会いたいなというその気持ちは本当によく分かる。
それは化学療法だけに限ったことではなく
再建も含めて、いつだって分かちあえる仲間と出会いたい。
そして仲間から得られるパワーは、はかりしれない。

ウィッグに関して「医療用がいいんですか?」と聞かれた。
病院では業者が置いていくパンフレットを一通り渡すことが多いので
それがいいのかな?と思ってしまう人もいるよなぁ・・・と思う。
自分がファッションウィッグだけで済ませたことを伝えて
生活スタイルによって、自分にあったものを選べばいいんじゃない?
高いウィッグを使った方がいいとか、
使う必要があるということはないという話をした。

30分ほど話をしたけど
その後もまだ眠れてなさそうだったな・・・

当事者の不安に寄りそう時に、
経験者としての立ち位置で、具体的な話が出来ることもあるけれど
ケアする側としての立ち位置で、
もっと具体的な話が出来るようにならなければ。プロとして。
やっぱりそれぞれの立場は、微妙に違うことが自分でも分かって
これをごっちゃにしちゃいけない難しさを感じた瞬間だった。

私には一体何が出来るのか。
何をするべきなのか、
そのために必要なことは何か。
ぼんやりとではなく、きちんと考えようと思う。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

△top

コメント

 

わたしがリアルで初めて乳がん患者さんに会えたのが看護師さんでした。
フルコース終了して数年目の方。
抗がん剤の説明では、髪はね、生えますがあなたが満足行くヘアスタイルになるまで2年はみておこうね。ただ生えるだけなら1年。病院でいう、生えると、患者さんが思っている生活上での生える、は違うの。普通看護師は髪が抜ける体験はしないし、患者さんは通院時、ウィッグ被ってるから、臨床で把握できないの、抗がん剤後の髪の診察はないから。わたしも院内で患者さんに説明するときには一般論で言わないといけないから、難しいの。生えるとしか、言えないのよね。だけど髪はどう?ウィッグの悩みは?と声をかけるようにしてますとおっしゃってたのが印象的でした。相談センターの看護師さんが何を聞いても終止個人差がありますので、とか先生に聞いてみてね、としか言わないのもやむ無しかしらねぇ、と思いましたが今はどう?って声かけ欲しかったなあ~。しかしなによりガンになってもこうして復帰されてるんだ、という実物を目の当たりにして本当に感動しました。


リセット #mQop/nM. | URL | 2015/04/13 00:33 | edit

リセットさん♪

リセットさんありがとうー!リセットさんの言葉にはっとしたよ。
私は医療者側の立場がわかるだけに、患者としてはかなりいいこぶっていました( ´△`)
だから自分の体験したことが真に患者さんの目線だったか怪しいんですよね。
この患者さんはその日の直接担当の人じゃなかったんだけど、気になって声をかけたんです。
でも結局うんうんと話を聞くことに終始しただけっていうのが
何だか力不足だなぁ・・・と感じました。
でも「最近どうですか?」と気にかける姿勢は大事にしたいですね。
一旦退院して化学療法の時にまた入院してくるので、
次にお会いした時にまた話が聞けたらなと思ってます。
病院の仕事に復帰した時には、大丈夫かな〜と実に不安でしたが
術後2年(ケモ後2年)でちゃんと動けています。動けることに本当に感謝ですね。
それからリセットさんに教えてもらったあのマッサージ器が超活躍してます。
あれがあるから一日の疲れが癒やせてま〜す( ´ー`)

でっち #kpjYxc8I | URL | 2015/04/13 21:23 | edit

素晴らしいブログ、ありがとうございます。

初めまして。2月にステージⅡbの乳がんが右胸に見つかって、しかもリンパ節転移の状態で、3月からFECを始めました。現在2回終了し、来週3回目が待っています。でっちさんのブログ、「はじめまして」~ずっと読ませて頂きました。がんが見つかった時の気持ちも、精密検査の様子も、FECの副作用も、「そうそう!」と、共感できることがいっぱいで、とても嬉しかったです。安心も出来ました。
あと2回のFECの後、ドセ・手術・ホルモン療法が待っています。読ませていただき、とても心強く感じました。私も、同じ思いをしている人のためにブログを書きたいと思います。本当にありがとうございました。お体に気をつけてお元気でいてくださいね。また、お邪魔します。

さら #- | URL | 2015/04/17 12:29 | edit

さらさん♪

こんにちは、はじめまして。
FEC治療中とのこと。今は大変な思いもしていることでしょう。
化学療法で自分がどうなっちゃうか分からないのが不安なんですよね。
私は自分が化学療法中に、具体的な症状だとか投与後にどんな感じで体が変化していくのかという情報がとっても知りたかったのです。
だからなるべくそういう情報が拾いやすいようにしています。
私の経験と情報がお役にたてたようで本当にうれしいです。
ご一緒にがんばりましょうね。またいつでも声掛けて下さい(´∀`)

でっち #kpjYxc8I | URL | 2015/04/18 09:01 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/18 23:57 | edit

鍵コメSさん♪

こんにちは。
治療中のいろんな思いを「こうなんだよねー」「そうそう!」と
言える相手がいることは、本当に励まされました。
先に経験された方からのアドバイスや励ましも、
「あとすこしがんばろう」と何度も助けてもらいました。
頑張らなくても治療は進むし、辛いときに無理することないです。
元気になったらがんばればいいんです。

でっち #kpjYxc8I | URL | 2015/04/21 09:37 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。