でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

今さらちがいがあることを知る 

 

前回、髪がうすいとこがある〜とぼやいた
私が行った化学療法のメニューは

FEC(100) 4クール
タキソテール+ハーセプチン 4クール
ハーセプチン単独 14回

という、まぁ標準治療の王道的なメニュー。
アンスラサイクリン系薬剤を中心とした多剤併用療法と、タキサン系薬剤と分子標的薬。
全て静脈点滴で行われた。 ほんっとお金かかったわ(-公-;)

FECに似た名前のメニューでEC、CEFがある。
Fがあるかないかだけのちがいじゃないのーとか
薬の呼び方のちがいだけじゃないのーとか
テキトーに解釈していました。

しかし、改めて見てみると
そこには明確なレジメンの違いというものがあったのであった( ゜д゜)

詳細はガイドライン参照。

FECとECとCEFの要ともいうべき「E」は
一般名 エピルビシン(商品名:ファルモルビシン)で同じである。
ECとFECは投与量が、60~100mg(体表面積あたり)。
CEFは、60mgという違いがある。
FEC100という私がやったメニューはエピルビシン100mg。

さらに異なるのは、C(シクロホスファミド、商品名:エンドキサン)の投与量。
FECでは500mg、ECでは600mg。CEFでは75mg。
投与方法もガイドラインでは、CEFのCは内服とある。へー、そうなんだ。
全く知らなんだよ。

ちなみにTCは、乳がん領域ではタキサン系とシクロホスファミドですが
卵巣がん領域では、TC(TJ)はタキサン系とカルボプラチンです。
同じ呼び方でも実は薬剤が違うの。

large_522636_nyu_28.gif
(日経メディカル 乳がん百科より)

毛を抜いたやつの正体を
改めて勉強し直してみたのであった。
ただそれだけ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

category: お勉強

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。