でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

乳腺濃度のハナシ 

 


昨日猫のお友達に会って
乳がん検診の話になって
「マンモグラフィー痛かった−!」と言っていた。
確かにマンモグラフィーは胸を挟んでつぶすってんで
痛くはないとはいわない。
でも個人差があるんですよね。
脂肪が少ないとか、乳腺が発達してるとか。

そこで「乳腺濃度」の話。
8月のKSHSの全国大会でちょっと話を聞いたので。

検診=マンモグラフィーと思われていることも多い検査だけど
日本は乳がん検診の受診率が低い(全国平均約20%)ので受けたことない
対象年齢の人も多いでしょう。

以下、乳がん画像診断ネットワークのリーフレットより。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マンモグラフィーでは、乳がんや乳腺組織は白く、皮下組織や脂肪は黒く写ります。

乳がん(白)が脂肪の多い場所(黒)に発生すれば、
乳がんを見つけることは容易
ですが

同じような色合いの乳腺組織に囲まれていると、見つけ出すことが困難になります。

乳腺濃度は人によって異なることから、「マンモグラフィーによる乳がんの見つけやすさ」も
当然、人によって異なります。
乳腺濃度


<乳腺濃度の分類>
乳腺濃度分類

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、乳腺濃度が高い人は日本人に多く、この場合マンモグラフィーにはほとんど写らないという。
つまり、自分は乳腺濃度が高いのか低いのかと知っていることは非常に重要になる。
乳腺濃度が高い人が、毎年真っ白に写るマンモを撮っているだけでは
見えない病変を見逃すことがあるということである。

欧米ではAre you dense?という取り組みが広がっていて
マンモグラフィーによる乳がん検診を受けて乳腺濃度が高いことが分かった場合

乳腺濃度についての情報を伝えること。
マンモグラフィーでの短所を補うため、追加の画像診断を受けるよう受診を勧めること。


を通知義務とする法律を制定する動きがアメリカの各州で起こっている。


私は講演を聞いてこの話はとても興味深かったし
いただいたリーフレットも分かりやすく勉強になった。
それなのに、乳がん画像診断ネットワークのHPが全く楽しくないし
このHPを見ても、リーフレットのように分かりやすくもないのがねー。惜しい、残念( ´△`)


マンモグラフィー、エコー、MRIはそれぞれ原理が異なるので
結果がそれぞれであるのは当然。
これら複数を組み合わせて、総合的な診断をつけるということを
受ける側も知っていないといけないなとつくづく思う。
検診で見逃されたのではなく、写らなかったのかもしれない。
そして現段階では、MRIでしか見えない病変もあるそう。
ハイリスクな因子がある人は、MRIによる検診というのも必要になってくるとのこと。

すでに罹患してる人にとっては周知なことかもしれないけど
猫のお友達のように、これを見てくれている健康な方にも
知って欲しいなーと思って、まとめてみた (・∀・)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

category: お勉強

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/10/13 17:40 | edit

でっちさん、こんばんは♪
今更なんですが
ホルモン治療で乳腺も衰退してなくなるのですか?加齢ととも脂肪に変わるのですよね
乳腺がなくなると乳がんも発生しにくい?
遺伝性乳がんで乳房を予防切除するのは
そういう意味でしょうか!?
本当に今更なんですが解らなくなってしまいました。

リセット #mQop/nM. | URL | 2014/10/13 20:57 | edit

鍵コメAさん♪

こんにちは。検診行かれたんですね。
乳腺濃度が高かったですか。なんとタイムリー。
日本人は多いタイプだそうです。
エコーも受けて下さったんですね、ちょっとはお役に立てたのかな・・・。
つい最近、エコーの技術差を解消するための新しい超音波装置が開発されたそうです。
これは今日聞いてきたばっかりだから付け焼き刃だけど、まだ日本に2台しかないんですって。
いつでもお茶の呼び出ししてくださいな〜(´∀`)
逃げてかないから慌てないでね。無理しちゃだめですよう。

でっち #kpjYxc8I | URL | 2014/10/13 21:11 | edit

リセットさん♪

そうそう、分かったつもりでも時々こんがらがっちゃう!
乳腺の主に乳管に生じるのが乳がんなので、乳腺がなければ乳がんは発生しません。
予防切除はまさにそういうことです。
そしてホルモン療法でというよりも、加齢で乳腺は萎縮します。
これはエストロゲンの分泌低下に伴う現象です。
乳がんの好発年齢になると、分泌量が減る一方のエストロゲンを少しでも多く受け止めるために、乳管上皮細胞ではエストロゲン受容体(ER)が増えてきます。
この受容体と結びついたエストロゲンは細胞分化や細胞増殖を促す働きがあるため、乳がんの発症につながると考えられています。
そして乳腺が萎縮しても、ERが発現した乳管上皮細胞というものが残っているために何歳になっても(つまり高齢でも)乳がんになる可能性があるんですって。
だから健側の検診は欠かせないですね。
私はどうせ見つかるなら、次は浸潤していない状態で見つかりたいと思っております。

でっち #kpjYxc8I | URL | 2014/10/13 21:26 | edit

でっちさん、ありがとうございます。わたしの中でERの理解がいまいち無くて、ようやく少し理解できました。乳腺組織そのものの多少はがん発生率には直接関係ない、ということは知っていても、がんの発生機序がわかればもう少し検診率あがるように思います。怖がらずに自己検診します。ホルモン治療でさらに胸がペタンコに小さくなっても発生率が下がる訳ではないし。
せっかくのピンクリボン月間にこういうこともPRしてほしいなあ…

リセット #mQop/nM. | URL | 2014/10/14 21:00 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/10/14 21:03 | edit

リセットさん♪

ER陽性とか、病理でさらっと説明される割に
ERがどーして乳がんと結び付いているのか、なんてところまでは
外来で医師が説明する余裕はないんですよね。こっちもなんじゃい?と思いながら
それよりも考えることがたくさんあって、そっちまで手が回らないですよね。
ふと思いついて、あちこち自分で調べて理解していく感じです。
それだけ、客観的に病気と付き合えるようになってきたということでしょうか。
分からないこともまだいろいろあるんだけど、もう少しちゃんと勉強しようかな〜と最近思っています。
リンクはどうぞ御随意に!

でっち #kpjYxc8I | URL | 2014/10/14 21:31 | edit

年齢と共に乳腺って減ってきますよね。
私も30代の頃の検診では、乳腺が発達してるからわかりずらいって言われて、
高齢の方のマンモ見せてくれたんですよ!(←いけないよねー先生w)

今じゃ、その高齢の方に近い状態になってしまいました。
ショック (´・ω・`)

でもわかりずらくても、一応マンモはやらないとねー

キオ #NNZ72WTo | URL | 2014/10/15 16:10 | edit

キオさん♪

加齢と共に乳腺は脂肪に変わるんだそうですよ( ̄□ ̄;)
それだからマンモで見やすいんですね。
最近このdense breastの問題が話題で、
マンモに代わる画像診断で検査する人による技術差をなくすために開発されたのが
Invenia ABUSという超音波だそうですよ。

でっち #kpjYxc8I | URL | 2014/10/16 23:34 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top