でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

FEC4クール目の副作用と辛かった日々 

 

これまでの3クールは、投与日から4日間はステロイドや吐き気止めの内服があって
味覚障害やちょっとムカムカする時はあっても、それほど辛い症状はなかった。
だけど4クール目は3クール目の倦怠感をひきずっているので、点滴直後から寝たきり状態をほぼ維持…。
動けないわけではないけど怠くて、何もやる気が起こらない。
ステロイドが終わると、筋肉痛が出現。これがいつもよりも強くかなり辛い。
それが良くならないうちに、発熱。熱がいつも通りに下がらずに上がったり下がったりで
かなり体力を消耗。
このまま体調が悪くなる一方で、もう良くならないんじゃないかという不安がつきまとう。
悪いものを小さくして手術するって予定だったけど、手術まで自分は持つのかというネガティブな考え。
毎日毎日、今日は良くなるかと思いながら、ただ時間をやり過ごすだけの日々。
次の治療予定日は微熱・倦怠感が続いていて治療は中止。
この2日後くらいから少しずつ回復傾向になり、11/7にタキソテール実施となる。


【味覚障害】
点滴直後から味覚障害が強くて、何を食べても何を飲んでも口がまずくてウツウツする。
歯がヌルヌルした金属の味がする膜で覆われている感じ。
それまで食べられていたうどんも何だか急に食べられなくなる。
さっぱりした和食系が食べたい。そのうちお粥ばかり食べたくなる。


【筋肉痛・関節痛】
背中のバリバリした筋肉痛とひどい肩こりのような筋肉痛。そして寝違えたような首の痛み。
これだけではなく、高熱で超痛い時の体の痛みがあって身の置き所がない。
でも初めは熱は出ていなかった。
だからこれが筋肉痛・関節痛なんだと気がつくまでに時間がかかっちゃった。
そのうちあまりにも痛いので、痛み止めを使用開始。
今思えばもっとちゃんとコントロールすればよかった。
痛みに耐えかねる時にのみ使用という方法は、持続する痛みには向かない。
この後発熱が続いている間、痛みはずっと続く。
いつどの位痛いのかを記録するために、痛みレベルを1−10の数値で表してつけていた。


【発熱・倦怠感】
いつもよりも2〜3日早く38℃以上の発熱。シプロキサン(抗生剤)開始と共に鎮痛解熱薬を
アセトアミノフェンにチェンジしなければならない。
1回2錠内服しているのだけど、効き方がなんともジワジワしか効いてこないので
その時間、熱と痛みでとてもつらい。なにも出来ず、寝てウンウンいっているだけ。
そのうち少し効いてくると、発汗がはじまりある程度汗が出るまでお布団にくるまってる。
なかなか熱がおさまらないので、薬がきれると熱が上昇→薬飲む→発汗を繰り返しかなり消耗。
何日も続くと、もう具合の悪いのにも飽きたわ!
熱が出るのも、汗が出るのも飽きたわ!…となってくる。
熱に対する耐性も低くなっているのか、微熱でももうとってもつらい。
36.8℃くらいでも全く楽にならない。倦怠感も痛みも。
辛すぎるので、予約外だけど受診したいと病院に連絡。
とても混んでいる日のようだったけど、遅くなってもいいからと受診することにする。
15時頃病院に行くと本当に混んでいた。到着してすぐ処置室で寝かせてもらって待つ。
私は寝かせてもらっていたから苦ではなかったけど(家でも同じことだから)
なんと1番最後に診てもらって終わったら21時前だった。先生も大変だぁ。
採血したけどFEC4回目からちょうど2週間のデータ。白血球も900しかなくて怠いはずだよ…
口の金属感は肝からきてるかも…とお薬も出て、いろいろと話も出来て時間はかかったけど
この日受診してとてもよかった。
看護師さんにもぶちぶち話聞いてもらってとてもお世話になった。
回を重ねる毎に体調が悪くなっていったのは、
FECの蓄積ともしかしたら私にとってちょっと量が多かったのかもと。
次のお薬は100%で大変そうだったら、減らしてやっていこうということになった。
筋肉痛もFECの副作用としてはあまりないと言われているけど
「出ないわけじゃないよ」と言われただけで安心。
化学療法中は微熱も出るけど、きっともうすぐ下がってくるよと言ってもらった。
そしたら受診した2日後に、熱の上昇が止まりつつあることを実感。
痛みはまだ続いていたけど、身の置き所がないような痛みも軽減してくる。
解熱してきて気がついたのは、ホットフラッシュの症状が時々あること。

FECの倦怠感は一言で表すと、どーんという重たさが体の背面にあって、
横たわらずにはいられない感じ。起き上がって座っているのもしんどくて寝たい。
タキソテールでは痛みがもっと強かったけど、横たわってる期間はずっと短かった。



この4クール目は、寝たきりで過ごした1ヶ月だった。
この頃から息切れも出現して、タキソテール後息切れが甚だしくなったけど
今はだいぶ落ち着いてきた。
体調がすぐれないので、精神的にもすぐれなくって、
いろんな人に心配をかけながら支えてもらいました。
でも、ホントにこのまま具合がよくならないんじゃないかと思ってました。
そして、この治療を乗り越えてるなんて、みんなすごいなすごすぎるな〜と。
くじけそうな気持ちを抱えながら、自分は乗り越えられるのかしらといつも思ってました。


*前回と同様振り返り記事なので、コメント欄は閉じますね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


関連記事
スポンサーサイト

category: 術前化学療法:FEC

tb: --   cm: --

△top