でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

再建手術の覚え書き 

 

昨日の朝、10:00ちょっと前に受付と支払いを済ませた。
その時に術後1週間の予約もとる。

診察室で写真撮影と手術のデザインをマジックで描き描き。
手術の同意書に最終的にサインを済ませると
Nちゃん先生登場。デザインの修正をして
「あなたのように1回炎症でうまくいかなかった人でも、インプラントで必ず再建できます。
3%はどこでどのやりかたでやっても、リスクが伴ってしまうけど
我々はスペシャリストですから、手術には万全を尽くします。
術後はあなたの治癒力でがんばってください」と言われる。
なんか、泣きそうになったよ(ノω<。)

その後、リカバリールームに案内されて着替え。
先に1人オペ室に連れて行かれて、でっちはマンガを読みながら待つ。
百鬼夜行抄1話読み終わった頃に、抗生剤の点滴開始。
この辺までは、全然緊張もしてなかったのよね〜。

11:00前に「いきましょー」と呼ばれてオペ室へ。
前に麻酔科の先生と話した時には、硬膜外麻酔の話も全麻の話もあって
どっちでやるのかなーと思っていたら、硬麻の準備が始まる。
腹部硬膜外麻酔は知ってるけど、胸部ってどこからきかせるんやー?!

ビクビクしてたら「首だけ下を向いて下さい」と言われる。
局麻のあとぐぐっと押される感じがあり、チューブが挿入される。
見えない状態だから、めっちゃこわいやん。
そんでどんな感じで効いてくるわけ?!
こ、呼吸大丈夫だよね?
そんな不安感ばかりが次々とわき出てきた。

しかし麻酔の前投薬(硫酸アトロピン)を投与されて
なんとなくぼやーーーっとしてくる。

硬麻の効きを「ここ冷たい?」と聞かれるんだけど
緊張で冷たいんだか、冷たくないんだか分からなくなってくる。
そんでもって、首まで感覚が麻痺しているから「こ、呼吸!」とコワくて
深呼吸ばかりしていた。
両腕がビリビリ痺れてきてこのレベルは効いているのが分かる。
で、でも首まできてるけど!いいのこれ?!
大学病院とクリニックの違いは、オペ室のお部屋に配置されている人の数ですね。
硬麻を効かせている間、誰もいなくない?みたいなことが何回かあって
それは不安を増長させた。
それから大学病院は、オペ室に入って心電図やら血圧計やら器械を装着したら
服を着たまま麻酔導入で、あっと言う間に意識がなくなった。
いちいち不安になってるヒマなし。
まぁ、だからといってクリニックがイケてないわけではなく
仕事はきっちりやるし、無駄な動きはない。非常にビジネスライク。
あと少し配慮があると、不安もないのになぁと思った。

消毒を始めた頃にはけっこうぼーーっとしてて、
前回の手術の時みたいに「目はとじないぞ!」とがんばっていたけど
「プロポフォールはいりまーす」という声が聞こえて
「プロポフォールかよ!」と心の中でツッコんだところで記憶なし。


名前を呼ばれて覚醒。
「おわりましたよー。6時です」と聞かされてびっくり( ゜д゜)
えぇぇぇ、そんなにかかったの?!
(全摘+リンパ節郭清+エキスパンダー挿入の時でも3時間くらい)
先生も「ながかったー!」と言っていた。お疲れ様です。
体を起こされるが自力歩行不能で車イスにのってベッドへ。
まだ自分で頭も持ち上がらない。
しかしモーレツにオピッコがしたくなる。
「尿管入れますね」ということで入れてもらう。
普通はオペ中に入れるけど、入れずにオペしてるのかしらね?
いつの間にか術後の抗生剤の点滴がつながれ、
歩けるようになったら帰れますよーとのこと。
しかし、やっと頭が動かせるようになっただけで体はまだ上手く動かない。
動かないしーとうとうとする。

しばらくすると「お水飲みましょう」とお水と内服薬を持ってきてもらい
ベッドを起こしてもらう。20時頃。(もう泊まった方がよかったんじゃね?)
起こされても大丈夫、フワフワしない。
お水のむ、気持ち悪くならない。
お薬飲む、大丈夫。この時にボルタレン2個いっぺんに内服。
お水2杯飲んだところで、帰宅後の説明をしてもらう。
右側にドレーンが入っているので、バッグがいっぱいになったら
ペアンで管を止めて、中の排液を出すように言われる(計量も)。
胸はバンドできっちり巻かれて固定されている。右は痛みなし。
左のアンダーの部分だけが痛い。(周囲の組織に縫いつけてあるからだそうです)
痛いけど、全摘の時の痛さに比べたら、全然!
「あたたた」といいつつ動ける感じ。
尿管も抜いて、トイレまで歩いてみる。
多少フワフワするけど、つかまりながらなら大丈夫。
トイレに座るけど、尿管入れてたからオピッコは出ず。
ベッドに戻り、点滴も終了し、着替えていいですよーと言われてお着替え。
着替えもそれほど苦労せずに出来た。
表の入り口はしまっているので、裏口から出て向かえに来ていた番頭と合流。
そのままタクシーを拾って帰りました。この時21時前。
帰宅したのは21:40頃でした。
24時間ご飯たべてなーい。腹減った−!
おじやを食べてやれやれとひと息ついたのであった。
泊まりか日帰りか、随分悩んだけど、
やってみると日帰りでも十分大丈夫と思う。
でもフワフワした感じが残るから、そういうときは無理しないでタクシー等を使えば
帰るときは全く心配ないです。

以上かけ足で昨日の記録。
長々とありがとうございました(´∀`)ノシ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

category: 再建出直し編(シリコン手術~術後)

△top

コメント

 

終わったね〜(^^)

無事に終わって良かったよー!
もうブログ書けるくらい回復したんだね〜
でも、この猛暑だから、油断せずに安静にするんだよ。
んで、無事終了のお祝いの会やろうね!
こっちのほうの来週の診察はどうする?会えないのかな?

さわ #3cXgguLU | URL | 2014/07/26 17:44 | edit

でっちドン……お疲れ様でした(*´-`)

無事に終わって良かったぁ~(^^)。大変でしたね。日帰りオペ。聞いてはいたけど、ホントに大丈夫なんだね~。一夜明けて、今日の具合は如何ですか?これから~暫くは 猛暑が続きそうだし、傷口の為にも汗対策は万全にして下さいね。……どうぞお大事にm(__)m

さくら色 #- | URL | 2014/07/26 19:02 | edit

でちこさん、再建手術無事終わられたんですね~!
よかった!!
おめでとうございます(*´∀`*)☆
日帰りで良いことにちょっとびっくりしました。
猛暑が続きますね。お大事にしてくださいね~。

べにこ #- | URL | 2014/07/26 20:37 | edit

でっちどん、ひとまず無事終わって良かった!
にしても、N先生すごいよ。ドラマチックだわー。
7時間もかかったのに、その日中に帰れるとか、
痛くないとか、魔法の域だね。
あー早くお疲れさま会したいよぅ(^p^*)

ぬま #- | URL | 2014/07/27 00:23 | edit

応援ありがと〜、お返事♪

e-238さわさん
術後の痛みは前回の方がはるかに痛かったよ。
まだ時々お熱が出たり、だるかったりするけど
まぁぼちぼち過ごしています。
金曜日の受診は行く予定〜。でも10:30っていう遅い時間にしてもらってあるよ。

e-238さくら色さん
こんにちは。応援ありがとうございました!
勇気もらって行ってきましたよー。
多分術前の治療がない分、体力があって
手術時間が長くても、日帰り出来たんだと思います。
でも可能ならば4-5日入院していたかったのが本音。
クリニックは1泊は出来るけどそれ以上は出来ないし
1泊なら日帰りでもおなじだよなーーと日帰りにしました。

e-238べにこさん
こんにちは(´∀`)
日帰りはスパルタだけど、できないことないんだな〜と思います。
でも1人暮らしだったらちょっとつらいかなと思った。
1日だけでも誰か手伝ってくれると、物理的にも楽だし
精神的にもちがうと思います。そういう意味では入院がいいですよね。

e-238ぬまさん
なんかさ、もしも全摘の手術をここでやってたらどうだっただろうか?と考えた。
今ある左胸の不具合もこんなになかったんじゃないかなー…なんて。
だって右胸は全摘に準じるくらいとったけど、痛みほとんどないんですけど( ゜д゜)!
むしろこっちの方が痛いと思ってたから、拍子抜けさぁ。金曜日にプリンうちにいくよう。

でっち #kpjYxc8I | URL | 2014/07/28 08:18 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://genkininaruyo.blog.fc2.com/tb.php/223-ab0bfcbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。