でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

エストロゲンが減ると一緒に減るものがある 

 

ホルモン療法やってるからだけではなく
個人的にホルモンにとても興味があるので
ホルモン関係の話が多くなっちゃう。

更年期とは閉経周辺期とも呼ばれ、閉経後と区別している。
更年期には卵巣機能が低下していくことに伴い、卵巣からのエストロゲン分泌が低下し
自律神経失調症の症状と社会心理的要因と共に様々な症状を呈する。

典型的な症状は、hot flush、発汗、冷え症などの血管運動神経症状。
他にも、肩こり、関節痛などの運動器官系障害。
不眠・めまい・抑うつ・疲れやすい、意欲低下・頭痛などの精神神経障害。
食欲不振、下痢のような消化器症状などなど多岐に渡る。

精神神経障害の中でも、抑うつは更年期女性の40%に認められるという。
閉経周辺期では、女性のうつ病発症率は著明に増加し閉経後は次第に減少することが知られている。

40%って( ̄□ ̄;)!
(これは「乳がん罹患女性の中の」ではなく、全更年期女性です)

とはいえ、更年期障害に含まれる「更年期のうつ状態」なのか
この時期に発症した「本物のうつ病」なのかという鑑別が
お医者さん的には必要。治療が違ってくるから。
でも、とっても鑑別が難しいんですって。

とにかく更年期ってのはうつ状態になりやすく、うつ病にもかかりやすいようだ。
そして以前から、うつ病ってのは女性の方が男性よりもなりやすいといわれている。

なぜか?

やはりそこにはエストロゲンが大きく関わっているということに尽きる。
エストロゲンが低下して生じる不調なら、エストロゲン補充しましょーというのが
ホルモン補充療法。
今や内服薬だけではなく皮膚パッチなんかもあったりしちゃう。
ホルモン陽性乳がんの治療中でなければ、これも治療法として選択肢のひとつになりますが
なんたって「エストロゲン、ダメ、絶対!」的な治療をしている身には禁忌っす。

エストロゲンの変動に伴う抑うつは
・更年期
・PMS(月経前症候群)
・妊娠、出産期
という3つの好発時期があるというんだから、女性は大変だぁ。

一方、この閉経周辺期にエストロゲン分泌が低下する時に
脳内の神経伝達物質であるセロトニン(5-HT)が一緒に減ってしまう。
エストロゲンは脳内でセロトニンやノルアドレナリンが代謝されるのを抑え、
その合成を促す働きをする。
そのためにエストロゲンの分泌が減少すると、セロトニン、ノルアドレナリンが不足し
抑うつを呈するようだ。

そこで登場するのがSSRIやSNRIなどの抗うつ薬。
セロトニンたちの活性をあげようということですな。
減っちゃったんだから増やしてやろうぜ!って戦略。
何はともあれ、大変になった時はお薬の力を借りることが
有効な改善方法であるならば、恐れず使うのがよい!と思う。


しかし!こんな記述があったよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女性の更年期のうつ病には男性にはない特徴的な状況があり,その特徴を診察室で早く
医療者が感じることが早期の診断につながる.その基盤には「べき思考」があり,また比
較的簡単に「罪業妄想」をいだき,家人から責められても自分を卑下し,がんばり続ける
姿がある.慢性化,重症化するまで受診しないという傾向もみられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(水沼ら、日産婦誌61巻 9 号、2009)

ああ〜、なんかこんな風にがんばっちゃってる人、多いような気がする。
(自分は全くこういうタイプではありません、なまけものタイプ)

そしてそして、精神神経症状にも漢方薬も効果があるよう。
自分に合うものを見つけることが出来ればいいですよね。


「しかし,更年期女性のうつ病においては心理的な要因を抱えている比率が高く,薬物療法よりもむしろ,
時間をかけた医療面接や傾聴を基盤としたカウンセリングによる現状の認知と価値観の再考が重要である.」

ということからも、自分のことを後回しにしてきた分、自分の話を聞いてもらうこと
自分の話をすることも考えを整理するのに有効なのだなと感じる。
だからいろんな人に自分のことを話すことで、抑うつを回避出来ることもあるのかもしれないですね。
遠慮せずに、話題ドロボウになるくらい話すってのも、時にはいいのかもよ(。-w-)

現状の認知と価値観の再考…なんて病気を機にがばーーっとされたわぁってのは
私の個人的な体験だけど、体に合わせて、思考も変化させていく柔軟性も大事なのかなーと思います。



以下は参考までに。表2は更年期障害じゃなくて、うつ病です。慌ててあてはめないでね。
utu
(日産婦誌61巻 9 号)

なんか、ごちゃごちゃした話ですな。すみません。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

category: エストロゲン関係

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/04/27 19:04 | edit

おばんです。
うつって女性の方がなりやすいかもしれないけど
男性の方が重症化しやすい気がする・・・。
友達とお喋りしたりして、自分の状態を他人と共有するのが
女性の方が得意っていうのもあるかも。
私の場合、ずどーんと落ち込んでも、落ち込んでる状態に
飽きてしまって、続かないんだよねw
ホルモンって奥深いな・・・身にしみるわ〜ε-(‐ω‐;)

ぬま #- | URL | 2014/04/27 23:21 | edit

お待たせ、お返事♪

e-241鍵コメRさん
化学療法で無月経になって更年期症状が出現した身としては
化学療法の前に脱毛の話だけじゃなくて、卵巣機能が停止しますってことと
それに伴う症状のことを説明があるといいかなぁと思いました。
ホルモン療法から始める人には、その時に情報が与えられるといいですね。
製薬会社が作ったノルバの冊子だけもらってもさ〜。なんかイマイチ。
そこまで手が回らないってのが現場の現実なのかもしれないけど
患者っていうのは、自分が取りたい情報しかとらないんだよぉ。そこを知って欲しいっす。

7月!んもう応援してます。次の機会には絶対!

e-241ぬまさん
今はうつの人が多いものね。
うつ病の重症度と性差の関連性はよくわからないけど。
うつ状態とうつ病はまったく違うのよね〜。
でも、ホルモンの変動によって、気分が変調しやすい状態にあるから
そういう状態にあるってことで、自分でコントロールできるようになれるといいよねぇ。
発散方法を自分でいくつか持ってるっていうのはとっても大事だと思う!

でっち #kpjYxc8I | URL | 2014/04/29 09:06 | edit

こんにちわ

ホルモンシリーズ、「フムフムふむ・・・」と読ませていただきました。
更年期症状は、ホットフラッシュも辛いけどその後に冷えた身体も辛くないですか?
どなたかが(出所不明でごめんね)それをコールドフラッシュ、と呼ばれていて「まさに!」納得しました。
私は更年期初期、動悸が酷くて不安になりました。その表の、心悸亢進ですね~。かかりつけのDr.に相談して、抗不安剤を服用してましたよ。漢方薬にも頼ったし・・・。ただ、抗うつ剤の中にはホルモン治療の効果を妨げる種類の薬もあるそうなので、ブレストのDr.に確認が必要かと思います。
辛い時は無理しない!それは大事だと。

jasmin #Gokmo282 | URL | 2014/05/02 13:36 | edit

jasminさん♪

暑い寒いになりますよね。それはよく聞くので多い症状なのかなと思います。
動悸も頻繁にあると心配になっちゃいますね。
みんな漢方薬は自分に合うものを探して、あれやこれやと試しているようです。
私は今のところそこまで症状は辛くないので、あーあついとかあー関節痛いとか
ぼやきつつも何とかやっていけてます。
だけどホルモンの変動が体に生じさせる様々な変化を知りたいな〜と思って
ちょこちょこっと勉強してみました。
本当は分子生物学的な理解もしたいことろだけど、そこはもうこんがらがってむりー!


でっち #- | URL | 2014/05/04 09:07 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2017/03/14 20:44 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://genkininaruyo.blog.fc2.com/tb.php/201-216034ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。