でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

病理とか、今ごろ言ってみる 

 

今日は受診日。ハーセプチン。
昨日も形成の受診があって、いや〜昨日は混んでたから
予約から2時間半くらい押してたかな?そんでグッタリ。
乳腺外科はもういつも待つからいいんだけど
診察→点滴→薬局だから、せめて薬局があいている時間に終わって〜。
今日はギリ、16:30に院外薬局に滑りこむ。

ノルバデックス内服して2ヶ月ほど。
ここ2〜3週間、口の中の荒れが気になる。
ベロがビリビリしたり、口内炎ができたり。
口内炎なんてケモ中もほとんど出来なかったのに。

そんで勝手に残ってた胃薬:プロテカジン・プロマックを飲んでみると改善。
それをやめると、またビリビリしてくるから
本日はそれを訴えて、胃薬を処方してもらう。
あとは「美白セットどーする?」っていうから出しといてもらう。
*美白セットとは、トラネキサム酸とVC,VE



前々回病理の結果で確認たのも~って言ってたことがあったんじゃが、
どうやら問い合わせたものの内容は失念した模様(´-ω-`)
いーよいーよ、次でも。

そりではみなさんが、おい、まだかよ?と思っていたであろう
術後病理の結果をご報告。

まず、第一報ではリンパ節転移があったことと(元々ケモの前からあった)
通常の標本作製範囲内では、明らかな癌の遺残がないので
追加で切り出してますってものだった。

なんじゃー、リンパ節は画像上ではほとんど見えなくなったのにさと、
第一報でちょっとがっかり(´・ω・`)
まぁ、画像の結果とあけてみた結果って違うことあるしね、それはいいや。
そんで、原発巣は画像上でも小さくなってても見えたから、
消えてるわけねーべと、追加切り出しの結果を待つ。

この時点で追加の治療はするんかい?と主治医に聞いたんだけど、いらないという。
予定通りハーセプチンとホルモン療法でねとのこと。
ほぉ、そうかい。そういうもんかい。

結局それから1ヶ月以上してからやっとこさ病理の最終報告が出た。

---------------------------------------------------------------------------------------
左乳がん(浸潤性乳管癌)、術前化学療法後(FEC×4, DTX+HER×4)
  • 1×1cmに浸潤巣が消失したと思われる繊維化とともに変性を伴う腫瘍細胞が
    小胞巣状に残存する所見を認めます。
  • 脈管侵襲:ly(−)、v (−)
  • リンパ節転移:2/13(レベル1)→郭清はレベル2まで
  • 組織学的治療効果:Grade 2a →2/3以上の効果あり(かなり有効)
  • biomarker: ER(+)(95%), PgR(+)(50%), HER2:score2, ki67:<5%
    さらにホルモン受容体については、ER (AS: PS5+IS3=8), PgR (AS: PS4+IS2=6)

    *AS:Allerd Score → Total Score(TS)=PS+IS (range 0-8)
    *PS:Propotion Score,
    *IS:Intensity Score…0=negative, 1=weak, 2=intermed, 3=strong
    *こちら参照
-----------------------------------------------------------------------------------------
(組織学的治療効果の判定基準:2007 年改正)
Grade 0無効癌細胞に治療による変化がほとんど認められない場合
Grade 1やや有効1a) 軽度の効果  面積に関係なく,癌細胞に軽度の変化が認められる場合.約1/3 未満の癌細胞に高度の変化が認められる場合
1b)中等度の効果 約1/3 以上2/3 未満の癌細胞に高度の変化が認められる場合
Grade 2かなり有効2a) 高度の効果  約2/3 以上の癌細胞に高度の変化が認められる場合.ただし,明らかな癌巣を認める
2b) 極めて高度の効果  完全奏効(Grade 3)に非常に近い効果があるが,ごく少量の癌細胞が残存している
Grade 3完全奏効すべての癌細胞が壊死に陥っているか,または,消失した場合.肉芽腫様組織あるいは線維化巣で置き換えられている場合


ざっとまとめるとこんな感じ。
術前の治療は良く効いたと思うと主治医。
ki67がぎゅいーーんと下がったのが良かった。
これは主治医も喜んでた。ハーセプチン様々ですな。
でも、核Gradeがどこにもないんです。
術後は出さないの?と聞いてみるけど出るはずだという。
知ったからといって、治療内容が変わるわけではないけど
ただ自分のこと知りたいだけなんす!ということを話して
「病理の先生に聞いとくね〜」と言ってたんだが
コンタクトはとったようじゃが、どうだったかを忘れたようである(´-ω-`)
本当はそれを全部そろえてここに報告しようと思ってたんだけど
もういいやと思って出しました。出たら追ってお知らせします。

このreportが出てから、もう1回「追加治療(放射線やケモ)は?」と
聞いてみるが答えは変わらず。
先生としては、ケモの効果はかなりあったし、全摘してリンパ節郭清もしたし
ホルモン療法もハーセプチンもしてるから必要ないとのこと。
…ううむ、この辺のさじ加減がわかんないところ(´ε`)
どんな時に追加治療になるのやら。

初めはリンパ節転移が消えてなかったことに、ガーーン=( ̄□ ̄;)⇒としてたけど
(だって画像上はほぼ消失だったから(´・ω・`)
治療前からあったし、あったっていわれてる所だけだったし
脈管侵襲もないんだから、これはこれで取ったからいいか。
…と思うようにした。

こんな感じでしたー。
それでもこうやって出すまでは、若干悶々としたけどね〜。
pCRじゃなかったなぁ…とか(←画像上ありえない、妄想です)
そう、この術後病理結果が出て、術前の組織診の病理結果を見直してて
「あれ?アタシ、ハイリスクじゃね?」って急に気がついたんだよね。
大変だったけど、やっぱり術前に治療してよかったなぁと思ってます。
それにしても、先生よく同時再建を勧めたね。なんで勧めてくれたのかしら。
そうだ、再建の話も時々書いとかなくちゃ。→次回!

【参考記事】
  • 術前化学療法でpCRが得られなくてもKi-67が大きく減少した乳癌患者の予後は良い可能性【ASCO2013】→
  • HER2陽性かつHR陽性乳癌における術前化学療法後のpCRは予後に影響しない可能性【乳癌学会2013】→
  • 乳腺細胞の本を立ち読み出来る→


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

スポンサーサイト

category: 術後の検査結果

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/07/19 22:01 | edit

おはよ♪

でっちさん、おはよ♪

術前ケモだと、効いてるかどうかが分かるからいいよね。
術後だと、辛い思いをしても効果の有無は分かんないからねー。ハゲや爺さんの訪問で『薬は身体を駆け巡る』って、実感するくらいでさ。

ERとか数値で分かっていいなぁ。
紅しょうがは2+って表記だし。これだと、特別ホルモン療法って有効じゃねーんじゃねーの?って素人考え。(´・ω・`)
まぁ、飲まなくてもいーよ、と言われても飲むけどさ。(笑)

紅しょうがMILD #- | URL | 2013/07/20 06:56 | edit

鍵コメMさん♪

あらら、大丈夫ですか?
へこたれちゃう時もありますよぉ。
ブーブーいい合いましょー!

でっち #kpjYxc8I | URL | 2013/07/20 07:37 | edit

紅しょうがMILDちゃん♪

紅しょうがちゃんおはよー♪
薬は体をかけめぐったよ。大丈夫〜!
ホルモン受容体の表記の仕方って、染色方法にもよるのかしらね?
なんかタモキシフェンが有効かそうではないかっていう遺伝子検査あるじゃん。
あれがちょっと気になるな〜、先生に聞いてみようと思ってたのに、スコーンと忘れちゃった(´・ω・`)

でっち #kpjYxc8I | URL | 2013/07/20 07:46 | edit

術後抗がん剤の私は全く・・・効き目があったかないか・・・わかんないので
効果絶大!と言い聞かせてます・・・・笑

Kiが減少したんだね★
その場合は予後がいいんだ!!!
すごい!良かったね♪
読んでて嬉しかったよ★

私も画像ではなかったリンパ転移がセンチネルで見つかったけど、
同じくとったら大丈夫!って思うようにしてます♪

MINMIN #- | URL | 2013/07/21 15:06 | edit

でっちゃんとこの病院、しっかり病理結果だしてくれんだねぇ。
で、しっかり勉強して把握してる。頭が下がります。

アタシなんか、口頭で
追加の抗がん剤なしでOK。
がん細胞が見えなくなったからといって、
すっかり治ったわけじゃないよ・・・って、
釘刺されて終わりですワ。
放射線医にもおんなじようなこと言われたし。
言ってもわかんないと思われているのかもね。
確かに、よ~くはわかんないけど。

素人考えだけど、Kiがもう半端なくさがってるのはうれしいね。
で、エストロゲンで増殖する感じだから、
ホルモン治療マックス有効な気がする。

ところで、
What is 核(Nuclear) Grade?

Katy #4VvffNcA | URL | 2013/07/21 16:15 | edit

MINMINさん♪

同じメニューをやった仲じゃない〜。効いてるにきまってるよぉ。
ケモやる前のki67は、40-50%って高値だったからねぇ。
自分に希望を与えてくれる文献は、ちゃんと読みます(笑)
リンパ節転移はね、センチネルともう1個微少っていっても(+)は(+)だからさ
追加で何かしないくてもいいのかい?と聞いたんだけどいいんだってさ〜。
まぁ、そのためにがっつり郭清してきたわけだしね!
だからノルバデックスとは仲良くして、せっせと内服してます♪
とりあえず、自分の今の状態を理解できたから、これからはこれに捕らわれることなく
楽しいことをたくさん見つけていきたいな〜( ´ー`)

でっち #kpjYxc8I | URL | 2013/07/21 19:47 | edit

Katyちゃん♪

しっかりかどうかは…(´・ω・`)
だって核グレード待ってるんだけど、すでに2ヶ月経過だし。
でもreportはそのまま教えてくれます。
術前治療してたらさ、やっぱ大目標はpCRじゃない?
画像上全く見えなくなって、pCRも期待できるのでは?!っていう術前検査じゃなかったから
pCRじゃなかったら意味ないんだよ・・・みたいにちょびっとやさぐれたことがあったんだよね。
でも先生はpCRが全てではないと言ってくれて、治療効果があったということを
素直にもっと喜ばないとなぁと思い直しました。
KatyちゃんはpCRだったと思ってたんだけど、結果をはっきり教えてくれないのか。
でもリンパ節転移も消えてたもんね♪それはすごいことだよ。
でも念のために放射線したでしょ?だからしなくていいのかなーと思ったの。

核Gradeは、いわゆる病理学的悪性度、よく「顔つき」といわれているやつ。
点数化されていて、核の異型度と核分裂の数で見ていきます。
んでGrade1〜Grade3に分類されているもの。1がおとなしく3がやんちゃ。
確定診断の時の組織診でも、同じ病理のレポートが出てきて、これにも載ってマス。
治療前がGrade3だったから、治療後はどう変化したかな〜と気になってるんですぅ。

でっち #kpjYxc8I | URL | 2013/07/21 20:06 | edit

こんにちは

ブログ拝見にさせていただきました。
妻が昨年乳がんを発症し闘病中でようやく放射線治療までたどり着いたところです。Her2以外は治療方法(術前化学用法)や前後の病理結果がかなり似ているので参考になりました。Ki67の大幅減少が予後に大きく寄与するというのは先日見つけたのですが、同じような方が治療後元気にされている事に大変勇気づけられました。ありがとうございました。

黒猫 #2sQQXnjA | URL | 2017/04/29 20:47 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://genkininaruyo.blog.fc2.com/tb.php/117-6931e446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top