でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

なんも知らん・・・(´-ω-`) 

 

ホルモン療法、どーせなら始めちゃえ!ってなノリで開始したTamoxifen:ノルバデックス.
もらった冊子にはいろいろとわかりやすく書いてあるけど
なんだかサラリと書いてあるので、読んで「ふーん」と終わっちゃう。
そんで分かったような気になってたんだけど

そーいえばリュープリンの話が出て飛んでったけど、どうするんだろ?
からはじまり、

そもそもリュープリンってなんだべ。
抗エストロゲン薬ってTamoxifenだけじゃないべ?

ちょいと調べてくうちに

LH-RHアゴニストってどーして受容体を減らすんじゃ?!とか
  →ダウンレギュレーションによる体の調節作用ってことは分かったけど
   ホルモン受容体や神経伝達物質がどうしてダウンレギュレーションを起こすのかが分かんない。

それだったらLH-RHアンタゴニストの方がてっとり早いんじゃね?とか
  →どうやらあるにはあるけど(最近承認)前立腺癌に使われてるだけのようだ。
    これに関しては、アゴニストで十分閉経効果が得られているからアンタゴニストが不要なのか、
    それ以外に問題があるから検討されていないのかは不明。



わかんねぇ!ということがボロボロ出てきて
またもや「分かんないまま治療するのイヤ病」になり
ベース知識が乏しいクセに、あれこれ調べてみた。

そしてまだわかんなーい!状態のままなんだけど
ホルモン受容体陽性の閉経前乳がんの治療として
(でっちは化学療法中から無月経)
LH-RHアゴニスト+Tamoxifen
またはTamoxifenのみ。
というのが今の治療のスタンダードのようである。

ただ、卵巣機能抑制閉経前乳癌にアナストロゾールはタモキシフェンよりも高い抗腫瘍効果
とかみるとさ〜(´・ω・`)

まぁこれは術前投与の結果だけど(´・ω・`)
術後の試験は現在進行形で結果が出るのはもう少し先っぽい。

ATAC試験で閉経後の人には、AI(Aromatase inhibitor:アロマターゼ阻害剤)が
効果的だったと分かって
そんならLH-RHアゴニストか卵巣摘出で閉経状態にして、
AI使った方がいいんじゃね?と
ちょびっと調べたドシロウトでも考える。
そしたらやっぱしそういう結果(上記)でてるじゃん。
それなのにどうして未だにTamoxifen一辺倒なんじゃぁ。
進行中の臨床試験の結果が出て、それが承認されて、となると
実際の運用はまだ遠いねぇ。

化学療法で月経止まってホルモン値的にも閉経してれば
AIが選択肢にはいるってことなんだろーか?

この一点は来週受診の際の課題にしよう。

・・・とまぁ、とにもかくにも、こんななんも知らん状態で
ハイと出されたノルバデックス内服してます。
この前の土日ちょっと散歩したら(そのせいかどうか分かんないけど)
今週は全般的にポンコツで、昨日は仕事帰りけっこうやばかった。
今日はゴロゴロ〜

こんな論文も見つけたけど、また今度ゆっくり見る〜。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

category: ホルモン療法

△top

コメント

 

おう!タイムリーっ!
私も調べて何のことだかわからん・・・と
言われたとーり薬を飲み(汗)
リュープリンをどーするか?っちゅうジャッジ待ち
血は出てないけど閉経状態ではないらしい・・・
うーーーーん変な所だけ女性ホルモン炸裂?
でも先生、のーんびりしてて、?なのね
リュープリン重要視しないお作法なのかしら?
化学閉経してても年齢とか・・・婦人科との関係がどーの?
後、何聞いたか忘れちゃたけど
AIは卵巣取らないと選択肢に入らないって言われたよーな?

今週ダメ?陽気もあるよ~
私も足がダルダルで・・・なんで?って思ってたの
週末はデローンと休んで週明けのお仕事頑張って☆

福豆 2号 #- | URL | 2013/05/31 18:50 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/01 06:47 | edit

福ちゃん♪

おはよー。福ちゃんもリュープリン待ちだったね~
なんかさ、リュープリンは根本的にホルモンを閉経状態にするってのは分かるんだけど
どーゆー働きをしてるからそうなるのかという
余計なことまで知りたくなっちまうのよ( ・_・;)
そしたら「あ、抗エストロゲンてのは卵巣に直接影響するわけじゃなくてこれで月経が止まるわけじゃないから、復活するかもしれないのか」ということにやっと気がついた次第。遅いって!
福ちゃんの疑問は私の疑問。
そうやって少しずつ理解を進めさせてくださーい。
なんていったって、カメの理解だから(T-T)

でっち #kpjYxc8I | URL | 2013/06/01 08:51 | edit

鍵コメUさん♪

こんにちは(^-^)
それは慌ただしく、緊張の連続だったことでしょう。お疲れ様でした。がんばりましたね。
今は一息ついて次に向かう準備でしょうか。
私はなるべく自分に起こった事実を分かりやすくお伝えするようにしています。
自分が症状のことなどを知りたい時に、必要だった情報を中心に出していて日常生活に関しては、
具体的にしてないのでアッサリした印象のブログかもです。
見にきてくださった方が必要な情報になるべく早く触れられるように、
少しタイトルやカテゴリももう少し整理しないとな~と考えてるとこでした。
ご一緒にやっていきましょー(*゚▽゚)ノ
いつでも気楽にフラリとどうぞ♪

でっち #kpjYxc8I | URL | 2013/06/01 09:08 | edit

おっはー\(^o^)/でっちドン

ホルモン療法かぁ~!
後ろを追いかけている私にも、参考になる問題だね。
閉経前なら LH-RHアゴニスト製剤、閉経後ならアロマターゼ……ってきっちり色分けされてるけど、抗エストロゲン剤の方は両方いけちゃうから~、病院としても手っ取り早いのかぁ?
ノルバデックスは単独も有り~の、それプラス リュープリンもOKみたいだから~、そこんとこは、病院の方針だったり、患者自身に選択させる?って感じなのかな?

いやぁ~難しいね(゜〇゜;)?????

まっ!効果のあるやつを是非選んで下さいなって 先生にお願いするべか(^w^)

さくら色 #- | URL | 2013/06/01 10:02 | edit

さくら色さん♪

こんにちは^^
閉経状態を作る=エストロゲンの分泌を抑えるというのがポイントのようです。
だからすでに閉経しているならばアロマターゼ阻害剤(AI)を使えるのですね。
これは診療報酬の関係でAIは「閉経後乳がんに使用」と決められているからです。
「閉経前エストロゲン受容体陽性乳癌にゴセレリン(LH-RHアゴニスト)とアナストロゾール(AI)の併用はタモキシフェン併用より有効」っていう結果があるんだけど、
今は(診療報酬の関係で)閉経前の人にAIは適用出来ないのね。
LH-RHアゴニストとタモキシフェンを使うしかないわけです(´・ω・`)
でもまぁ、もっと他にもAIを使わない理由はあるのかもしれないけど。
タモキシフェンを有効に使うためにはちゃんと卵巣からのエストロゲンは止めたいかな〜。

でっち #kpjYxc8I | URL | 2013/06/01 15:05 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://genkininaruyo.blog.fc2.com/tb.php/100-23467a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。