でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

牛車腎気丸、再び 

 


先日、病院のお仕事中スタッフから「牛車腎気丸ってなんの薬?」と聞かれて
「あー、それはしびれとか浮腫の時に出るよ−」とお返事。
よくこんな薬のこと知ってるねといわれ、
まぁ飲んでたからね−、効いてるか効いてないかわかんなかったけど!と話す。
そんな会話で思い出した。牛車腎気丸。
化学療法中、ドセでしびれが出始めてから処方されたのだった。
ドセ中〜ドセ後しばらく出してもらってて、まぁそれなりにマジメに飲んだ。
でも2週間分くらい残ってるのよね。
もー飲まないからそろそろ捨てるか…と思ってもいた。

しかーし、そういえばしびれで飲んだよねーと思い出した先日。
リュープリンの副作用なのか、タモキシフェンの副作用なのか、
関係なく更年期の一般的な症状なのか、
両手両足のほてり感に伴って、うっすらしびれ感があるんだよね。
足の指先なんか部分的にしびれてるところもあったり。
下腿も冷えるし、浮腫みやすいし・・・
ってなわけで、残ってる牛車腎気丸を飲んでみることにしましたー!勝手に (・∀・)
どうせ2週間分しかないしね、お試し的にね。
飲んで数日だけど、手掌に感じていたほてりとしびれは気にならなくなってきた。…ような…
足裏のほてりは、まだあります。あるけど程度がすこーし軽減したような…。
もう少しある分を試しに飲んでみます。
漢方薬は今までは粉末をそのまま口の中に入れて水で流しこんでましたが
今回からお湯に溶かして飲んでます。こっちの方がのみやすーい。

化学療法中は、効いてるんだか効いてないんだかわかんないわーと思っていた漢方薬。
実は飲んでいたから症状があの程度で、留まっていたのかな?今となってはわかんないけど。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

スポンサーサイト

category: 未分類

△top

ちょっとした精神の不安定感【ホルモン療法と関連?】 

 



すっかりサボってるうちに
秋になりました。

気分の浮き沈みは、どんな人でも
程度の差こそあれ、生じるものです。
それをひどく辛いと感じるか、まぁまぁ自分でやり過ごせるかですね。
化学療法中とか、エキスパンダーの胸が炎症した時など
治療にまつわる不安がいろいろとあった時はそりゃぁ落ち込みました。

今はそういう風にどどーーんと落ち込むということはないんだけど
時々ふっと、しかもライトに
「はー、生きていくのがめんどくさいな」とか
「もう生きていくのがいやになっちゃったな」という考えが浮かんできます。
以前の治療中には落ち込んだとしても、そんな考えが浮かぶことはなかったのに。
しかも、深刻な状況でせっぱつまってというのではなく
ちょっとしたことに対して、ふっと頭の中に浮かんでくるんですよ。
それがどうも変だなと思って、
それはそれで、気持ちが落ち着かなくなります。

これは更年期症状の一つとしても精神症状なのか?
眠剤は割と気楽に使って「良く寝る」方がいいと思っていますが
ここ半年くらいは、使う頻度が増えました。
次の外来まで3ヶ月あけちゃったけど、
やっぱり受診しようかな?と迷いはじめたので
うーん、そんじゃここで一発なけなしの抗不安薬を使ってみよう。
ということで完全に期限切れのセルシン10mgを使ってみました。(←絶対に真似しないでね)
翌日。普通に起きることは出来たけど、若干残ってる感じで怠い。
5mgにしときゃよかったなと思いつつも、普通に活動開始。
この日以降、変な考えが浮かぶことがなくなりました。
セルシンが効いたのか、セルシン使ったしということで気が済んだのかは
謎です。
でも結果的に楽になったので、それはそれでよかったです。
次回外来時には、何か出してもらおうかな〜お守り代わりに…と考えています。
漢方薬でもいいけどね。毎日飲むのがめんどいけどね。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: ホルモン療法

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。