でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

肝油ドロップ 

 

子どものくる病がまた増加していて問題になっているそう。

私が子どもの頃、幼稚園・小学校とお昼ご飯の後に、
肝油を一粒食べるのが習慣だった。
カワイ肝油ドロップね。(え、しらない?
幼稚園や小学校から支給(?)されていて
確か保健係が保健室にその日の分を取りに行って
クラス全員に配っていた・・・ような気がする。
甘いからおやつ感覚ですな。
夏休みなどの長期休暇になる前には
夏休み分を大量にもらった。
(ちなみに肝油は1つずつ個包装されていた)
それぞれ自己管理だから、当然一度に5粒とか食べるヤツが出てくる。
「一度に食べ過ぎると鼻血が出ますヾ(`Д´)ノ」
という注意事項が配られたときに必ず言われていた。
日本中の同世代は肝油ドロップを食べていると信じておったが
どうやら肝油ドロップを食していたのはかなり少数派だったようで
周りの様々な出身地の人たちから、全く賛同が得られない( ´△`)
でも静岡県西部地区は確かに肝油ドロップ食べていたよ!

・・・とまあ、つまり私は日々肝油を食べてビタミンDを摂取していた。
でもそんなわざわざ補給しなくても、
時代的には栄養素は足りていたよ、多分。
その頃は日焼けも真っ黒にするのが、子どもの夏休みだったしさ。
今はもっと栄養素的には豊富なのにねぇ、くる病になっちゃうなんてねぇ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ



スポンサーサイト

category: 未分類

△top

長袖は手放せません 

 

なんだか雨がやんだと思ったら
急に暑くなってきて、すっかり梅雨明けの様相。
2年前、この時期に疲れが溜まって炎症を起こしたので
この時期は無理しないで過ごす!と決めています。
(といいつつダラダラする口実にしている)

暑くなってきたけど、どうしても手放せないのが
長袖のカーディガンであります。
家の中はともかく、
外に行く時には、日焼け防止とかうっかりの怪我防止とか
虫さされ防止などの意味で長袖で患側をガード。
でも暑いのは暑いので健側は袖を捲ってます。
そんで、保冷剤を胸元にしこんでいます。

どうもここ2週間くらい、腋窩の違和感が強くって
リンパ液の流れが悪いのかな〜と少々不安。
腕が浮腫んできてるわけではないけど
腋窩に違和感があると、腕も気になってきて
普段怠りがちな保湿ケアしたり、傷や炎症に対して注意するようになります。

腋窩の違和感は、その辺が浮腫んでるのかなんなのかよくわかんないんだけど
時々つっぱった感じがあったり、ちょっと痛かったり、でもずっとというわけでなく・・・
とにかく「まぁ、あんま気にすんな」と言われても
患者としては気になる症状なんですよね〜(´・ω・`)
まぁ、気にしないようには心掛けています。

健診のシーズンだったせいか、
ここのところたて続けに、胸に気になるところがあるんだけどと相談を受けました。
もちろん、付き合いの程度によって強く受診をすすめる場合と
気になるなら診てもらってくれば〜くらいの返事をする場合と様々です。
いずれにしても、受診を「むむむ」と躊躇している人の背中は
押してあげられるくらいにはなれるといいなぁと思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

ホルモン療法中の子宮体癌スクリーニング 

 

ひゃっほう!
今週は受診ウィーク。
前回の再建クリニックに引き続き
今日は婦人科に行ってきました。

タモキシフェン単独で内服中、
ケモで月経が停止して、婦人科的にも閉経状態だったので
すっかり油断していた1年前。
E2がぐんぐん上昇し、卵巣も腫れ、内膜も肥厚してきて
ぎゃーー!と思っていた矢先に生理復活 (・∀・)
すぐさまリュープリンが開始になり、今に至ります。
性器出血はその1回だけです。

ホルモン療法が開始になってから、半年ごとに婦人科で
子宮内膜スメアのチェックをしてもらっております。
子宮頸部スメアは1年に1回ね。
あとはエコーで内膜の状態と卵巣を見てもらってます。
検査自体の痛みは先生のおかげで想定内で大丈夫なんだけど
検査のためにクスコが中に入った時が痛いんだよね〜。
子宮周囲も萎縮してきてるのが原因。リュープリンもやってるし仕方なし。
エコーは痛くないです。

そして今日先生から、内膜スメアを半年毎やらなくても
エコーで内膜の状態をフォローしていけばいいかなーという提案がありました。
半年毎の内膜スメアは、ガイドライン的には決して推奨グレードではないってことで
次からはエコーで様子見ながら、必要な検査をしていくことになりました。
まぁリュープリンのおかげで(多分)、今のところ子宮内膜は5mm前後で経過しています。
結局はタモを使用していても、使用していなくても
子宮体癌が不正出血という症状が出てから診断がつくからというけど
不正出血で発見→0期なら単純子宮全摘、さらにステージが上がると拡大とか広汎子宮全摘だし
腹腔内の手術は術後イレウスの心配もあるし
なるべく早い時期に見つけたいと、ついつい思ってしまいます。

今日から乳がん学会ですねー。
明日のセッションに行きたかったけど仕事休めなかった( ´△`)
ぜひとも行かれた方のレポート待ってます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エストロゲン関係

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。