でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

NHKスペサル:腸内フローラ【追記あり】 

 



本日21時からNHKで腸内フローラ話が放送。

只今、追い掛け録画で10分遅れで視聴開始。

ウンコ移植のこともやるっぽいo(^▽^)o

楽しみだな~。

NHKのページ→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【追記】
見終わりました。おもしろかった~。
エクオールっていう腸内細菌が大豆イソフラボンから作り出す物質があって
これがエストロゲンに似た働きをするそうで、シワが薄くなるとか
更年期障害が改善するとか、そんな話もあっておもしろかった。
どうやら大豆イソフラボンを摂っても、エクオールってのが作り出せないと
イソフラボンの恩恵は受けられないようである。
そんじゃー、エクオールってのを直接摂取出来ないの?と思って調べたら
大塚製薬から出されているじゃないの。ふひ~、すごいね。

あと、肥満になる腸内フローラの状態もあって、これは短鎖脂肪酸が作り出せるかどうかということによるようだ。
あぁぁ、作りだしたい!そしてやっぱり肥満は癌のリスクをあげるようだ。
癌研で発見されたariake-菌ってのが、細胞を老化させ発癌させることも分かってきた。
今ある癌細胞を減らすというよりは、これから正常な細胞を癌化させないようにという意味で
肥満の腸内細菌叢を変えていくことが大事。
結局昔から言われている、「お腹大事にする」っていうことや「食物線維をよくとる」っていうことが
自分で腸内フローラのために出来ることのようです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

スポンサーサイト

category: 未分類

△top

やっぱりオトナの問題 

 

本日、全く病気とは関係ございません。



以前、ゆとり世代が来たぞー!という時には
確かに前の世代の子(1〜2年の差なのに!)との差に驚愕したものだった。
しかし、そのギャップはいわゆるオトナが作り出したもので
ゆとり世代の子たちには、なんの責任もない。
出来る人、出来ない人というのは、
いつの時代だっているわけだし、
はっきりいってこの分散の両端のことは問題にならない。
要は平均値がどう変化したか。
それが、自分の常識とかけ離れていればいるほど
わけわからん!!…ということになるのである。
しかし、この構図は人類の歴史にはつきもの。
いつの時代もオトナにとってワカモノは異質な存在になるものである。

はじめはビックリした私も、
それに対応するには、まずこの子たちにどの位話が通じるのかを知ることから始めた。
ゆとりを数回経験して分かったことは、
みんな比較的穏やかである→ある意味オトナ。
知らないことは多いが、それは知識に触れていなかっただけ。
指示には素直に応じる。

ここら辺を話せば、あとは自分で勉強するだろうという思い込みはいけない。
もう少し調べて欲しいと思ったならば、調べ方のヒントを与えること。
こちらが想像するよりも、もっと噛み砕いて話すこと。

そんなことを考えていると
想像力が乏しいのだろうか?と思う。
ないところから工夫するというより
与えられ続けてきたから、その中でならやれる。
いつだって転ばぬ先の杖があったから、転ぶことも考えつかないての?
しかし本人を責めても仕方ない。
そうやって教えられ育てられてきたのだから。

だからここから育てるしかないのです。

複雑になっていく社会に適応するためか
空気を読むことはできる。
他者の意図を推論するという意味で
共感性も持っていると考えてもいいと思う。
多分ある。ちゃんと。
共感し、それを人に伝達する言葉を持たないのかなと思う。
語彙と表現力は足りないなとしばしば感じるので
そこを伸ばす教育が課題でしょうか。

ところが、最近復帰した仕事先では
近年は新人を80人入れても12月までに30人くらい辞めちゃうという。
そのうえ、子どもの職場に親が口だししてくるっていうから、ホント訳分かんない。
この世代の問題は、子どもではなく大人の問題だなと改めて思うのであった。
結局どの世代だって、褒められたがりだしね。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

術後2年の知覚について 

 

体重減らさないと!という生命の危機的な動因に基づいて
ダイエット部再開のでっちです。
相変わらず情報に躍らされております。
今回はウワサのココナッツオイルに手を出してみました。フヒヒ。


話は変わりますが、だいたい術後2年。
全摘同時再建・リンパ節郭清→炎症→形成的にごちゃごちゃあった→シリコン再建…
と術側にはいろいろあった2年。

だから他の人の状態は知らんけど、
自分の腋窩から全摘した部分の知覚についてまとめてみようと思う。

私の場合はある程度皮膚を残した状態の皮下全摘に準ずる術式だった。
中身をくり抜いた後の皮膚の知覚は、初めはほとんどなかった。
痛覚はもちろんないけど、触知してるかどうかもはっきりしない。
んで、術後3週間くらいの頃に胸の横から腋窩にかけてビリビリした痛みがあった。
これは痛み止めとか効かないタイプで、なんだか気持ち悪いなあと思ったね。
そのうちビリビリは軽減して、腋窩に何か挟んだ感じが出てきてからが、
ほんと嫌な感覚だった。

その感じが疲労とか体調に連動してるような気がして、
余計に体調に自信が持てなかった。
腋窩の違和感が強い→体調よくない(という思い込み)。
挟んだ感じだけではなく、知覚がぼんやりしてるから、
その辺りのリンパ液が滞っているように感じてしまう。
腋窩から脇にかけて上から下に向かって撫でると、
撫でた直後にぼんやりした知覚が一瞬良くなるもんだから、
この挟んだ感じはリンパ浮腫の前触れなんだ!とか思ってとにかく腕動かしたり、
流れてるのかどうかも分かんないけどリンパ流すようにしてみたり。

結論から言えば、これはリンパ浮腫とは直接結びつかないと思う。
最近、やっとそう思えるようになった。
それまでは、ずーーっとこれは浮腫んでいるんじゃないか?
この変な溜まっている感じは浮腫なの?ただ変な感覚なだけなの?って分からなかった。
体調とは連動してるかな~とはまだ感じてはいるけど、浮腫と知覚の問題は別物ですな。

最近はいつもいやな状態ではなく、あまり気にならず忘れている日もあるし、
そこは術後半年の頃とは違うと感じている。
しかーし、術後2年経っても挟んだ感じは程度はあるとはいえ消えてなくなったわけではない。
知覚はぼんやり。再建したって、左胸の皮膚の知覚はほとんどない。
痛みも感じないけど、痛みが分からないって異常をキャッチしにくいから危険なんだよね。
だから目で見て変なところはないかな?というのは気にするようにしてます。

温存にしろ全摘にしろ、手術したことをそれほど気にせずにいられる人はいいなあ~。
何事もなかったくらいになりたいよ。
とはいえ、普通に生活出来てるからヨシということで( ´ー`)



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 手術の傷

△top

そろそろ距離を・・・と思っていたのじゃが 

 

先日は乳腺外科受診日。
2カ月ぶりじゃー、もう次は3カ月後でもいいやと思う今日この頃。

今回は1年ぶりにマンモとエコーがあるよ、採血とリュープリンはいつもどおり。
雪が降り、交通機関が遅れがちな朝、主治医くるのかしらと思いつつ到着。
お友達のさわさんとぬまさんも同じ診察日。
部分切除の2人は、3ヶ月ごとにエコーをしていて、半年ごとにマンモもやってる。

ワシももっとやってほしーよヾ(`Д´)ノ

私の方はエコーもマンモも問題はなったんだけど
採血の結果で、肝機能が( ̄□ ̄;)
9月に内科の先生が転勤しちゃって
主治医がこっちもみてくから〜とかいって
私も主治医がみるってことですっかり油断して
秋から年明けまで、暴飲暴食。すきなよーに食ってた。
コワいから体重測ってないし( ´△`)
あーん、内科の先生のとこにかかってる時は
2ヶ月に1回内科チェックが入るからちょいちょい気をつけていたのに。
(内科の先生はとーってもやさしいのである)

主治医は全くコワくないしやさしいと思うんだけど
なんせ気楽な相手ゆえに緊張感がない。
「もー、先生だから油断しちゃうよ(´-ω-`)」と言ってると
「年末までに5キロへらそーよ」と言われる。
「えっ、年末までって・・・気が長いね」
「ライ○ップじゃないから、そんな急がなくてもいいよ〜」

わ、わかった。地道に減らすよ。

内科の先生にメールして聞いとくってことになり
3ヶ月毎にしよーかなと思っていた外来受診は
「見張らないと油断するから」という理由で
当分月1となったのであった。ううっ。
こっちがもうしばらく合わなくてもいいわ!と思い始めたのにさ(´ε`)
なかなか縁遠くならないわぁ。


年が明けて、やーーーっと術前の治療が始まる前の仕事の状態に戻りました。
仕事3つ掛け持ちしてて、2つまでは割と順調に復帰出来たんだけど
3つめは体力にある程度自信がつかないから・・・とノビノビになってたんですよね。

2年以上行ってなかったから、どおかな?と思ってたんだけど
ロッカーもIDも所属も何もかもそのままになっててビックリ( ゜д゜)
そしてあれよあれよと言う間に復帰して、動けています。
ちょっとシステムが変わったので、それに慣れるまでにもう少しかかりそうだけど
緊張感もありつつ楽しく仕事出来ています。
日替わりでそれぞれの仕事に合わせて、頭の切り換えが必要だけど
メリハリが出て、メインの仕事も集中力が出たような気がする。
こうやって元の通りになれたってことが、自分の中では大きいのかなと思います。
一年前は、まだ自信なかったからなぁ。炎症騒ぎもあったしね。
この2年で、どの仕事も停滞したり、後退したりしたし、それに対しては悔しいとも思うけど
これが自分のペースと思って、今やれることをがんばろう−!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。