でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

傷痕はどうですか 

 

寒くなってきたせいか、
リュープリンに慣れてきたせいか
前みたいなアッツアツではなくなってきたでっちです。

さてさて、体調的にはネタがないので
手術の傷痕のことなんかを。

胸の手術に限らず、手術すれば傷が出来ますね。
手術の後の傷のケアはどのようにしてる人が多いんだろ?

私の場合、
同時再建の時は傷痕って言っても、
どーせまたここを開けるしということで
傷痕のケアは特に指導もなかった。
入院中、抜糸までは形成の先生が毎日ケアしてくれたけど
まあ消毒してゲンタシン軟膏つけて
ガーゼ当てとく的なごくごく一般的なもの。
見慣れてた処置だったし、術後はこんなものかしらね~と思ってた。
退院後も特にテープ貼れという指示もなかったし
「どーせまたあけるし」と自分でも思っていたので
テープ療法は知ってたけど、なんもしないでほったらかし。
全くなにもしていなかった。
当然(?)傷の幅は細いものではなく1cm程度はあった。
でも傷の盛り上がりもなかったな。
まぁこの傷は結局切り取ったので、今はなくなっちゃったけど。
ドレーンが入っていた場所は、術後約2年の現在では白くなっていてほとんど目立たない。

高校生の時に虫垂炎の手術をした。
それほどきれいな仕上がりではなかった。今思えば。
創の幅も1cmくらいあったし、けっこう長い間盛り上がっていたような?
今はお腹が邪魔して、上から見てもあんま傷がちゃんとみえてなーい。フハハ!
その時は入院中に抜糸したあと3日くらい絆創膏貼って終わり。

左胸の炎症騒動でエキスパンダー抜去後、
取り残されたポート部分を取りだしてもらった傷は1cmくらいだった。
約1年でここは超きれい。ここだっけ?と探さないと分からないくらい痕がない。
この部分は埋没縫合ではなかったけど、
縫う人によってこんなにきれいになるんだなと思った。
この手術をしてもらって、この先生に再建手術してもらうのもいいな〜と思えた。

夏に行った再建にまつわる傷。
再建側はアンダーラインの部分に傷有り。
これは埋没縫合してあって、術後2日目からジャージャーシャワーを浴びれた。
きれいに洗って、1週間後からはちゃんと風呂につかれと言われて
真夏のアチアチの時にも風呂につかって早4ヶ月。
この部分はテープ療法もしてない。
まだ少し赤さはあるけど、線は細くて、場所もアンダーだから本当に目立たない。
対側の縮小手術した傷もあるんだけど、こちらも埋没縫合。
そっちの方がまだ少し目立つかな。幅も赤さも。
こっちはテープ貼ってねと言われたのでせっせと貼っている。
部分部分でちょっと盛り上がってる場所(縫い方で)がある。
でも基本的にテープ療法しなくても、きれいに治るように縫合しているようで
みんながみんな、テープ療法を指導されることはないみたい。

個人的には、傷の治りが悪い方ではないと思う。まぁ普通。
でも人間てついた傷痕はなるべく薄くしたいものですよね。

以前、開腹手術をよく見ていたけど
まぁ大昔は、中も表面の皮膚もザックザック縫ってた( ゚д゚)
(op室の友達に「なんで婦人科はあんなにでっかい針で縫うんだ」と言われたことがある。)
そのうち、スキンステープラでガチャンガチャン表面を閉じることが多くなった。
ステープラを取った後は、ステリストリップというよくつくテープで
傷を合わせるように貼ることが多い。
このテープが剥がれてきたら、
次からは自分でテープを貼るテープ療法をするときれいになりますと説明する。
でも術前に「ケロイドができやすいんです」と自己申告した人は
皮膚科にコンサルタントして、皮膚科からの指示で創部をスポンジで
圧迫して手術室から帰ってくるということもあったな。

傷痕のケアは、まだまだ知らないことも実はたくさんあるかも。
これから要調査じゃー!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
スポンサーサイト

category: 手術の傷

△top

今さらちがいがあることを知る 

 

前回、髪がうすいとこがある〜とぼやいた
私が行った化学療法のメニューは

FEC(100) 4クール
タキソテール+ハーセプチン 4クール
ハーセプチン単独 14回

という、まぁ標準治療の王道的なメニュー。
アンスラサイクリン系薬剤を中心とした多剤併用療法と、タキサン系薬剤と分子標的薬。
全て静脈点滴で行われた。 ほんっとお金かかったわ(-公-;)

FECに似た名前のメニューでEC、CEFがある。
Fがあるかないかだけのちがいじゃないのーとか
薬の呼び方のちがいだけじゃないのーとか
テキトーに解釈していました。

しかし、改めて見てみると
そこには明確なレジメンの違いというものがあったのであった( ゜д゜)

詳細はガイドライン参照。

FECとECとCEFの要ともいうべき「E」は
一般名 エピルビシン(商品名:ファルモルビシン)で同じである。
ECとFECは投与量が、60~100mg(体表面積あたり)。
CEFは、60mgという違いがある。
FEC100という私がやったメニューはエピルビシン100mg。

さらに異なるのは、C(シクロホスファミド、商品名:エンドキサン)の投与量。
FECでは500mg、ECでは600mg。CEFでは75mg。
投与方法もガイドラインでは、CEFのCは内服とある。へー、そうなんだ。
全く知らなんだよ。

ちなみにTCは、乳がん領域ではタキサン系とシクロホスファミドですが
卵巣がん領域では、TC(TJ)はタキサン系とカルボプラチンです。
同じ呼び方でも実は薬剤が違うの。

large_522636_nyu_28.gif
(日経メディカル 乳がん百科より)

毛を抜いたやつの正体を
改めて勉強し直してみたのであった。
ただそれだけ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: お勉強

△top

脱ヅラ後の毛たち 

 

唐突に脱ヅラしてから、早一年。
ベリーショートだけど、暑いからもうとるわ!と
職場で脱ヅラしたあの日。
頭頂部は3cm程度しかなかったけどデビューしちゃったんだよね。

伸びるのが遅い遅いと思っていた部分も
やっとこれなら美容院でもあれこれできるなという程度には伸びた。
頭頂部の長さに合わせているので、後頭部はもっと伸びてるはずなんだけど
ショートをキープしています。
前髪も一年前は超短かったけど、今はすでに何回か切っている。


一見、まぁまぁ伸びたんじゃね?という感じだけど
矢印部分がなんだか薄い( ̄□ ̄;)
IMG_0847_3.jpg
かといってそこがハゲているわけではなく、毛はあるけどその部分の長さと
密度が足りない状態。
最近伸びてきたのかな?と気づいたんだけど、まだ3cmくらい。
この部分には「資生堂アデノバイタル」のエッセンスを使用中。
地道にがんばる・・・

この、前髪部分がM字的に伸びが遅いというのは
発毛してきた時から感じていたから
ホルモン療法のタモキシフェンとかリュープリンが関与っていうより
ケモで抜けた(主にFECで!)髪の成長が悪い部分があるってことじゃんo(*≧皿≦)o
前髪以外の部分の毛量は、以前と同じくらいだねと美容師さんから言われていて
目下、前髪のデザイン研究にに余念がございませんっ。
とにかく、FEC&タキソテールによって抜かれたワシの毛。
髪全体の腰もなんか前よりもないしさ、ケモめぇ。
こういうちょっとした部分で、治療後の変わっちゃった自分を思い知らされる。

その他、すっかりなくなっていた眉毛は普通程度にある。
でもケモ前に比べたら少ないね。
お手入れ回数が断然減ったもの。

まつげは、一年前はまだビューラーで挟む時に
長さが微妙に足りない(´-ω-`)と感じていた。
だからまつげを伸ばすといわれている緑内障用点眼薬を
どうにかして手に入れようと思っていたんだけど
あれ、9月頃に日本でも認可されたそうですね。
使おうかな〜、どうしようかな〜とグダグダ言ってたんだけど
結局、最近普通にビューラーで挟めるようになって、
マスカラつけとけば、まぁいいかって程度に。
IMG_0838_3.jpg
(これはマスカラ少々ついてます)

ケモ終了後2年弱ですが、すっかり元通りって感じにはならないもんだ( ´△`)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 発毛関係

△top

自動追加じゃろうて 

 

先日、恩師のとこに行った時に
「外でタブレット使う時にテザリングしたいから設定して」とのご要望。

一体どこからテザリングなんて聞いてきたんだ( ゚д゚)、75歳名誉教授。

頻繁に新しいマシンに手を出し、最初のセットアップにいつも駆り出されるので
こっちがまだWindows8のことよくわからない(普段はリンゴユーザー)ままにレクチャーしたり、
全く油断ならない。
しかし、さすが学者、一度教えたことは二度聞いてこない。
60歳前から、いつ死んでもいいわ~と言いながら、まだまだちょー元気。

以前先生がスマートフォンにした時に、私はlineアプリを入れてきた。
その時はすぐにlineを覚えて、スタンプの応酬というくだらないことも
しょっちゅうやっていた。
その後、その某スマホが使いにくいと、国産のものにいつの間にか変更。
機種変当初、アプリは引きついだらしいが、
「最近先生にlineで連絡してもつながらないんだけど」と言うと
「だって、どこの誰かも分からない人たちからたくさんlineが入ってくるから困って削除しちゃったの」
という( ゜д゜)!
それ自動追加がONになっていたり、追加を許可になってたりしたんじゃないの?!
私がはじめにアプリを入れた時は、OFF設定にしたはずだ。
機種変した時になっちゃったんだろうな。よくわかんないけど。

それにしても、その連絡くれた人たちは
先生の番号を知ってるとか先生も登録してある人からじゃないのかしら・・・
そーいっても
「お久しぶりですなんてくるんだけど、さっぱり誰だかわかんないのよ」┐(´ー`)┌
そうよね、卒業生なんてたくさんいるから分かんないよね。
元学生の方は、先生とつながってさぞかし喜んでいたでしょうに( ´△`)
一応、毎年ゼミ生と集合する会もやってるのにぃ。

先日は時間切れで、lineの再設定まで出来なかったから
近いうちにまたやりに行ってこなくちゃ ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘
まだまだ先生孝行出来てないものー。

(全く病気ネタと関係なくてすみません)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

つきそいのつもりが 

 

8月に偶然出会った、炎症仲間(?)なYさん。
再建のことをあれこれ悩んでいたけど
「ここで、こういう方法で!」という気持ちが決まった。

Yさんとはそもそもの手術(全摘同時再建)の時期もほぼ同じ(2013年2〜3月)。
入院中にすでに、炎症感染疑いの症状が出ていたにも関わらず
入院中は「大丈夫」と言われなんも対処してもらえなかったことも同じ。
入れていたエキスパンダーも同じ種類。
外来の処置室で、エキスパンダーを取りだしたのも同じ(清潔ではなーい!)。
ポート部分が残されちゃったのも同じ。
同じだらけで、びっくりの連続なのです。

Yさんが再建をやりたいと思った場所の大先輩知ってるよ〜と
いつもお世話になってるjasminさんと自由が丘で集合だ!
私もギックリが治ってたらいくぞう!ということで
だいぶスムーズに動けるようになったのでお出かけ。
集合前は、大学時代の恩師のところに行って頼まれ事を済ませる。
その時に写真に写ってる銅像のオッサンを見て「だれこれ?」って言ったら
あなたそんなこと同窓会の理事の人たちが聞いたらドン叱られるわよ!と言われる。
えー、そんなこと全然覚えてねーよ。大学には相当長く住みついていましたが( ´△`)
そんなこととは関係なく、ゴホウビにたらふくランチを。
お腹パンパンの状態で自由が丘に移動。

自由が丘のTさんのサロンで施術中のjasminさんのところにお邪魔しました。
今日はつきそい〜ってつもりで行ったのに、
結局ゲラゲラ笑いながらお話しして
さらにリンツでお茶しつつお話しして
Tさんからもjasminさんからも元気もらって帰ってきました。

それにしても、やはり患者同士の情報ネットワークってすごいわぁ。
そしてこんな話は、こうやってとりとめない話をしてこそ
得られるものなんだなーなんて思ったり。
周囲を気にすることなく、ギャーギャーサロンでおしゃべりさせてくれてTさんありがとうー!
日常生活がほぼ治療前に戻ってきていても、
こうやって、話が通じる相手とガス抜きすることって、大事よねー。

最近はブログの更新も時々だし
ブログめぐりもあんまりしなくなっちゃったから
新しいブログのお友達も出来てないけど
知り合いの知り合いつながりで、出会っていけたらいいな。
jasminさん、またあそんでくださいーいo(^▽^)o

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: おともだち

△top

プリン、12週製剤へ 

 

ギックリ痛み中のでっちです。
せっかくの連休ですが、腰の安静と回復を優先して
ヒマなゴロゴロ生活中( ´△`)

昨日の大学病院の受診で
6月から4週製剤で様子を見ていたリュープリンを
12週製剤に変更してみました。

暑い季節にリュープリンを追加して
どばっと、キタコレ、ホトフラ。

12週製剤にして、4週よりもどばっときたらやだなーと思って。
「副作用の出方は変わらない」と医療関係者には言われ
理論上は変わらないと分かってはいるものの
やっぱし「12週製剤でホトフラどばっときたー」という経験者の話は無視できないわけでして
「涼しくなってから変えたい!」と言い続けて、無駄に4週製剤を5回ほど使ってきた。
ここのところ、だいぶ季節が涼しくなったし、そのおかげで夏ほどあちーあちーと
言わなくなったしな。

ってなわけで、12週製剤にシフト。
でも外来は5〜6週間のペースで入れておいてもらう。

腫瘍センターに行って、ブスリとお腹にリュープリン12週製剤。
量がそんなに増えるというわけでもなく、痛さもほぼ同じであったよ。
(基本的にあんまり痛くないけど)
水曜日に職場でやったインフルエンザワクチンの方が痛かったわ。

ところで、リュープリン前は1300を超えていたE2値ですが
その後すっかりおさまって、FSH 3.4 E2 5.0以下です。
もー、毎回測らんでもよかろうと、今回の採血のオーダーには入ってない。
そしてリュープリン追加後の症状は、ホトフラの増加くらいか。
関節痛はケモ中からあったし、眠いとか寝れないとか
その辺はその時々でテキトーにマイスリーで対応出来るし。

タモ単独よりも確かにホトフラは増えた。これだけは明らかで人よりも暑がっている。
でも年上の健康な更年期世代の友達も、同じ様に暑がってるから、まぁこんなもんかと。
子宮内膜の増殖は気になるから、婦人科はきちんと行こう。
昨日で大学病院の婦人科から解放されたので、
いつもの検査痛くない先生のとこに行きます(^−^)

なんか、個人的にだけど、月経で毎月ホルモンが変動するよりも
安定してホルモン値低い方が、体調の波がなくて快適であるなりよ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: ホルモン療法

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。