でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

病理にまつわるお勉強【追記あり】 

 

少し時間が経ってしまったけど
KSHSのセミナーでお勉強したことの復習をしておこう。

診断がくだるまでに様々な検査をしますが
最終的に「これ、悪いもの。これ、良いもの」という判断は
病理診断によってなされます。
病理診断では、まず「がんか、がんではないのか」という良悪診断を行い
その後その細胞達がどんなものなのかという個別化診断を行います。

乳腺の検査の場合、病理に関係する検体は主に3つ。
1.細胞診(穿刺吸引:細い針で吸引する)
2.組織診(針生検、マンモトーム)
3.手術生検(手術でとったもの)

このうち、1と2がごっちゃにされやすいのだけれど
この2つは検査としては全く異なる。
細胞診はパパニコロウ染色。(パパニコロウ分類でclassⅠ〜Ⅴに分類される)
組織診はHE染色。

針生検(組織診)で使用される針の太さは8−14G。
(数字が小さいほど太い)
マンモトームでは6−10G。
細胞診はもっと細い針。

だから、細胞診、組織診、手術検体では見てるものが異なるために
結果が違っていることがある。(よく手術前と後では違ったということがある)
これは、・   のように見ている範囲が全く異なるため。

採取された組織検体はホルマリンなどで固定される。
その後、手術検体のような大きなものは切りだし作業。
5mm〜1cm間隔で切り出す。
(私の場合も初めは1cmで切りだしたが病巣が見つからなくて5mmでやりなおす)
包埋作業でパラフィンブロックを作成。
それをミクロトームで薄切りする。
その後HE染色。→続いて免疫染色。
HE染色では、見やすく色づけして顕微鏡で細胞や組織の構造や細胞の形態を観察する。
よくみかけるこんなの
HE.jpeg



免疫染色では乳がんの場合、乳がんのバイオマーカーの検索をする。

・ホルモンレセプター:癌細胞の核が染まる。
 乳がんは女性ホルモンで増殖する特殊な癌。1966年にERが発見された。
 ER(+)でPgR(+)の場合は全てのホルモン療法剤が有効。
 判定基準としてAllred スコア分類(8段階に分類。3以上が陽性)とJ-score(%で示される) がある。
 最近は、PgRの発現がki67と同等の重要性があると言われている。

・HER2
 細胞膜に存在するタンパク。癌細胞の増殖をスイッチするためのタンパク。
 免疫染色で(2+)の場合は、Fish法・Dish法で遺伝子の増幅を調べる。
 (2+)の人のうち、50%で増幅あり。
 分子標的薬の登場で予後は非常によくなった。

これらの免疫染色の結果を元に、癌のサブタイプが決まる。
ルミナルA、ルミナルB、HER2タイプ、ベーサルタイプを決める時には
ER、PgR、HER2それぞれの有無で分類されている。
これにki67の発現が高いか低いかを加えて分類されている。
ルミナルB-like HER2(−)型の場合、特にPgRの発現が重要。

ki67の判定をする時には、真っ暗な部屋の中で数を数えるのが
とっても大変なんだとおっしゃってました。
今後さらに免疫染色などが追加されて、病理医の仕事量は増加しています。
そんな大変な思いをして診断して下さっている病理の医師ですが
現在日本では絶対数が不足しているようです。
日本全国で2129人しかいなくて、アメリカの1/7程度だそう。
なんと、がん拠点病院の13%に常勤の病理医がいない…!
このことが問題になり、常勤の病理医がいない病院は拠点病院から外れるかもとのこと。

普段、表に出ない病理の先生の話はなんだかとってもおもしろかった。
時間が少なすぎる!病理の話だけで1コマあってもよかったな〜。

こんなことを聞いた後だったので、針生検しないで手術になりそうだった
乳腺原発悪性リンパ種だった人のことを知った時には信じられなかったよ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

【追記】
 今回の免疫染色にまつわる、ERやPgR,HER2の発現に関しては
 術前化学療法による変化は含んでいません。
 術前化学療法によって、病理の結果が術前と異なることは治療効果という別の要因があります。
 今回記載したのは、術前の化学療法がない状態でも
 術前の針生検と術後の手術検体におけるER、PgR、HER2の一致率は100%ではないということです。
 多くはサンプリングの量の違いによる問題ではないかと考えられています。

スポンサーサイト

category: お勉強

△top

乳腺には乳がん以外の悪性腫瘍も出来る 

 

胸にしこりがあったら、

乳腺外科をとりあえず受診するでしょう。

でも、乳腺にある悪性腫瘍でも乳がんではない時があるのです。

これは稀なことだとは思うけど、

こんなこともあるんだなーと思ったので。




友だちの知人が、胸にしこりを見つけてとある病院の外科に行きました。

マンモやエコーはやったみたい、すぐに手術しましょうとなったようです。

この術前の詳細な経緯は分からないのだけど

その方は入院中にご家族をあずかってもらう手配などをバタバタ済ませて

入院しました。

それが、入院してから

外来で診ていた医者ではない

某大学病院からきている先生が

「乳がんじゃないかもしれない」と言いだして

その時に「生検しましょう」ということになったそうです。



えっ( ゜д゜)??

組織診しないで、診断して、手術しちゃうとこだったの( ゜д゜)??!



もしかしたら、細胞診はしていたのかもしれないけど

組織診しないで手術しちゃうなんてことも

実際あるんだーーー!とビックリ。

ホントに病院は選ばないと…(´・ω・`)

それにしても「ちがうかも」と見つけてくれた先生もすごいね。



そして針生検を受けたその方。

結果がずいぶん早く出ていたようで

これは急がせたのか、中間報告なのかよく分かりませんが

生検の結果、乳がんではなく

乳腺原発の悪性リンパ種でした。

悪性リンパ種の場合、担当は乳腺外科ではなく血液内科とか腫瘍内科になるので

某大学病院にバタバタ転院転科しました。

手術ではなく、化学療法が始まるそうです。



先日のKSHSの全国大会でも

病理診断の重要性を痛感しました。

細胞診と組織診と手術検体では

見ている範囲が全くちがうので、

例えば組織診と手術検体での病理診断が異なることもあるそうです。

今回のように「乳がんだと思ってたら、違うがんでした」なんて

もしも自分だったら相当混乱すると思います。2重にショックだよ。

やっぱ乳腺専門医に診てもらうというのは結構重要なポイントなんだなぁ。

悪性リンパ種は化学療法がよく効くので、奏功して寛解するよう祈ってます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

第4回KSHS全国大会に行ってきた 

 

行ってきました、KSHSの全国大会。

お盆真っ最中で何だか人を誘いにくい日程だったので
一人で気楽に参加してきたです。

お友達と来てる方が多いのかな~と思ってたけどそうではない人も割といました。

とーっても勉強になった一日でした。
何が勉強になったかって、今回病理の先生や画像診断の先生、
放射線の先生の話を聞けたことが非常によかったです。

普段なかなか聞けないですものね。

いつも学会に行くと午後のセッションはグーグーに寝ているんだけど(-公-;)
今日はメモ、とりまくったよ。

なんとミニノートに14ページ( ゜д゜)!

メモしまくった内容は、そのうち記事にします。

特に自分が受けてない放射線治療は今迄勉強することもなかったけど
当たり前のように、部分切除→放射線という治療があり、
ガイドラインに沿って一律照射してるようにみえるけど
1人1人あて方も違うそうです。

そしてなによりも放射線の先生が
温存しても変形があるなど、形成の治療をしたい状態にあるなら
照射してから難しい再建をするのではなく
先に形成を噛ませてから照射する方が絶対によい、
そういう提案を乳腺の主治医はするべきであると話されたことが
今日は目からウロコ的な話でした。
それで照射が後ろにズレても、その時間は大した問題ではないそうな。

温存→変形→照射→再建と
温存→照射→局所再発→全摘というのは、やはり再建の難しさが少々上がるようです。

それに対して、全摘→照射→再建の場合は、感染リスクが増加すると言われているが
実際はインプラントの感染リスクとしては、他とあまり変わらないとのことでした。

それでも、照射した皮膚での再建は
タイトな皮膚の質感になることは理解していて欲しいとのことです。
仕上がりにある程度の妥協は必要だとしても
放射線を照射しているから再建は出来ないということはないんですね。

全摘して、放射線も照射したから…と諦めなくても全然いいんだ!
ということは何だかみんなにお知らせしたいことでした。

私が無知だっただけかな〜?


そして今日は新たな出会いがありました!
お昼のセッションでたまたまお隣に座った方と
セッションが始まるまでお話してたんだけど

同じ頃に乳がんの手術してて、
同じ様に旧保険適応のエキスパンダーで
同じ様に炎症を起こして外来で抜去して
同じ様にポートを取り残されて後から除去した…という方だったのです。

もうありえない偶然でびっくり。
まだまだお話したいこともお互いあったので
連絡先を交換してきました(´∀`)

私が一足先に再建したので、お伝え出来ることがあればな〜と思います。

こんな出会いもくれたこの会を開催して下さった
KSHSのスタッフの方々には心から敬意を表します。
大変な準備を本当に本当にありがとうございました。

先生方が最後に話して下さった

癌の治療がある程度落ち着いたからもう患者を卒業してしまうのではなく
新しい情報に触れて、勉強して、次の世代の患者さんたちのために
関わり続けて欲しいという言葉を忘れないようにしたいと思います。

思いがけず患者になって、思いがけずたくさん勉強して
そしていろんな経験をして、でもいろんなところで
私も乳がんの先輩達に教えられて支えられてきていました。

「1人の体験を100人の明るい未来に」

いつ聞いても、素晴らしい言葉だなと思います。


なんだかんだと長くなっちゃった。
病理や画像診断の話はまた今度♪


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 未分類

△top

脱ヅラ10ヶ月 

 

最終ケモから早1年半。

唐突に職場で脱ヅラしたのが

昨年の10月。

超ショートだったけど「もーいいや!」と突然(仕事中に)外した。

一年前はまだヅラだったってことよね。暑かったな〜。

それから10ヶ月。

額の半分くらいしかなかった前髪も伸びた。

髪の伸びる速度は、やっぱり部位によってちがうけど

伸びない伸びないと思っていたトップの部分も

それなりに伸びていた。


これは今年のお正月。
2014の1月髪
襟足は伸びてくるけど、上と前に合わせてカットしていた。




上の髪がやっと矢印くらいまできたとこ。1月の倍くらいにはなったかな?
20140813髪1
横も耳が出ていたのが、隠れてきた。


寝起きのボサボサ頭。
20140813髪2
前髪の状態はこんな感じ。



伸びる後ろの髪を伸ばしっぱなしにすると

伸びていない部分とのバランスが悪いので

上が追いついてくるまで、襟足は短めでキープしている。

そうすると全体的な伸びた感は少ないですけどねー。

全体的にくりんくりんだったクセは

前髪まわりだけ軽く伸ばしたけど

他の部分はちょこちょこ切っているうちに
(すぐに我慢が出来なくなるので月イチ切ってる)

くりんくりんではなくなってきてる。しかしまだ残る若干のモコモコ感。




そしてここが伸びればぁ!と思っていた部分(主に上)が少し伸びてきた。

それまでは「短いながらもなんとか髪型としておさめてもらう」感じで

短い髪の自分に見慣れるってこともしたけどね。

やっと今では

楽ってだけではなくて、短いのもいいな〜と♪思えるようになってきた。

手入れを怠ると途端に悲惨になるけど( ´△`)

ちょっと伸びてモコっとしてくると

急にオバチャンヘアになる( ゜д゜)

抜けた髪が生えてくるまでよりも

生えてきた髪が伸びて揃うまでの方が長いよねぇ(´Д` )

人は、ハゲてなければいいじゃんとか大丈夫とかいうけど

なかなか思い通りにならない地毛に

抗がん剤やったんだという現実を何回もみせつけられるってこともあったなぁ(´ε`)



やっとある程度の長さと厚みが出てきたので

他のまだ長さが足りない部分を待ちつつも

こんな感じ、こんな雰囲気にとか

美容師さんと相談しながらヘアスタイルを楽しめるようになってきた。

まだ暑いので短めキープでいまーす。


そういえば、脱毛する前にもらっていた資生堂アデノバイタルスカルプエッセンス。

そんなマジメに使ってなかったけど、これの効果の程は…よくわからなーい。

育毛剤の影響で伸びたのか、単に伸びる時期だったのかの区別がつかないんですよねー。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 発毛関係

△top

リュープリン2回目 

 

エストロゲン騒動後、結局使うことになったリュープリン。くそー!

ワシの体はお財布に全くやさしくない( ´△`)

先週、プリン2回目(4週製剤)。左の腹にぶすっとな。



ホットフラッシュが増したような気がすることと

足裏がほてるーー!!こと以外は変わりなし。

なんか普通に気温が高いから暑いだけの気もするし

暑さに対して弱くなっているような気もする(´Д` )

とにかく前よりは暑がっている自分がおります。

朝の通勤に保冷剤は不可欠ですぅ。

足裏のほてりは血行障害による冷えと関係があるようで

足裏が熱いからって冷やしたらよくないみたいです。ややこしい。

それなので足を冷やさないように

お家に居るときはレッグウォーマー着用中。暑いよ、暑いけどね。

昨年お友達にもらったレッグウォーマーがとってもいい♪



3〜4回打たないとセーリは止まらないかもと言われていたが

結局6月に1回あったきりで、その後なし。

ホルモンを抑えている状態の方が、月経前の不快症状がなくていいのであった。


しかし、再建手術後すっかり自分を甘やかした生活(´Д` )

そろそろまたダイエットしないとーーー!

はー、かき氷食べたい。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エストロゲン関係

△top

実は大浴場デビューしてた 

 

再建手術前のハナシ。



出張で泊まるところを決めるときに

最近の新しく出来たビジネスホテルは

大浴場がついてるってところがあるので

そういうところを選んでみた(`・ω・´)b

ビジネスホテルのお部屋風呂は基本狭いしね〜。

「再建前だけど大丈夫かな〜?」と同僚にいうと

「そんなにジロジロ見ないよ」と。

だよね〜♪そんな注目を集めるような人じゃないし!

とりあえずホテルは予約。



そして当日。

実際タオルでちょいっと片方かくしてお風呂場を移動するってこと以外

特別に何か気にすることもなく、ふつーにお風呂に入ったのであった。

洗うエリアは最近一つ一つ区切られてるし。

そんなに混み合ってなかったのも、よかったんだけど。

それでいい気になって、その後の出張も大浴場のあるところに。

やはり大きいお風呂は気持ちいい!ノビノビあったまるー。



友達に体毛がない病気の子がいるんだけど

その子と温泉に行くと

「ヅラとっていい?」とつるっとした頭で温泉に入ってる。

だってお風呂だしとった方が気持ちいいもの。

その時も別にイヤなことは起こらなかったな。

居合わせたオバチャン数人に

「まぁ〜、きれいな頭ね」と話掛けられたくらい。

この友人にはケモ中のヅラのアドバイスをいろいろもらいました。感謝。



ところで、再建手術後約1週間だけど

入浴解禁、ガーゼなし、テープなしで

下着は全摘手術後に使った胸帯かキャミソール(カップなし、ゆるめ)で様子見てます。

アンダー部分に傷があるので、締めつける下着をつける気がしない( ´△`)

それと乳頭乳輪もなんだかもう作らなくてもよくなってきちゃったな〜。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 再建出直し編(シリコン手術~術後)

△top

再建手術7日目&乳腺外科診察 

 

再建手術から1週間。

痛みは軽減。→痛み止め一日一回は使用。

でもまだ歩く速度は遅め。

右側の傷から時々少し浸出液がにじむ。

この部分にはゲンタシン軟膏を塗布し

ガーゼやパットを当てておいてねといわれている。

特にテープで固定することもなく

キャミソールに挟むだけ。



今日は乳腺外科の診察でいつもの大学病院にゴー。

今日の診察は、さわさんとぬまさんと合流出来る日〜♪

予約時間より早めに行って、人も少なく見えたけど

まぁ、いつもどおりに2時間弱の待ち(´Д` )

でも今日はおしゃべりしてればいいから平気。

2人とは同じ時期に告知を受けてるんだけど

先に手術してるから、この時期が術後の検査です。

採血、マンモ、エコー、胸部レントゲンをしてました。

でっちは今日は主治医と看護師さんに再建してきた胸をがばーーっと披露。

まだ1週間だからきれいではないよーといいつつ

テープも貼られてない傷を見せる。

右側も手術したのーとか

ここらへんちょっと溜まってるんじゃない?とか

まぁひとしきり見てもらって、一段落ですっきりしましたと話す。

そしてリュープリン後の調子は前より暑いかな程度と報告。

今日も1ヶ月製剤にしてみた。

セーリあれからこないけんどと言うと

「えーー、たまたまきたのかなぁ」と医者らしくない答え( ´△`)

まぁいいんすけど。

婦人科の診察はこっちでテキトーに入れますぅ。



3人の診察が終わってから、ランチへゴー。

あちーあちーと言いつつ、イタリアンのお店まで歩く。

ぬまさんはエコーしてる時からグーグーだったっていうことで

ご飯はシェアしつつあっと言う間にたいらげたのであった。


大学病院の形成外科の現状を小耳に挟んで

少々(いや、すんげー)悶々とするでっちであったヽ(* `ω´)ノ


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 再建出直し編(シリコン手術~術後)

△top