でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

2013年、大変お世話になりました 

 

2012年の8月から、術前化学療法が始まり
2013年の初めまで続きました。

その後、手術、術後の治療開始、

ちょっと調子出てきたかな?というところで無理がたたって
夏に再建胸が炎症を起こす。

今年の後半は、炎症騒ぎに明け暮れ
再建ということに、きちんと向かい合う機会になりました。

この1年、多くの方々のご支援があり
新しい出会いがあり
生きている中で、人との繋がりって
何よりも大切なものなんだなぁと改めて
気づくことが出来ました。

この前、同じ病院のお友達が
「毛もなくなり、胸も失ったのに、笑って悪いことばかりじゃなかったと思える自分がいる」
って言ってて、本当にそうだなと思いました。
そして、こんな風に言える方と出会えたことに感謝してます。

応援して下さった皆様!
一緒に病気とたたかっている皆様!

どうもありがとうございました。

新しい年が、皆様にとって幸多き年でありますように。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

*リンパ浮腫じゃーん…っていうオチもあったよぉ(´・ω・`)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
スポンサーサイト

category: 未分類

△top

左腕の痛みの変遷 

 

年末ですねぇ。
はい、昨日も暴飲暴食してきました。なんてこったい。

1年前は、味覚障害にクサクサしてたり
体の痛みに耐えかねて「いてえいてえ」と叫んでいたりしたんですよ。
それを思えば、お外で暴飲暴食出来るなんて、贅沢なことですよね。
やっと戻ってきた日常に感謝してます。

左腕のリンパ浮腫疑惑は、どーもリンパ浮腫なのかどうなのか…?という感じに。

そもそも、11月の初めに真夜中手の甲を3箇所蚊に刺されたことに遡る。
蚊に刺された時には気にもしてなかったんだけど
刺された数日後、なんだか左の指、特に中指と薬指が動かしにくい。
そのうち腕が重怠くなる。前腕の外側、肘関節近くが痛い。
ここでハッとリンパ浮腫の初期症状では?!と慌てる。
この時点で、山下さんに一回みてもらう。

その後も、徐々に前腕の痛みが増す。
痛みは、筋が痛いような、筋肉痛のような痛さ。
段々、腋窩にも突っ張った痛み。
あわせて手首の周囲にも、一本筋がぴきーっとしたような痛み。

この間、腕の計測もしてもらったりしているが浮腫は確認出来ず。
腫れていないけど、痛みが増強してるから、やっぱし変だよね
という思いが拭いきれず。
胸の件があるから「大丈夫ですよ」という言葉をイマイチ信じきれないワシ。

腕の曲げ伸ばしで痛いんだけど、どうも角度があるような。
腕を前方に挙げると、ピキーーっと痛い。
それに脇の違和感も増してるし。リンパの流れが滞っているのでは。

明らかな腫れは見られないものの、指の浮腫み感があったり
手首から人指し指のつけ根まで、筋が痛いような痛みがあったり。
しかも浮腫んでるなぁと思う場所や、痛みの場所が日替わりで少しずつ変わるのです。

セルフマッサージの方法は教えてもらっているので
毎日自分でマッサージしたり、腕をグルグル回したりするしかない(´・ω・`)
病院で看護師さんたちに「へんなんだよね~」と言っても
今は大丈夫そうだけどねぇとなるし…じゃあこの違和感ってか痛みはなんなんだ?!

そんで先日の乳腺外科の診察の時に、主治医に腕が痛いんだよぉと訴える。
本当はエコーで診てもらって「リンパ浮腫ある・ない」の白黒つけてほしかったけど
腕を見て、ワシの訴えを聞いて、やっぱり「浮腫じゃなさそうだなぁ」という。
だから「先生が浮腫じゃないってきっぱり決めてくれれば、この痛みを他の方向からケアします!」
と言ってみた。
確かに、こんな腕も腫れていない状況でリンパ浮腫かどうかエコーで見てもらっても
運動してセルフケアしてくしかないんだもの。
んで、リンパ浮腫じゃないっていうなら、湿布貼ったり他のことしてみるわ!

主治医としては、術後1年後くらいに出る腕の痛みかもと言うも
痛い場所が少々違うらしい。それにまだ1年経ってないし。
むーー、よく分からんけど、日常生活に支障があるわけではないから
しばらく持ち越しってことになりそうだな。
山下さんのとこ行きながら、様子見るかということにする。

それがクリスマス会に行った時には「腕が痛い~」といろんな人に言ってたのに
クリスマスの連休が明けた週から、どうも痛みが軽減してる。
気のせいではなく、明らかに痛くなくなってる。
脇の違和感も、これまた軽減しているんだよね。

なんだなんだと思い返すが、やったことといえば
ヒルドイドクリームをたくさん処方してもらったんだけど(胸の皮膚ケア用に)
これを腕の痛いところにもつけとけば?と主治医に言われて、
そうかやってみるかとつけてただけ…(・ω・)
脇の近くにある、先日エキスパンダーの残留ポートを除去した時の傷が固くなってきてたから
ここにもヒルドイドをすりこんでいただけ…(・ω・)

まさか、それが効を奏したかどうかは分からないけど
とにかく、何故か、腕の痛みは軽減中。
なんだろうねぇ、山下さんの魔法と主治医の魔法かしら(*゜▽゜)ノ

しかーし、前腕の痛みは軽減してるけど
手背がなんとなーーーく浮腫んでるんですぅ。
右よりも、乾燥加減が違う…(´・Д・)」

それとワシだけかもしれないけど、
術側は冷たくなりやすい。
今も手背~前腕は冷たいっす。

今日は午後少しお仕事してくるです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 体ケア(リンパ浮腫含む)

△top

腰が重たい婦人科検診 

 

タモキシフェンを内服して早半年。
月経も化学療法で止まってから、戻ってくる気配なし。
ずっと先延ばしにしてたけど、体癌とかもろもろ婦人科の検査に行かなくちゃな~。

でもあの検査は人によって痛いとか痛くないとかあるからな~
気が進まないわぁ
かと言ってそのままというわけにもいかないし…(´-ω-`)
大学病院の婦人科で済ませてもいいんだけど、ここに知り合いいないし
でも通院の都合上、めんどくないかな…

とあれやこれや言い訳をしてはグタグタしてたんだけど、
私がみるからいらっしゃいと言ってもらい、
痛くないことと、細胞がちゃんと取れる腕を持つ←ここ重要
親愛なる産婦人科医のとこに行くことにしました。

ちゃんと細胞が取れてない場合があるらしく…
そんなの検診に行った意味がないし!

やっと、よし行くかという気になったけど
なんと早、年末( ̄□ ̄;)
年明けに行くぞー!

そんな話をしつつ、一緒にご飯を食べながら
私の治療のことやら話していた時に
副作用って本当に人それぞれなんだよねぇという話に。
なんでも、血小板が減ってる!と分かる人がいるんだそうだ。
白血球の減少は自覚しないけど、血小板では倦怠感が出るんだって。
それで調べると本当に減少してるらしい。
私は骨髄抑制に突入すると絶対に発熱してたけど
白血球の数が1000以下でも、グランやノイトロジンは使用しなかった。
それには先生も驚いていたけど、一週間後には回復してたんだよね。
体ってすごいよね。

というわけで、病気になったにもかかわらず
なかなか検診に行くのは腰が重いことだなぁと思ってしまう
ダメな患者の見本であります。
しかも、半年に一回って…!無理…いや、い、行きますよう。

12月…宴会続きでかなり暴飲暴食したよ、ひぃぃぃコワいっ。
もち関係は少し調整しようと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: ホルモン療法

△top

クリスマス会に行ってみた 

 

どうしたんだ、連日の更新。
ヒマなんだな、ワシ(´-ω-`)

病院のクリスマス会に行ってきました。
昨年は行けなかったからね。

同じ病院とはいえ、患者同士普段交流がないので知らない人ばかり。
そんでたまたまお隣にいた方は某先生の熱烈な信者でした。ドンマイ。

某先生のお話に始まり、質問コーナー、スタッフによる演奏などなど
趣向をこらして飽きない2時間。
なんといっても手づくりビデオによるスタッフ紹介がワシは最高に面白かった。
これを見るためだけに、みんなくればいいのにと思ったよ。
ってか、これをさわさんやぬまさんと見てたら
もうゲラゲラ笑ったと思うなーー!

collage_2013-12-22_08-58_s.jpg

普段の診察では、なかなか会えない先生にも会えて
これがなによりも収穫。
おもしろいことも分かったよ。

でもちゃんとワシの情報は伝わっているみたいで
「ちょっと今度先生に話したいことある」と言ったら
「あのことね、今度来たら呼んで」と言われたです。


お忙しい中、開催してくださったスタッフの皆様に感謝します。

この後は青い森の山下さんのとこに行って
クリスマス会の報告と心配な左腕をみてもらって、
すっかり気持ちよくなって帰りました。
その時の調子と気分でオイルをブレンドしてもらうのですが
これがまたいい香りになるんですよ〜。
こういうことに無頓着だから、作ってもらうと幸せ。
それに山下さんにトリートメントしてもらった後って
ホントに不思議に顔のお肌しっとり♪1mmも触ってないのに。
左腕のことは、また別記事にて変遷を記録します。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 体ケア(リンパ浮腫含む)

△top

再建って?という導入の必要性 

 

え〜?と思っちゃった出来事。

先日外来で待っている間、これから手術の人に対して
検査についての説明をしていたのと、
同時再建する人らしく、形成外科の受診に行くように説明していた。

○○先生の外来は週1回だから、手術までに時間もないし
この日に行って下さいとか言われていた。
まぁ、ワシが行ってた外来ね。
エキスパンダーを入れるのは、この先生だけと説明されている。

患者さん自身は、みんな一度は迷う「自家かインプラントか」で迷っている模様。
「自家再建というのもあるんですよね?」
「自家再建ならここでは△△先生です」

その後えーー?と思ったの。
その患者さんは某先生が主治医らしい。
スケジュールは某先生最優先ってことなんでしょう。
自家再建だと改めて某先生と△△先生の予定を合わせないといけないから…と
何とかエキスパンダーをいれるという方向で説得し始めた。

これでいいんだろうか。
△△先生がどんな手術をするのかワシは知らないけど…
(確かに自家再建ならここではないところでと言われたことはある)

でも迷っている人に対しては、とりあえずどちらの外来にも行って
それから決めるというように提示するべきじゃないかなと思う。
インプラントか自家再建かってところは、最初に患者が迷う部分だから。
それに、どちらかに決めたってその後いろいろとあるんだもの。
最初の部分は説得されてではなく、納得して踏み出すべきじゃないのかなぁ。

それが多少手術の延期になったとしても。
1回入れた手術の予約をキャンセルすることになっても。

もしも急いで手術をしなければいけないのであったならば
同時再建ではなくて、二期再建の選択肢を提示するべきでは。

なぜならば、病院では再建とは?という導入部分の説明が全くないから。
他の病院ではどうなのか知らないけど、
ワシがかかっている病院ではこの導入についてはありません。

つまり、全摘+再建ということを主治医から提示されたら
(この部分はわりとあっさりと提示される)
再建については患者が自力で情報を集め、勉強して手術に臨むことになっている。
そうすると、再建の認識には個々でかなり違いが生じる。
知りたいことだけではなく、知っておかなければいけないことも含めて
全摘+再建という選択肢を与えられるのであれば、
基礎的な情報「再建って?」というレベルのことは、プリント1枚でもいいから
導入されるべきことかなぁと思う。

最低限「再建とは」という知識があってこそ
ではインプラントor自家再建では具体的にどんなことをするのか
という次のステップに進める。
二期再建だったら、落ち着いて情報も集められるけど
「癌です、手術です」と言われている状況で、
再建について1から自分で情報を集めるのは
精神的にも大変な作業だろうなぁと思うのです。

私はトラブルが生じてから、やっとちゃんと再建に関して情報を集め始めたので
同時再建当初の勉強不足を痛感しております。

…などと聞こえてきた会話からツラツラ考えてみました。
うん、まぁ、ただそれだけ。

3連休だね♪楽しみましょ−!
今日は病院のクリスマス会に行ってみます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 再建(エキスパンダー同時再建編)

△top

診察待ちなう 

 

本日は大学病院の受診。
内科&乳腺外科&ハーセプチン。
年末に突入して、病院も混んでるんだろうな〜と思ったら
案の定、コミコミ。

内科の先生はいつもほぼ予約通り、
もしくは受付したらすぐに診察って感じで
あんまり待ったことないんだけど
その内科で30分待つ。

いやな予感がしたよ、乳腺外科。
予約は11:30。内科が終わってほぼ予約時間。
「何人くらいまつ〜?」といつものように聞くと
「まだ9:30の予約に突入したところなのよ〜」とのとこ( ̄□ ̄;)
なんやて、3時間コースか?!
とにもかくにも、時間があることだけははっきりした。
ハーセプチンを先にやりたいと思うのは患者都合。

そんなわけで、時間たっぷり。
「お外をうろついてきま〜す」と1人ふらふらと病院外へ。
しかしまだお腹もすいてない。
商店街をお散歩と称して、あてもなくウロウロ。
ほほ〜、こんな風になってたのね、ここまでは来たことないわ
Kクリニックってここかぁなどと思いながらウロウロふらふら。
はっと気づくと隣駅前の商店街まで来てるし!

しかしさらに探索。
もっと探索…と思ってたんだけど
急に嗅覚を刺激するスパイスの香り。
お腹すいてないなぁと思っていたのにさ、急にお腹がすいてきて
スパイス臭の元に吸い込まれたワシ。

カウンターのみ、店員さんは全員インド人。
キョロキョロしつつも「チキンカレー、ナンで」と口走る。
それが1人でモソモソ食べるつもりだったんだけど
あまりにもうまいから「わぁなにこれ、めっちゃうまい」とつぶやいたら
隣のおじさんが「ここのおいしいでしょう、くせになるんだよ」と。
結局、おじさんとインド人としゃべりながら食べました。

テイクアウトもあるよとメニューをもらって
ランチ580円なり。ミニサラダ付き。かなりお得。
ついさっき、内科の先生に「あらら〜、ちょっとたべた?」と注意されたってのに(´-ω-`)
そう、肝機能ちょっとアップしておるよ。
それなのに!モグモグたべて、はー満腹。

とこれを書いている現在も、診察待ちなう。
んもー、帰りに美容院にも寄りたいのに、一体何時になるかも分からないから
予約の電話もできないよう。
とりあえず記事作って、時間つぶしておりますぅ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 術後:ハーセプチン

△top

これでスッキリかな? 

 

先週残ってたポートを取ったところの抜糸をしてもらいました。
ポートがあった部分は、感染・炎症が疑われる状態だったそうです。
どーりでガッツリ薬が出たなと思ったんだよ(´・_・`)

浸出液はまだ完全にはなくなってないけど量は減っている。
炎症の元になってたものがなくなったから
減ってきたのもありますよとのこと。

そして浸出液ノイローゼだった頃病院の形成外科では
あんなに頼まないとエコーで見てくれなかったのに
しかも、いちいちエコー室の予約取ってからじゃないと見てもらえなかったのに
ここのクリニックではささっと見てもらえる。
そんな些細なことだけで、わぁよかったと感激。

まだ少し溜まりはある模様。
また3週間後に診察しましょう、
それまでに感染兆候があったら早めに受診ということで
サクサク診察は終わり。

なんだか、よそにかかればかかるほど
なんだよぉ、今までのは一体何だったんだー!
…という気持ちがムクムクしてきてしまったりするワタクシです。

8月半ばに炎症が起こり、エキスパンダー抜去までに2ヶ月かかり
残されたポートを抜去するまでにさらに約2ヶ月かかってしまった。
もっと早くセカンドオピニオンを求めるべきだっただろうかと
ふと思ってしまう今日この頃。
でもあの時は、精神的にいっぱいいっぱいで、そこまで回らなかったなぁ。
ともかく、これで炎症に一区切りとしたいッス。

現在の状態の画像を「続きを見る」にあげておきます。
コワい人は見ないでね。
一応皮下全摘なので残っている皮膚と脂肪があって、
それを巻き込むようにエキスパンダーを抜去した部分が収縮してる状態。
見るからにかわいそうでしょ(´・ω・`)?

左腕は相変わらずリンパ浮腫のなりかけじゃね?みたいな
違和感とか痛みとか張り感があるので(でも見た目の腫れはない)
週末山下さんのとこにかけこみます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
-- 続きを読む --

category: 再建出直し編(準備~再建が決まるまで)

△top

今年は忘年会ができるってヨロコビ 

 

師走はいろいろ会合が増えますが
週末は病院のお友達四人で忘年会しました。
主治医が同じさわさん、ぬまさん、形成外科が同じだったAさん。
4人で会うのは初めてでした。
場所も病院のほぼ真ん前!
さわさんのグッドチョイスだよお。
そんな場所で、病院の待合室では決して話せないような話を
ゲラゲラ笑いながら話して、とても楽しい時間を過ごせたのであった。

ケモの経験の有無、術式の違い、放射線治療の有無、
手術の時期、主治医などなど治療の内容は異なる四人だけど、
病気話から仕事のことや好きなものまで
まー話題が尽きないものです(^∇^)

イケメンの先生に会ったとか、会わないとか。
病院でのイケてない出来事とかもブチブチ言ったり。
入院中の朝ご飯がヒドいって話で盛り上がったり。
(出てくるパンが全部まずかった)
違う病院の話を聞くのもすごくおもしろいけど
知ってる病院のことは「そうそう!」ってのと
自分の知らない部分には「へぇ〜」ってのとあって
面白いものですね。

病気してなかったら出会えなかったかもしれないと思うと
人の縁というのは本当に思いがけないところにあって、不思議で、
でもただの偶然ではないものだなぁと思う。

このブログは猫のお友達も見てくれているのだけど
猫のご縁で治療中はとても励ましてもらって、
猫のお友達にもとっても感謝してます。
猫かなりさぼりがちにも関わらず…
ホントはこの病気ブログも秋頃には書くこともなくなってきて
猫メインにシフトチェンジするぞ!と思ってたのに
そう思ってると、何かしら事件が起こって猫メインに出来ないでいます(´・ω・`)

何がきっかけでも、人との出会いは何ものにも代えがたい
素晴らしいものですね。
一年前はケモの真っ最中で忘年会どころではなかった。
お外に出掛けるのも出来なかったし、何食べてもおいしくなかったしね。
一年経ってこうして楽しく忘年会が出来てることに感謝です。
…ってな記事を作ってたら、大学の時の恩師から電話が。
そういえば1ヶ月くらい先生に連絡してなかったわ。ごめんなさい(´・ω・`)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: おともだち

△top

さよなら、ポート 

 

私の脇にいつも異物感を与えていたヤツ。
エキスパンダーの注水口、ポートが居座ってたところ。

エキスパンダーが飛び出て、外来の処置室で抜去することになったけど
ポート部分が癒着してて、多分外来中だったからゆっくり取ってられなくて
今度の手術で取りますと残されていたヤツ。

これを残すってことがイケてないと思ってたんすよ。
ポート部分はもはや何の役割も果たさないのに
異物感だけを私に与えるし、そもそも異物反応でエキスパンダーを抜いたのに
何で異物を残しておくんじゃ。
これがあるから浸出液が出てるんじゃないの?と思ったし。
ここ、時々痛いし。
でも「痛い時があるんですよねー」と言ったら
「取るのにはけっこう切らないといけないなぁ」と言うので
それはやだなぁ、ならいいやと放置。

でもこれのせいで脇のリンパの流れが悪いなぁと思うことも多くて
鬱陶しい存在にはちがいなかった。

本日、某クリニックの受診。
この前言い忘れたコイツのことを言わなくちゃ。
そんで話したら「それは一刻も早く取った方がいいね」という。
これがあるから炎症がおさまらないんだよと!・・・だよねー(´・ω・`)
そして「局麻で今からとっちゃおう」となって
あれよあれよとオペの準備、オペ室にて剥離・除去術。
さよなら、ポート。

大学病院よりも随分清潔に処置してもらう。
処置中は痛くなかった。コワかったけど。
切開創は1cm程度であった。けっこう切らなくてすんだよ(´・ω・`)

これがさよなら病院の形成の先生となった瞬間であった。
私も何回も「もう一回何とか先生のこと信じよう」と
自分なりにやってきたつもりだけど…

あれやこれやと迷ってたけど、こんな風にぐいっと何かに背中を押されて
方向が決まることもあるんだなーと思ってマス。

しかし、たったこれだけの処置なのに本日は思いの他疲労感。
早寝しまーす。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 再建出直し編(準備~再建が決まるまで)

△top

もう1箇所セカオピしてみる 

 

エキスパンダーを抜去したのが10/17。
だいぶ減ったけど、浸出液はいまだ持続中。

そんな中、いろんな方のおかげで精神的に立ち直り
再建のやり直しに向けて、情報収集に走り回ってみている今日この頃。
先日のNクリニックは、紹介状なくても診てくれるというので
紹介状なしで行きました。

そして今日もう1箇所、BSクリニックを受診。
ここは紹介状が必要だったので、先週の形成外科の時に
「セカンドオピニオンに行きたいから紹介状書いてください」と
気に病んだ割に、サクッとお願いして、サクッと書いてもらった。
私がチキンなだけかもしれないけど、お願いする日までは
「あーん、紹介状書いてっていおうかな?いえるかな?」といちいち気に病んだよ(´・ω・`)

んで、気に病む必要もなかった訳で、本日受診。
いろいろと脅されて「意志を強く持って話だけを聞いてくる」ように言われてたんだけど
それも心配することなく、I先生は明確に具体的に今の状況についての見解と
これからどうしていくかということを説明してくれた。
どこでやるかは、自分でよく考えて決めるようにということだった。

炎症の経過に関しては、炎症を起こした多くの人がたどる経過でしたねということ。
今はまだ浸出液も出ているから、しばらくは皮膚を休ませること。
少なくとも抜去から半年は何もしない。
その間、皮膚の状態をよくケアすることが重要なこと。
(ヒルドイドでのマッサージ…放射線後の再建の人と同じだそう)
今収縮している皮膚は必ず伸びるし、エキスパンダーの再挿入で炎症を起こした人は
このクリニックではいないということ。
次の再挿入の時は、I先生は下の部分を切りますとのこと。
あとは、健側に合わせるのは非常に難しいので、健側も調整が必要なこと。
(これは初めからそのつもり)
…等々を説明してもらう。

先生の診察の後、別室にて看護師さんからさらに詳細な説明を受けて
皮膚のケアの仕方も教えてもらって、とっても参考になったです。
紹介状のお返事も書いてもらえるけど、こんな話を聞いてきました〜と
来週の形成外科では話してこようと思ってます。

本日の診察は自費診療、初診の診察とヒルドイドクリーム1本で、11,210円なり。
思ってたよりもかからなかった〜。

これらを元に、これからじっくりどうしていくかを考えようと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 再建出直し編(準備~再建が決まるまで)

△top

またもやリンパ浮腫どうか見てもらう【追記あり】 

 

木曜日、うっかりまた術側の手に傷を( ̄□ ̄;)
動物の引っ掻き傷なんだけど、イエネコではない動物。
ぎーーー、注意してたはずなのに、油断した。
流水で洗って、リンデロンVG塗ったくっておいたけど
なんだか土曜日の朝になってから、腕の調子が変だ…

腕が腫れているわけでも、赤くなったりしてるわけでもなく。
でも何だか痛怠い感じするし。
…もうリンパ浮腫恐怖症なのね(´・ω・`)

そんなわけで、助けて山下さん!
青い森の山下さんに朝、急遽連絡。
ちょうど午後キャンセルがあって、あいてるというじゃないラッキー♪
うちから蒲田に行く時って、すごく東急線を刻んで乗りついでいくんだけど
今日はすごくつなぎがよかった。サクサク乗り継いで到着。

腕の状態をみてもらって、計測もしてもらって、浮腫は大丈夫とのこと。
あとはやさしく流してもらって、うっとりスッキリ。
そして今回もなぜか顔もしっとり。

浮腫っぽい!受診受診!となる手前の何か変だなって感覚に気づいた時に
みんなどうしてるんだろ〜?
セルフケアをちゃんとしてるのかな、やっぱ。

トリートメントの後、リンパ浮腫のテキストもいただきました。
普段の腕のお手入れは、お風呂の後にクリーム塗り塗り。
これもね、気をつけないと雑にグイグイ塗りこんじゃうのね。
人に触ってもらうと、やさしく塗るんだったと気がつくもんだ。
クリームはここのところずっとスチームクリーム。
前にお友達にもらってから、お気に入りになり使い続けてる。
やわらかいので身体にとても塗りやすい。
ベタベタしないし、全身に(顔、身体、髪)使えるってのが楽々でいいのー♪
ロクシタンのシアーバターも、超しっとりしていいんだけど
全身に伸ばすのは、スチームクリームの方が手軽かなぁ。
なんといっても、容器がいろいろとかわいいいo(^▽^)o

でもでも、山下さんのトリートメントはこれからもお世話になりますぅ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
-- 続きを読む --

category: 体ケア(リンパ浮腫含む)

△top