でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

タキソテール後の関節痛 

 

再建胸以外のことをたまには。

タキソテール投与後1ヶ月くらいから出現した関節痛。
痛かったな〜、とにかく。
動きだしの時が一番痛いんだけど
長く歩けないんですよね、痛くなっちゃって。

これが治まるのは当分ないな、しばらくつきあうしかないなと
覚悟を決めた矢先に軽減してきました。
8月になってから、急に下肢関節の痛みがゆるやかになり
あんなにしょっちゅうギシギシこわばっていた
手の関節痛がなくなりました。

タキソテール最終投与から7ヶ月。
症状が出現してから6ヶ月。
うーん、セオリー通りですね。
無月経の影響かも…と迷走したこともあったけど
こうなってみると、やはりタキソテールの副作用だったと断言できます。
投与直後に出てないし、4クール目が終わってから出てるし
堂々と「副作用ですっ」といえず
「多分…副作用…」って感じで言ってきたけど
これは絶対に副作用です!
こういう時期に出るものもあるということは
もう少し周知されていてもいいんじゃないかな〜と思います。

ノルバデックスで増強もなかったし
痛いからガンガン運動もしなかったし、出来なかった。
少しずつ日常生活動作を増やしていくこともしてみたけど
結局それは今回の炎症トラブルにつながったから
私の結論としては、術後、ケモ後に無理したり意識的にいろいろとやらなくても
そのうちすこーしずつ良くなってくるものだなぁということ。

その時その時、出来ることだけしてればいいんじゃないかな〜と思います。
だからケモの副作用まっさかりの中、
がんばって運動とかつらいけど動くとか、
今しなくてもいいんじゃないと焦る人には言ってあげたい。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
スポンサーサイト

category: 関節痛

△top

まぁ、ぼちぼち… 

 

浸出液はおおよそ20g/day前後。

昨日はたと気づく。
「腋窩リンパ節郭清の違和感だと思ってたけど、これちょっとちがうんじゃ?」
いつも何かたまった感があった場所は、腋窩よりも下、胸の横。
もちろんエキスパンダーそのものの違和感もあるんだけど
それだけではない何かが、ずっとあったわぁ。
ここらへん〜っていうぼんやりした感じじゃなくて
ここ!って特定できる場所。
これは、次回形成できちんと伝わるように話さないと。

精神的なダメージの底からは持ち上がってきました。

今日は乳腺外科。
主治医の顔見て、「でかけられなかったよ!」とグチグチ言って
薬出してもらって、あとはスタッフの人たちにいろいろと話聞いてもらって
傷も見てもらって、テープかぶれの相談して。

んで、ハーセプチン。
そうワシにはまだまだこっちの治療もあるのじゃ。
点滴自体は特に自覚症状なく終わるけど
高い薬にまだまだがんばってもらってるとこよー!

そういう意味でも、再建って落ち着いて再建のことだけに集中できる時期にするのが
いいのかもな〜と思ってみたりする。
同時ってのは、手術の回数が1回少なくて済むかもしれないけど
やっぱリスクはいろいろとあるよなと。

あと、ノルバデックスの作用なのか、ホルモン低下に伴う症状なのか
すっごい体中に痒みがあるんです。
いつも使ってる尿素入りのクリームでも効果イマイチ。
何か合う物を見つけないといけないんだけど
とりあえずヒルドイドたんまり出してもらう。効くといいな…
落ち込むのもタモキシフェンのせいかな…と思ったりもしたけど
いや色々あったからだよということで、そんじゃ気持ちが落ち着かなかったら
また予約外で押しかけますってことにしました。

次回形成外科へは理論武装してくぞ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エキスパンダー再建中のトラブル

△top

いどのうたに救われる 

 

一昨日の土曜日に一段落したはずだったのに!

傷のところもガーゼから絆創膏になって
自分で毎日消毒とゲンタシン軟膏で処置すればよくなった。
やったぁ、毎日通わなくてもいいんだとちょっと喜んでた。

その日の夜、見てみたら、
大き目の絆創膏をこえて浸出液が−!

冷静に考えると
ドレーン抜去の閉じきっていない部分から
浸出液がまだ出てきてる。
浸出液はたまるより出る方がマシ。

しかーし、もう既に何回目か。
大丈夫だよの後の大丈夫じゃないこと。

今回も大丈夫じゃなくて、また熱が出たり
傷がちゃんとくっつかなかったりするんじゃないかと
思考がどんどんネガティブに(´・ω・`)

不安が不安をよぶ最悪のパターン。
そのことばっかり考えて、なんかもう過呼吸になるんじゃね?って
そんな状態になりかける。
そして心配してくれている人との連絡を断つとか、もうサイテー。
ケモ中だって、こんな風にならなかったのに、ノルバデックスの作用もあるのかな。
今回こそ、もう泣くかもよってとこまでいった。泣かなかったけど。

結局、朝病院に電話して、形成の先生と話して
救外でみてもらうことに。
病院に来ただけで精神的に安定するという、完全に依存状態。
でも先生は「いろいろあったから不安なんだよね」
「また心配ならいつでも連絡して」と言ってくれて(´;ω;`)

浸出液自体は心配のないもので、たまりこんでもないみたい。

病院いってから、気持ちもたてなおさないと…と思って
それまでは外部からの情報と連絡をまだ遮断。

楽しくなることだけをやった。
それが…
勇者ヨシヒコの録画を全部見るという、超くだらないことを( ̄□ ̄;)
でも何か、このくだらなさが役に立った。
その中でも特にいどのうたが不安を断ちきるのにすごく役に立ったよ!
ずっと頭の中グルグルしてるのがいいの(。-∀-)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
-- 続きを読む --

category: エキスパンダー再建中のトラブル

△top

やっと一段落 

 

こんにちは。
今日外来に行って、状態としては一段落ということで
月火水木金土日…台風の日もどんな日も、
毎日毎日通っていた外来通院は、解除になりました。

形成の主治医は先日まで、福岡でやっていた
「日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会」に行ってたそうです。

そこで私の今回の症例について話合われたそうです。
私のように水の注入量が多くて、皮膚に負担がかかってしまう人が
全国にいらっしゃったようで、会議ではいろいろと話し合いが行われました。
皮膚の状態が落ち着いてから、今度はどうやっていったらいいのかということを。

水だとどうしても重くなってしまうので
airのみ又はair&水で膨らませるという方法でやっていきましょうというお話でした。

は〜、なるほどと思う反面、
不安もつきまとう患者心理であります(´・ω・`)

胸の横の違和感は、もしかしたらまた少し浸出液がたまってるのかもしれない、
自然に吸収されなければ抜きましょうということで来週まで経過観察。
炎症が起こってから、やっと一段落な気配だけど
もう私の周りがね「まだ油断してはならぬ」状態です。
でもまぁ、最悪の状況は回避できたかな…
この件に関しては、またあとでまとめます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エキスパンダー再建中のトラブル

△top

うん、怒ってるよ【追記あり】 

 

どちくしょー!とか

にくい、とか

いろいろとネガティブな感情もうずまきますが

それを具体的に一個一個言語化するのもしんどいものです。

まるで、聞き訳の良い患者のように見えるかもしれませんが

全くそんなわけではありません。

ある程度は仕方ないと受けいれていますが

ポイント、ポイントで回避できたことがあるのでは?と

そういう気持ちはまだまだ消化されないわーヾ(`Д´)ノ

今日も胸の横のところの違和感があるような?ここまた腫れてね?と聞いたけど

今日の先生は「赤くないし、ヘマトーマでもなさそうだから気にしなくても大丈夫」といった。

でも「そんなことは分かってるんだよね…(´・ω・`)」とついつい言っちゃった。

そういう風に見逃してきての今回じゃん(´・ω・`)

ま、明日もまた訴えるよ。

これが毎日病院に行っている唯一のメリットだから。



【追記】
なんで今回の炎症が起こったのか?というと
そもそも水をたくさん入れてて、その圧迫に皮膚が耐えられなかったから
なんですよ。
で、最後に水を入れてパンパンになってから、何度か
「ちょっときついから水少し抜きたい」と訴えてもいたんですよ(´・ω・`)

あと、昨日のクローズアップ現代「がん“根治”の時代は来るか ~“がん幹細胞”研究最前線~」の録画をみてたら
すごくコワくなって途中で見れなくなっちゃった(´;ω;`)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エキスパンダー再建中のトラブル

△top

再建中の炎症:凹んで潜伏 

 

ブログを閉じていました。

自分の状況に向き合えなくて、いろいろと説明するのも憂鬱だったのです。

少し状況が落ち着いてきて、気持ちも落ち着いてきたので復活します。

閉じている間、何度も来て下さった方には申し訳ありませんでした。

気にかけてご連絡くださった皆様もありがとうございました。

経過がどんどん悪い方に転がっていったことと、それに伴って

予定していたことが全てキャンセルになったことがショックで引きこもってました(´・ω・`)




9/6までの状況はこちら→



9/5:開放創を縫合…ここから5日間抗生剤投与

9/6:発赤・炎症があるのでリバ湿布の処置連日再開。浸出液少量出てる。
   今にして思えば胸も背中も脇も痛かったし腫れてた。

9/12:外来診察で形成外科の主治医に「もう大丈夫」と言われる。浸出液が出ていても大丈夫と言われた。
   この診察の後、仕事へ。夕方から調子が悪くなり発熱。夜中38.5℃以上の発熱を繰り返す。

9/13:病院に電話、予約外診察へ。
   縫合部分のステリストリップを剥がしたら、浸出液がふきだして床に水たまりができる。
   前回縫合した下の部分が開いている。エキスパンダー露出。
   培養、採血。CRP3.8。この日の先生の判断でリバノール湿布中止。開放創でドレナージすることに。
   抗生剤の内服(セフェム系)再開。
   ショックすぎて乳腺外科の主治医の診察をねじこんでもらう。
   乳腺外科で主治医とスタッフにワーワー訴える。
   この日も発熱→ロキソニン→解熱→発熱…を繰り返す。

9/14:朝、熱が上昇してくる前に早めに受診。
   抗生剤を点滴でいれなくていいのかなどをこの日の担当の先生に訴える。
   ・今はたまっていた浸出液をどんどん排出して中を洗う方がよい
   ・だから抗生剤は内服のものでよいこと。
   ・熱型を見ていって、だんだんピークが下がってくるようなら大丈夫。
   ・下がってこないならば、エキスパンダーの抜去も考慮にいれなければいけない。
   でも炎症はだいぶおさまってきてますよーとのこと。
   形成の主治医には、主治医の次回診察日まで知らされないのかと聞くと、今から電話するとのこと。
   この日に18日〜の出張を断念することを決意する。→これが2重にショックだった。

9/15-16:救外にて処置。イソジン生食で毎日洗浄する。
   
9/17:発熱は落ち着いてきた。形成の主治医の診察。エキスパンダーの水を全て抜く。
   その後内部をめっちゃ洗う。創部の再縫合。ペンローズのドレーンを立ててガーゼにて圧迫。←今ココ



先生と話をして、

 発熱は浸出液の貯留によるもので、感染という感じではなさそう。

 浸出液は炎症からきたもの。

 皮膚の再離開はエキスパンダーの負荷によるもの。

 今回は振り出しに戻して、創部の治癒させて落ち着いてからエキスパンダーへ水の再注入をする予定。

ということを理解して納得してきました。


今回の件では、今にして思えば体の不調がありました。

背中が痛かったのも、腰が痛かったのも

脇の下の違和感が強くなってたのも

全部、胸の炎症からきていたんだ…と思います。

そうだと分からず、痛みは別のことからきてると思ってたからな〜。

鍼行ったりしたけど、それ、逆効果だったかもしれない(´・ω・`)

脇の違和感がスゴく強かったんだけど、リンパがたまりやすいのかな〜なんて…

それが浸出液が出てみたら、脇がすっきりしちゃったからビックリ(; ・`д・´)

今日はなんだかオペ後のような胸の感じがします。うぅ、なんか思い出すなぁ。痛いしね。

凹んでた間は、ちょっとしたことでも不安になっちゃって

改めて、つくづく体調と精神は連動してるんだなぁと思いました。

私は熱が出やすいタチですが、熱が続くと弱くなります(´-ω-`)

ケモ中にも何回も熱が出たけど、あの発熱と違うんですよね。

悪寒とか超つらいっていう自覚が薄くて、なんかだるいなぁ元気出ないなぁと思ってると

ポンっと高熱が出てる。

しかも、ケモ中も衰えなかった食欲だったのに、食欲がなくなりました( ̄□ ̄;)

今はもう食欲も普通に復活してまーす。

これから、またボチボチやっていきます。


*今回のことは私個人に生じた一事例です。万人に起こるわけではありませんが
 再建途中はこんなことも起こるという例としてご参考くださいませ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エキスパンダー再建中のトラブル

△top

アクリノールは黄色い 

 

皆さんにコワい思いをさせてごめんなさい。
ワシも相当コワかったんだよぉ。
痂皮が大きくなってるし、穴開いてきて胸筋見えてるし( ̄□ ̄;)

本日通院で、炎症はかなりおさまりましたねとのことで
ちょっと落ち着いてきました。

リバノール湿布は、ガーゼにアクリノール液を浸して患部に当てます。
そんで着てる物が濡れちゃわないように、防水のドレッシング剤を貼り付けます。
えっと、点滴の刺入部に貼るようなやつです。

これは水のような大きい分子は通さないんだけど、
水蒸気は通すので、ある程度時間が経過すると乾いてきます。
そうすると湿布の意味がないから、ワタクシ、アクリノール液を買って
自分でせっせとケアすることにしましたo(^▽^)o

これと
denergy_kene-49.jpg

これも入手して♪
8525101_LL1.jpg
これはテガダームよりも薄いドレッシング剤。

滅菌ガーゼもね。
次回木曜日までセルフケアします。
でもね、このアクリノール液の黄色が他のところに付くと大変だから
(付着するととれない上に変な色になるのです)
垂れないように注意してやるんだけど、なかなか至難の技であります。

発熱は2日程度で落ち着いて、今は出ていません。
抗生剤飲んでるから、ビオフェルミンRも出してもらってますー。
免疫と腸内細菌は関連があるらしいので!お腹元気は大事ですね。
とにかく、無理するとなにかしら体調に現れるってことを
病気になって十分分かってたはずなのに、うっかり忘れるもんですな。
そして無理して、また調子崩すって…全く学習出来てないよ(´・ω・`)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エキスパンダー再建中のトラブル

△top

再建中のトラブルについて 

 

しばしご無沙汰しておりました。
8月半ばから継続中の再建胸のトラブル。
これを記録するのがいいのかどうか、ちょっと判断に迷っていました。
でも、こんなトラブルもおこるんだという例として記録しておきます。



8/14 夜、胸の発赤に気がつく

8/15 たまたま受診だったので、炎症を抑える処置として
   アクリノール液にて湿布。8/19まで毎日通院。

8/23 猫連れて帰省。風呂に入る時に小指爪の先程度の痂皮に気づく。
 
8/24 コワくなったので、実家から戻って即病院に行く。
   →担当の形成の医師ではなくガーゼを当てて様子みるのみ。

8/26 ガーゼを固定していたテープに皮膚負ける。テープ固定なしでガーゼを当てるのみ。

8/27 当ててたガーゼの摩擦で出血多め。ゲンタシン軟膏塗布してガーゼ当てる。

8/29 やっと形成の主治医の診察。エキスパンダーの水を60ml抜く。痂皮部分にプロスタンディン軟膏塗布し
   デルマエイド(パット)にて保護。

8/30 形成は処置のみ。内科・乳腺外科・腫瘍センター(ハーセプチン)。

8/31 処置のみの通院。休日分の自己処置用に軟膏処方と物品もらう。母子頭大に大きくなってる気がする。

9/2  形成主治医の診察。更にエキスパンダーの水200ml抜く。
   プロスタンディンの作用で痂皮部分が柔らかくなってくる。浸出液が少し出る。

9/4  浸出液が増加。痂皮部分が溶解して皮膚に穴があいている状態。コワいので家で大人しく過ごす。

9/5  形成主治医の診察。壊死している部分を切り取って、縫合することになる。
   エキスパンダー更に100ml抜く。(これでほぼ手術直後の状態に)
   皮下全摘後の皮膚には、知覚がないので局麻なしでチクチク…( ̄■ ̄;)
   今まで開放創だったのを閉じたから…と抗生剤内服開始。   
   帰宅後発熱。38℃まで。不思議なことにつらくない。腰の痛みがあるのみ。

9/6  形成主治医の診察。胸の発赤と熱感があるため、アクリノール湿布再開。




以上がここまでの経過です。

形成の先生はみれる時は診察日じゃなくても「この時間にくるから」と診てくれるので
とてもありがたいです。今日もオペとオペの間に来てくれました。(乳腺とのオペって言ってたよ)

でも!再建の専門じゃない形成の先生の日は、本当にただ見るだけ。
「ホントにこれでいいの~?」と思いつつも何もしてなく不安な気持ちを抱えた2週間だったので
昨日オペになったのは「ちっ」という気持ちと「ホッ」とした気持ちでした。

記録するまでに、多少凹んだり、コワくて現実を直視しなかったり
もやもやしたりしましたが、やっと書こうかな?どうしようかな?と考えるところまできました。

ホント、何度「ぎょえぇぇぇ!」と思ったか分からないよ(´・ω・`)

エキスパンダーで伸ばしている皮膚が(つまり薄い)
炎症して弱々になったところに、ちょっとした摩擦で傷になり
ここに至る…という状況のようです。

今日も夕方になって微熱出てきておる。つらくないけど。→ケモ中の熱に比べたら屁だから。

でも炎症が起こる前、けっこう疲れてたからなぁ。
ケモ後の再建は、本当に無理しちゃダメですね。
言われてはいたんだけど、ちょっと過信しちゃった…(´・ω・`)

縫合したところがちゃんとくっつきますように( ̄人 ̄)
傷が一個増えるのなんて、それよりもオオゴトになるよりもマシ。
あーん、炎症が治まりますように。
明日も通院じゃー。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: エキスパンダー再建中のトラブル

△top