でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

初診から1年、今頃気づいたこと 

 

2013年も早くも上半期が過ぎた。
なんて早いんだ。
そして、はっと気づけば初診からも確定診断からも1年が過ぎていた。

確定診断が出た日、つまり告知を受けた日。
私は受け止めていたと思っていた。
「やっぱりー」という思いの方が強かったので
強い衝撃を受けて、頭が真っ白になるとか
泣くとか、落ち込むとか・・・negativeな反応はなかったと思っていた。
淡々と受け止め、次に自分がするべきことを見極める・・・ことを
ちゃんとしようとしていたような・・・?

でも、振り返るとそうでもなかったのかも。
ガーーン=( ̄□ ̄;)⇒どおしよう!!と大騒ぎはしなかった気でいたけど
私は周囲の人にいい回っていたように思う。
近しい友人、職場の上司たち、妹、親、日頃お世話になってる方々・・・
こんなことを打ち明けられて、みんな迷惑だったに違いない。
今ならそういうことも考えられるけど、当時はそこまで全く考えが及ばず。
周囲の人に話すことで、私は自分の中に「乳がん」という言葉を自分の病気として
落ち着かせることが出来た。

だから初めの頃は「乳がん」と言えなかった。
「乳腺の悪性腫瘍」みたいなこと言ってたな。確か。
「がん」という言葉が受けいれられなかったのね、きっと。
自分は病気であった、悪性なのも分かった。
でも「がん」と認めたくなかった。
きっとそうだったんだと思う。
それでも患者になった自分は、病気を受け止めなければならないし
病気と向き合わなければならない。
自分で決めなくちゃいけないことや知らなくちゃいけないことが
目の前にたくさんあった。

治療方針が決まるまでの間に、色々と勉強して
標準治療ってこんな感じかと理解したつもりだった。
主治医に提示された治療方針に、その知識を持って納得したつもりだった。

でも今考えると違うんだよね〜。
知識は頭に入ったけど、それと自分のことがつながってなかった。
分かったつもりで話しを聞いてるんだけど
腑に落ちない部分がなにかしらあった。(その時は具体的に何とは分からなかったけど)

今の状態で組織診の結果を見せられて
術前のケモからねと治療方針を提示されても
「はいはい、そうですよね」とすんなり分かるんだけど
1年前は理解してなかったよ。
結果が見えてるし、読めてるのに、理解してなかったね。
ぶっちゃけると、先月くらいまで理解してなかったね。

術前のケモを提示されて「えー?!」と若干抵抗を示した私に
「おめーの状態はこんなに悪いんだよ!」というような説明を
主治医は全くしなかった。
私もヘラヘラしながら受診してたし、先生もヘラヘラしてた。
ヘラヘラしながらも私の気持ちを「よくわかんないけど分かりました」みたいな状態に持っていき
私もヘラヘラした状態で「そんじゃーがんばりますぅ」と治療に臨んだのであった。

私はこのことに今、超感謝してる。
友達に「私ね、この前自分がハイリスクだったこと気がついたんだよ!」と呑気に話したら
「治療前に気づいてたらがんばれなかったかもしれないから、よかったよ」と言われた。
あぁ、本当にそうだったかもしれないなぁと思う。

この話にはオマケがあって、私はボスに組織診の病理の結果を見せて報告した。
ボスは組織の専門家なので、その結果を見てこれは大変だと驚いたが
私がヘラヘラしていたので、もっと驚いたそうだ。
友達はその時にボスに説明されて、ハイリスクなのを理解した模様。
どうりでボスが私のことを甘やかすなぁと思ってたんだよ。


私はヘラヘラしながら髪を切り、ケモに備えた。
そしてヘラヘラしながら、3回のFECを受け、
4回目に超打撃を受けた。もうヘラヘラできん!
でもその頃にはすっかり癌患者としての何かしらは備わっておりました。

私は自分のことで泣いてはいないけど
それなりに、否認、不安、抑うつというものは
今までに通ってきたんだなと振り返ってみて思います。
今もまだまだ上がり下がりはあるけどね!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
スポンサーサイト

category: 気持ち

△top

学会でガラガラの外来にて 

 

今日は2ヶ月ぶりの内科とハーセプチン。
乳がん学会にお出かけするために
主治医がいないので、お留守番の先生の代診♪
たまには違う先生もいいわ〜、誰かな〜と思って病院へ。

何故か分からないけど、今日は病院全体に随分人が少ない。
採血室だって1秒も待たなかった。
「月末だからかな〜?」とスタッフの方は言ってたけど
そういうものかねぇ( ´ー`)

内科の予約まで「冒険に出て」時間をつぶして
予約15分前に診察室付近に行くと
これまた5分もしないうちに呼ばれる。

ケモでダメージを受けた肝臓ちゃん。
まぁ、もともとの不摂生も影響したわけですが
さてさて、どうなっているでしょう。
術前〜入院中にかけて、だいぶ良くなってきていたのを踏まえて
4月末で胆汁のながれをよくするお薬と高脂血症のお薬を中止にしたのね。
でも、その直後にタモキシフェンが開始になったので
ダブルの衝撃でまた肝機能が悪くなってたり
異常に高脂血症になってたらどうしよう(≧Д≦)

その恐れから開始したダイエット。
減らしているほどになかなかへらねーなぁと思いつつも
一応ピークから5キロほど減ってきてる。
ぐおぉぉ、これで血液データがよくなければワシは薬に頼るよ・・・と弱気。
一番恐ろしいのはHbA1cの値だよ。
これは糖尿病の指標になるものなんだけど、年末年始に味覚障害にまかせて暴飲暴食してた頃
それが上昇してて超焦る。
これで糖尿病の烙印をおされるわけにはいかないわ!と
術前検査の前だったこともあって、2月に食事内容を改善。プチ低糖質生活に突入。
そのかいあって、術前検査の時には肝機能と共にHbA1cも改善。
入院中はむしろ好きなものを食べていたけど
入院中のデータは、貧血・低タンパクだったからちょうどよかったかも。

ちゃんとダイエットするどー!となったのは6月に入ってからです。
ケモ中のコントロール出来なかった食欲のことを思えば
随分コントロール出来るようになったなと思う。
しかーし、思うほどには減らないねぇ。
関節痛が出始めてから、それ以前に増して動かなくなってたから
筋力の低下が甚だしい。基礎代謝が落ちてる上に、消費カロリーが少ないから
多少ご飯減らす程度じゃ知れてるのよね。
でもポンコツになるのもコワい。
というわけで、地道に筋力低下した人のための運動を取り入れることに。
片足で立つのを左右1分1日3セット。歯磨きしながら、しゃべりながら。
その成果はまだ先ですな。

やたらダラダラ長くなりましたが
内科では、肝機能はほぼ基準値だし順調ですよとのことで
高脂血症のお薬もいらないでしょうという結果でした。
とはいえ、一度炎症を起こした肝臓なので治療は引き続きやっていきます。

そして大方お出かけ中の乳腺外科。
お留守番の先生は〜?と聞いたら2人のうちの1人が
ちょうど手術に入ってくれた先生だったので
その先生で!とお願いしました。
今日は代診ということもあって外来がガラガラ。
すぐに呼ばれて「どーですかー?」と話しているうちに
先生が入院中の私のことを思い出す。

思い出しついでに、入院中に仲良くなった方のことを話す。
私が退院してからも毎週外来にくるたびに会いに行ってた方。
主治医が同じということだけではなくて、話しやすくて気が合った。
遠くから通っていて、5月の連休明けに遠い土地に帰って行った。
メールのやりとりはしていたんだけど、5月の終わり頃連絡がとれなくなった。
調子が悪いのかなと心配していたら、6月に入ってすぐの外来で
その方が亡くなったことを聞いた。
悲しくて、ショックで、
でも病気ではない周りの人に話しても
私のこの衝撃は伝わらないし、みんな返事に困っちゃうんだよね。

だから今日先生とこの話しが出来て、本当に落ち着いた。
今日の先生もその方のことを気にしていた矢先に
亡くなったお知らせがあって、残念だったということを話してくれた。
でもその方が、主治医以外にその先生のことをとても信頼していたので
そのことをお伝えできた。本当に先生のことは信頼していたんですよ。
そう伝えたら、ちょっぴり先生が泣いて、
ちょっぴり私も涙ぐんで
静かな外来で、2人だけでしんみりして、
改めてご冥福をお祈りしました。
短いお付き合いだったけど、忘れられない人です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 術後ダイエット

△top

のびろ〜のびろ〜 

 

ちょっとバタバタしておりました。
バタバタ中も、ポンコツ→復活→ポンコツ…を繰り返しつつも
ポンコツからの復活が以前よりも格段に早くなっているような・・・(・ω・)

早いもので、ケモ最終日からもうすぐ5ヶ月。
この間には、手術があったり、調子が出なかったり
それなりにいろんなことがあったけど
ちょびっとずつ日常を取り戻しているような
そんな気配を感じています。

そして、戻ってきてるよmy hair!

横から見た感じ
20130624yoko.jpg


頭頂付近
20130624ue.jpg

前から頭頂周囲
20130624mae.jpg
前よりも伸びてきた。

4月の終わり頃から使い始めたものがあります。

それは脱毛前に美容師さんに教えてもらった育毛剤。
資生堂アデノバイタル スカルプエッセンス。(参考→
ケモも終わっていよいよ出番。
ちょうど、前髪〜上部分の伸びが遅かったので
そこを中心に塗り塗り。

ちょうど伸びてくる時期だったのかもしれないけど
1ヶ月くらいで横と後ろの長さに追いついてきました。
使ってみるもんだね( ゜д゜)

白髪がすごかったので
どうしても我慢できなくて
染めてきました。
ケモの前よりも増えたねーと驚かれたよ。
美容師さんにクセがクリクリあるーと話してたら
ケモの後、もっと強いクセが出る人もいるよとのこと。
チリチリになっちゃって初めはどうなることやらと思ってたら
1年くらいしたところで急速に落ち着いたんだって〜。

これで歩きまわりたいけど
合う服がないので、外に出る時はまだヅラをつけてます(。-∀-)

懸案の健診は明日もしくは明後日ですぅ(´-ω-`)
何とかしてきます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 発毛関係

△top

集団健診どうしよう 

 


もうすぐ職場の健康診断がある。
健診車が来て、わーっとやるやつ。
また混むのよねぇ・・・(´-ω-`)
その週にハーセプチンもあるのに・・・

まぁ、採血とか体重くらいなら普通にいつも通り受けようと思ってるんだけど
心電図と胸の写真と胃のバリウム検査がね〜。
わっちゃわっちゃ、人が居る中で、急かされて着替えすることと
手術した胸を丸出しにして心電図とったり、エキスパンダーのことを
いちいち説明しなくちゃいけないことを考えるとパスしようかな〜と思ってるとこ(´・ω・`)


ノルバデックス内服して1ヶ月経ちました。
恐れていた関節痛の増悪はなかったです。
つまり横バイ。よくもならない。
ちょっとずつ筋肉をつけて、関節周りを強化してくしかなさそうです。
あと、冷え!冷えてるような気がする。
だから足元はいつもレッグウォーマー。
仕事でもなるべくあったかい靴下。
これも落ちきった足の筋肉を回復させるのが必要なことでしょうか。
元々、ケモで調子悪かったから、あの時のような状態でなければ
そんなに今のところ「ホルモン療法合わない」という感じではないです。
お薬の合う合わないは、初めの1ヶ月で大体分かるみたいなので
このまま続けていって大丈夫そうです。

このジメジメしたお天気の影響か、ちょっと腋窩が痛いような?とか
違和感が強いかな?ということもあります。
そのたびにいちいちビビりますが、天気のせいにしてます。

腋窩の感覚は、術後3週目くらいが一番ビリビリ痛くて
徐々にビリビリがうすれていって、今はビリビリはないけど
腋窩〜上腕内則にかけて表面の感覚が鈍いところが一部あって、
ものを挟んでいる感じは持続中。
あんなに痛かったけど、よくなるものだね〜。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: ホルモン療法

△top

泣くこと 

 

年を取ると涙腺が弱くなって〜とはよく聞きます。
実際、30代後半頃からTV見てるだけで、簡単にグッときちゃう。
かわいいね〜とか面白いこと話してるだけでも
涙が出てくるのは、感情の制御だけでなく
何か涙腺周囲の筋肉の低下かしらなんて思ったりして。

それなのに、私は自分のことではあんまり泣かない。
視覚的・聴覚的に感情が刺激されると涙が出てくるけど
自分自身のことは、感情を刺激しないというか
感情を刺激しないようにしているというか。

だから去年病気が分かってから、実際のところ一回も泣いてない。
ケモが辛くて泣きごとは言ったよ〜。
しんどいーとかつらいーとか痛いーとか・・・割といろいろ。

でも家でも病院でも泣かなかったなぁ。
一人の時にも泣かなかったなぁ。
気持ちが落ち込んだりすることはあるけど、泣かないんだよなぁ。
不安なことはたくさんあったし、今だってあるのにね。

泣くことがカタルシスになって、スッキリ出来ることもあるよなぁと思うし
映画見たりして泣いたりはするんだけどね?

不安が不安を呼ぶのがイヤなだけなのかもしれないなぁ。
友達には「意外とメンタル弱いから、ストレスには注意」と言われてます。
今朝もボスに仕事を急かされてる夢を見て、お昼寝でもその続きを見たよ(=ω=。)

なんか今日はとりとめなく、ブツブツ言ってみました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 気持ち

△top

やっと会えた〜 

 


今日はハーセプチン術後3回目。
採血はなし。
診察してハーセプチンするだけなんだけど
主治医の外来が最近「大変」ギュウギュウに混んでまして
2時間待ちは当たり前。予約から2時間は待つってのが折り込み済み。

そんな受診日でも今日は楽しみなことがひとつ。
ブログを見て「同じ主治医じゃ?」と見つけて下さったさわさんと
やっとお会いできるかも〜o(^▽^)o

さわさんは朝一、でっちは11持の予約だったから会えるかなぁと心配だったんだけど
さわさんは診察が終わって、待っててくれました。
こんないでたちで行きますという連絡もしないで
外来の一角にいる「さわさんかな〜」という人をジーーーーーっと見てたら
「もしかして・・・」と声をかけてくださいました。わぁぁぁ。

その後さわさんの貴重な午前中をおしゃべりに使わせてもらいました。
しゃべりはじめたら色々とつきないものですねー。
楽しかったなぁ。とってもお話しやすくて優しい方でした^^
さわさんありがとうございました。またご一緒しましょうね。

その後まだまだ待つ身のでっちは、ちゃんと暇つぶしグッズを持って行ってます。
さーて冒険しようーとゲームを取りだし、今から行く場所に備えて転職したところで
スタッフCさんが「あ!」と声を掛けてくる。
そんで結局30分くらい体調のことなんかも含めていろいろと話をしてるうちに
お熱と血圧はかりますねーと他の看護師さんに呼ばれて
そうこうしているうちに、診察になりました。・・・冒険にでれなかった(´・ω・`)

しかし今日はCさんと話したことで収穫があったので
主治医のとこにいっていろいろ聞こうと思ってたことが
Cさんのとこでだいたい片付いた。うーむ、持つべきものは優秀なスタッフ。

3週後は乳腺外科の診察に内科の先生が合わせて予約を入れてくれたのに
主:「ゴメン、学会行くっていってなかったっけ?」・・・しらんわー!
  「他の先生に頼んでもイイ?別の日にする?」
で:「私は粛々と治療をするだけだから、学会行ってきてくだせえ」
主:「薬は今日まとめて出しとこうか?」
で:「どっちでもいいけど」
主:「ハーセプチンだけお願いしますみたいにしとくね〜」
で:「リョーカイ。あ、マグミット多めとリスミーもプリーズ」
主:「3週間分出しとけば、次の次までもつよね?あれ、そうだよね、分かんなくなってきた」
で:「お、おちついてー」

結果、トラネキサム酸とかもまた処方してもらってたよ。まぁいいや。
その後ハーセプチンは滞りなく終了。寒気なし。
終わると大学の時の先生が下で待っててくれて、おしゃべりして帰りました。

それにしても足の冷えを実感するわー。
今日なんてケモ室にフワモコ靴下を持ち込みしたけど
外来ですでに冷え冷え。もう冷房がついてるから気をつけなくちゃ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 術後:ハーセプチン

△top

ケモ後、術後のあれこれ 

 

1/30が最後のケモ。
ケモ後4ヶ月になったし、
3/12に手術して3/27に退院してから2ヶ月たったので
体調を振り返ってみます。

1.ケモの副作用

痺れ
手指の第1関節までのしびれあり。
程度は軽減している。
疲労が強い時に増強。
日常生活でほとんど気にならなくなった。

浮腫み
体重は-3kgで水分はひけたと思う。
肥えてるのは元々の分(´・ω・`)


爪の痛みもごくごく先端のみに。
爪は割れやすく、薄いし二枚爪になりやすい。
凸凹は上1/3くらいになった。

関節痛
あり。でも2週間前くらいから痛み止めがすごく減った。
週1回使うくらい。だいたい湿布でどうにかなってる。
まだ立ち上がる時のヨボヨボのイタイタは変わらない。
手の関節は同じ状態にしてるとこわばって痛いので
ちょいちょい動かす。


2.術後の体

リンパ節郭清をした腕は、退院前から腋窩が超痛くなったので
しばらくリハビリなんてちょっとしかできないや的な状態。
ちょっと伸ばしただけでもピキッと痛くなり横に腕を伸ばす位しか出来なかった。
痛い時はそれ以上無理にやらなくていいと言われていたから
すぐ楽な方に流れるでっちは、大して腕も動かさず過ごす。
退院後1ヶ月あたりから徐々に動かし始めて、今はこのとおり。
腕伸ばし2
痛みもないよ(^-^) お見苦しい姿ですみません(´・∀・)

腋窩の違和感はまだある〜。
何か挟まった感じが強い時は疲れてる時かな?
左胸全体の感覚は引き続きなし。
だからエキスパンダーに水いれる時の注射も全く痛みなし。

髪はスカスカしてたのがなくなったかな?
でもまだ正司敏江さま(´-ω-`)ぶふぉ!いえ、いいんです。

相変わらず2日がんばると3日目はポンコツ。
ポンコツからの回復が、ケモ中よりも早くなった。
帰り道、今日はヤバイと思いつつも何とかゆっくりながら
歩いて帰れるのはけっこう違うかな〜と思います。
ケモ中は短距離でもタクシーちょこちょこ乗ってたからなぁ。
あんなにハーハーしていた息切れも、普通に歩いている状態ではなくなりました。
なんだったんだ、あれはいったい。

シミ対策で飲んでいたトラネキサム酸は3ヶ月使用して
とりあえず一旦中止。
シミっぽいのはあるけど「ぎょぎょ!」じゃない程度〜。

以上現場よりでっちがお送りしました(´∀`)ノシ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 退院後2ヶ月まで

△top