でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

日替わり的なニクいヤツ 

 

外にも行けず、ヒマにまかせて更新。
解熱したから痛みもコントロール出来て
今日はとってもいい感じ・・・
といいたいとこだけど、味覚障害!
私をクサクサさせるやつ。
こいつがはりきっている。
なにもかもまずくて苦・甘い!

味覚障害はFECからずぅっとあって
味覚障害がなくなったってことが1回もないので
本当につまらない。
その中でもマシな時期っていうのがあったけど
それはやっぱり休薬してる時だった。

でも、FECの時の味覚障害とドセタキセルの味覚障害って
なんかちょっと違うんだよねー。
FECの時はどばーーーっとひどくなる時があって
その時はもう口の中がおかしすぎて凹むくらい。
何か食べて口の中を爽やかに、心地よくしたい
口の中の金属感はFECの方が強かったな〜と思う。

ドセタキセルはなんていうか日替わりで違う。
今日は甘くて、次の日は苦くて、その次はマシで・・・みたいな。
FECの時の方が、口の中はつらかったかな〜。今のところ。
なんとなく舌ベロがビリビリすることがある気がする。

味覚障害に関しては、亜鉛を補うといいとかいわれてて
私も主治医からサプリメントでとってもいいよとは言われた。
でもなんか内服してる薬が多いから飲む気にならないんだよね。
一応、気休めかもしれないけどビタミンB12は処方してもらってます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 味覚障害

△top

かならず出るんだよねぇ 

 

本日ハーセプチン+タキソテール2クール目、投与後11日目。

昨日は朝目が覚めた瞬間から「体いたっ!」と痛くて
アサイチでロキソニンを飲んだんだけど、
これがなんだか効きが悪くて〜。
お昼頃、レスキューでカロナールを投入したけど
これもなんだか効きが悪くて〜。
今日は痛いなぁと思ってたら、夕方寒気出現。
ぴゅーーーっとお熱が上昇して、はい、38℃。
シプロキサン内服開始です。

でっちは、FECの1回目から毎回発熱してます。
FECは2週間くらいが骨髄抑制のピークと言われていて
12〜14日目に必ず熱が出て、38℃以上で内服開始するよう言われている
シプロキサンを飲みました。

タキソテールは1週間くらいでピークがくると言われて
1クール目では8日目に発熱。
今回の2クール目では10日目に発熱。
FEC4クール目を除けば、2日くらいで解熱します。

何がいやかって、シプロキサンを治療の度に
1週間分きっちり飲まなくちゃいけないこと。
だから今回は「熱でないかも〜♪」ってちょっと期待してたんだけどなぁ。
今日は30日。帰省ラッシュも始まってるし
きっとデパ地下も賑わってるんだろうな〜。

だんだん手術のことを具体的に考え始めてます。
でっちの原発巣は、青部分にあるので

ケモで縮小して例えなくなっても、温存ではなく全摘+再建をすすめると
治療前から主治医に言われています。
(温存だと変形が激しいため)
リンパ節転移もあるし、全摘で全然いいんだけど
同時再建にする場合の再建方法とか、全摘の方法について
一応どんなものがあるのかお勉強しておかないと
急にその話になった時に困るかなと思いまして。
そんで、毎度のことながら調べれば調べるほど混迷してます。
治療計画がたった時に、温存でなければ放射線はしないって言われたけど
全摘でも放射線してる人もいるよね。
病理の結果で、そういうのが決まるのかしら?
そうだとしたら、あわてて同時再建なんてしない方がいいのかなとか
だんだん分かんなくなってくる。
再建方法で入院期間も違うし・・・インプラントで2週間、自家再建で4週間!!
でも肝臓さんが長時間のオペに耐えられなければ出来ないし
全てはケモが終わってからの体調とか治療評価によるし、
主治医とよく相談するべきことなんだけど、先にいろいろ調べてると
迷いがいろいろと生じるもんですなぁ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

category: 術前化学療法:ハーセプチン・タキソテール

△top

ドンとこい・・・とまでは言えないけど、やってやるぜ! 

 

あー、昨日はちょっと弱音吐いちゃったわ。
たまにはいっか。
たまにネガティブ戦士が現れて、切られるのよ。
でもこれもね、このネガティブ戦士って
薬のせいだと思うのよ!副作用ね、これも。
油断ならぬ、抗がん剤とそれにまつわる薬たち・・・(。-`ω´-)
でも、まぁ、病気だからクサクサする時もあるし
あんまりきれいにまとめようとしないで
その時の気持ちをダラダラ記そうと思います。
そして、なんで今日はポジティブでっちになっているかっていうと
昨日の夜中、落ち着いてきちんと調べたら、抗がん剤のことが腑に落ちたんです。
な〜んだ、そうだったのかぁって分かってさ・・・
(実はいつもは調べ始めるとあっちこっち気が散って、ちゃんと出来てなかった)

さてさて、タキソテール投与から9日目。
昨日から痛みが強くって、痛み止めが効いてくるまで
「いてぇいてぇ!!」と気を紛らわせるために叫ぶことにしました。
内科の先生から
「肝機能のためになるべくカロナールメインでね♪」って言われてたけど
む、無理・・・!
痛み始めた初日はカロナール先生を500mgどーんで効いてたんだけど。
助けて、ロキソニン先生!ってなわけで今日はさっさとロキソニン。
まぁ効いてくるまでは「いたーい」と叫んでるわけですが、
痛い間は起き上がっても、おばーさんのような動きしか出来ないのに
効いてきた途端スキップできちゃうなんて、人間て現金よね。
でっちが痛みに弱いのかしら??

今回タキソテールの量を少し減らしてもらってる。
次の治療を100%に戻すか、減量したままやるか
肝臓さんにも聞かないといけないけど
主治医と相談しなくちゃだなぁー。
減量したまま一回増やすっていう手もあるな。
これは年明けに相談だ。

化学療法で辛い日が続くと
「明日が見えない〜」ってなって
何のためにやってるのか分からなくなっちゃうことアルけど
なんもかんも、自分の中にいる悪い細胞をやっつけるためだったYO!
こんなことを忘れちゃうなんて、ケモブレインおそるべし(  ̄▽ ̄)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

category: ケモに関する症状のこと

△top

ゆらゆらする気持ち 

 

患者にならないと分からないことは多い。
抗がん剤の副作用だって、
吐き気がないから楽に出来るわけじゃない。
吐き気がないから、外来で出来るからって
治療自体が楽になったわけではないのにね。
そういう意味で、今までの反省は多いです。

病気になって弱音も吐きたいけど、案外思うようには吐けない。
だからせめてグチグチしたくて、
初めは猫ブログに一緒に書いてたんだけど
そうすると思ったとおりにグチグチできない。
そんなわけで、別ブログにしてみましたが
経緯をまとめたりしてると、妙に冷静になる自分。

でも本当は、今痛いとか苦しいとかつらいとかもうがんばれないとか
先が見えないとか何も出来ないとか何の役にもたってないとか
このままよくならないんじゃないかとか再発するのかなとか
具合の悪いときに思い浮かぶ考えとか不安を書こうと思ってたんだよね。
まぁ、読む方は困っちゃうよね。
でも理屈で折り合いのつかない気持ちの揺れが多いのは事実です。
ただでさえ、体もしんどいのに、
それは病気と闘わないといけないから
頑張らないといけない。
周りの人を心配させたくないから
辛くても「大丈夫〜」って頑張らなくっちゃって時もある。
これをグダグダ聞いてくれる人もいるんですけどね。
いつも悪いなぁってあとで思う。
だから八つ当たり的にこのブログに書こうと思ってたんだ・・・
けどそういう時も今後あると思うんだ〜。
こ、こいつ荒れてる!みたいな時ね。
そんな時があっても、どうかおゆるしを。

デカドロン終了後、きっちり体の痛みが出ております。
うまくコントロール出来るときもあれば、出来ないときもあり。
でも前回の痛みよりはだいぶマシ。ウンウンうずくまらなくても済むもん。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

category: 気持ち

△top

実はあんまわかってない 

 

ごきげんよう、メリークリスマスです。(´∀`)ノシ

きっと今日はあちこち賑やかに混んでるんでしょうね〜。
私はデカドロンが昨日の夜で終わったから、今日は大人しくしてます♪

ぶうぶう言いながらも8月1日からやってきた化学療法。
受診して、検査して、結果が出そろって、さてどう治療するか?
って段階になった時に一通り説明された。

私の場合は、ここ記したようにすべて陽性。
だから治療はフルコースです!ってことで
ホルモン療法、化学療法+分子標的薬、手術全部必要ねということだった。
ぎょえ〜、化学療法やるのかとそれが1番いやだったけどとにかく持ち帰る。
分からないことがいろいろとあったので、勉強しなくちゃ。
大体分子標的薬ってなによ〜、聞いたことないわぁ。

まぁ標準治療ってのがあるわけで、だいたい事情が分かったところで
なんで「術前のケモ」なのか?!ってのが分からない。これは聞かなければ。
次の受診の日に、仕事の関係もあって先に手術じゃだめなの?と聞いてみた。
先生はどっちじゃないといけない訳ではないけど、
リンパ節転移がなければ先に手術でもいいよとのこと。
ちょうどMRIで気になるところがあったから、今から細胞診(針生検)をしよう!と急遽実施。
局麻なしでギャーギャーいったやつね(おそろしかった〜)。

それは先生によると「センチネルリンパ節生検」だったようじゃ。
結果、そこが「クロ」だったので、先に化学療法ということになりました。
後半の仕事をセーブしないとな〜とかグズグズしてたんだけど
思いきって大方の仕事を断っておいて本当によかった。

だけど同じステージでタイプが似ててもリンパ節転移があっても
手術→術後の治療の人もいるから、なにがどうなって決められてるんだろ〜って
いつも不思議だったのよね。
まぁ医者の好みとかそこのお作法もあるものね・・・
一応自分はここの法則に従って術前ケモなんだな〜って思ってマス。
忘れてなければ次に行った時に聞いてみよう。
案外こういうこと聞くの忘れちゃう。副作用の症状の説明をグダグダしてるから。
・・・ん?ってことは、リンパ節郭清は確実にするのか(屮゜Д゜)屮
浮腫予防のマッサージとかいろいろ調べとかなくちゃ〜!

この病気って勉強することがたくさんあるよね(´・ω・`)
ケモのメニューもたくさんあるメニューの中から
どうしてこれなのかってのは先生に聞かなかったな。
なんか、頭追いつかないから、これは調べないけど・・・(。-∀-)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

みなさんと情報・気持ちの共有ができるととってもうれしいです(´∀`)
お気軽にのぞいて声をかけてくださいーい。




category: 気持ち

△top

ハーセプチン+タキソテール2クール目 当日 

 


肝機能は内科の先生の監視のもと
化学療法は出来るよということで
先週は「えーーー?!」とやる気なくてやらなかったんですが
今週はやる気を養ってきたので、2回目実施してきました。

2012_12_19_13_02_10_2.jpg
気を紛らわすグッズもスタンバイ


前回のケモから6週間あけていたので
体はなかなか元気です。
あんなに苦しかった息切れも落ち着いてきてたし
体の痛みもほとんどなくなったし。
こういう状態で気力がでてくるのよね〜。
怠くて次の治療に突入した時は不安でいっぱいだったもの。

すごく久しぶりに行ったので、治療室のスタッフの人たちから
ひさしぶりだよねーとお言葉。

う、うん。肝機能が悪くなったりしてたから・・・
あっ先週も出来たんだけど、先週は気力がなくて・・・
今日も先生がどーする?って聞いてくれたんだけど、今日は来たヨ!

という話をしてたら「どーする?っていう選択肢があるんだ」と言われた。
しかも今日は先週から「タキソテールの量減らして」と懇願してたから
減らしてもらったし・・・
オラはFECの経験から、辛いときに無理して治療したくない。
主治医の先生はFECの時から、決して無理強いはしなかったし
術前のメニューとしてケモはした方がいいけど
オラのやれる時にやるというのを尊重してくれてる。
だから「絶対にもうやらないっ」という態度で逃亡しないでいられる〜。

とにかく今日はやりました!
2012_12_19_13_23_55_22.jpg
今日は手背で

看護師さんと前回の副作用のあれこれを話していたので
前回よりも時間が経つのも早かった気がする。
看護師さんと話するまで、メールで付き合ってくれてた友達は
急にメールに反応しなくなったので「あ、この人寝たよ!」と言ってた(。-∀-)

当日の症状としては、点滴中まであった頚部〜肩の筋肉痛が軽減してること。
あと・・・お昼抜きで受診していたから、夕飯をモリモリ食べました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



category: 投与日

△top

浮腫・・・なの? 

 

タキソテールをやる前に
タキソテールでは浮腫が出ることがあるから
毎日決まった時間に体重を測るようにと言われた。
あんまり体重計にのるの好きじゃないけど
毎朝起きてすぐに測るようにした。

体重は、わりと変化した。

ステロイド期間はむしろ少し減少。
その後10日で2kg増加。
確かに手もちょっとこわばってるしお水が溜まってきてるのかな。
でもそこから浮腫が強くなるわけでもなく
自覚があるのは手指のこわばりくらい。

オラは恐怖した。

こっ、これは、浮腫んだんではなく
肥えたのではないか?!
ステロイドでモグモグと食べているうちに
肥えて・・・浮腫んでいたんではないか(´゜д゜`)

ありうる。
なくはない。

いかんいかん、コレ以上肥えては!
息切れもおさまってきたし、
どうせいつもよりもおいしさを感じないんだから
今こそ減らさなければあぁぁ。

どんなに調子が悪くても
FEC1回目から、今まで
ご飯が食べれなかったことがありません(´・ω・`)
でも運動量だけは、限りなく0に近くなりました(´・ω・`)
摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えたら・・・
絶対に肥えるやんか!

・・・・・・。
えーと。
とにかく、増えた分は減らそう・・・(´-ω-`)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



category: むくみ

△top

治療するしない 

 

今日も受診。
肝機能に関しては、先週から1週間お薬が出てて
血液データ的にはGOTは改善してきた。
といってもまだまだ数値は高いんだけど。
肝臓の方は内科の先生にも継続して見てもらうことに。
主治医が増えました(〃ω〃)

それでなんと化学療法ができるけどどーする?って先生が言うの。
オラ、先週「もしかしたらケモは中断してオペが早まることもあるかも」って
言われてから気持ち的には「も〜ケモは終わり」になってたから
「なぬー?!やっぱケモやるの?」という状態。
全然やるつもりで来てないし〜、心の準備も実質的な準備もしてないし〜
…というわけで、治療は来週へ持ち越し。

あーん、またあの痛みと闘うのか、
また味覚障害も強くなるのか…といろいろと考えると気が重い。
来週までに気持ち切り替えないと(`・Д・´+)o


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

category: ケモに関する症状のこと

△top

FEC4クール目の副作用と辛かった日々 

 

これまでの3クールは、投与日から4日間はステロイドや吐き気止めの内服があって
味覚障害やちょっとムカムカする時はあっても、それほど辛い症状はなかった。
だけど4クール目は3クール目の倦怠感をひきずっているので、点滴直後から寝たきり状態をほぼ維持…。
動けないわけではないけど怠くて、何もやる気が起こらない。
ステロイドが終わると、筋肉痛が出現。これがいつもよりも強くかなり辛い。
それが良くならないうちに、発熱。熱がいつも通りに下がらずに上がったり下がったりで
かなり体力を消耗。
このまま体調が悪くなる一方で、もう良くならないんじゃないかという不安がつきまとう。
悪いものを小さくして手術するって予定だったけど、手術まで自分は持つのかというネガティブな考え。
毎日毎日、今日は良くなるかと思いながら、ただ時間をやり過ごすだけの日々。
次の治療予定日は微熱・倦怠感が続いていて治療は中止。
この2日後くらいから少しずつ回復傾向になり、11/7にタキソテール実施となる。


【味覚障害】
点滴直後から味覚障害が強くて、何を食べても何を飲んでも口がまずくてウツウツする。
歯がヌルヌルした金属の味がする膜で覆われている感じ。
それまで食べられていたうどんも何だか急に食べられなくなる。
さっぱりした和食系が食べたい。そのうちお粥ばかり食べたくなる。


【筋肉痛・関節痛】
背中のバリバリした筋肉痛とひどい肩こりのような筋肉痛。そして寝違えたような首の痛み。
これだけではなく、高熱で超痛い時の体の痛みがあって身の置き所がない。
でも初めは熱は出ていなかった。
だからこれが筋肉痛・関節痛なんだと気がつくまでに時間がかかっちゃった。
そのうちあまりにも痛いので、痛み止めを使用開始。
今思えばもっとちゃんとコントロールすればよかった。
痛みに耐えかねる時にのみ使用という方法は、持続する痛みには向かない。
この後発熱が続いている間、痛みはずっと続く。
いつどの位痛いのかを記録するために、痛みレベルを1−10の数値で表してつけていた。


【発熱・倦怠感】
いつもよりも2〜3日早く38℃以上の発熱。シプロキサン(抗生剤)開始と共に鎮痛解熱薬を
アセトアミノフェンにチェンジしなければならない。
1回2錠内服しているのだけど、効き方がなんともジワジワしか効いてこないので
その時間、熱と痛みでとてもつらい。なにも出来ず、寝てウンウンいっているだけ。
そのうち少し効いてくると、発汗がはじまりある程度汗が出るまでお布団にくるまってる。
なかなか熱がおさまらないので、薬がきれると熱が上昇→薬飲む→発汗を繰り返しかなり消耗。
何日も続くと、もう具合の悪いのにも飽きたわ!
熱が出るのも、汗が出るのも飽きたわ!…となってくる。
熱に対する耐性も低くなっているのか、微熱でももうとってもつらい。
36.8℃くらいでも全く楽にならない。倦怠感も痛みも。
辛すぎるので、予約外だけど受診したいと病院に連絡。
とても混んでいる日のようだったけど、遅くなってもいいからと受診することにする。
15時頃病院に行くと本当に混んでいた。到着してすぐ処置室で寝かせてもらって待つ。
私は寝かせてもらっていたから苦ではなかったけど(家でも同じことだから)
なんと1番最後に診てもらって終わったら21時前だった。先生も大変だぁ。
採血したけどFEC4回目からちょうど2週間のデータ。白血球も900しかなくて怠いはずだよ…
口の金属感は肝からきてるかも…とお薬も出て、いろいろと話も出来て時間はかかったけど
この日受診してとてもよかった。
看護師さんにもぶちぶち話聞いてもらってとてもお世話になった。
回を重ねる毎に体調が悪くなっていったのは、
FECの蓄積ともしかしたら私にとってちょっと量が多かったのかもと。
次のお薬は100%で大変そうだったら、減らしてやっていこうということになった。
筋肉痛もFECの副作用としてはあまりないと言われているけど
「出ないわけじゃないよ」と言われただけで安心。
化学療法中は微熱も出るけど、きっともうすぐ下がってくるよと言ってもらった。
そしたら受診した2日後に、熱の上昇が止まりつつあることを実感。
痛みはまだ続いていたけど、身の置き所がないような痛みも軽減してくる。
解熱してきて気がついたのは、ホットフラッシュの症状が時々あること。

FECの倦怠感は一言で表すと、どーんという重たさが体の背面にあって、
横たわらずにはいられない感じ。起き上がって座っているのもしんどくて寝たい。
タキソテールでは痛みがもっと強かったけど、横たわってる期間はずっと短かった。



この4クール目は、寝たきりで過ごした1ヶ月だった。
この頃から息切れも出現して、タキソテール後息切れが甚だしくなったけど
今はだいぶ落ち着いてきた。
体調がすぐれないので、精神的にもすぐれなくって、
いろんな人に心配をかけながら支えてもらいました。
でも、ホントにこのまま具合がよくならないんじゃないかと思ってました。
そして、この治療を乗り越えてるなんて、みんなすごいなすごすぎるな〜と。
くじけそうな気持ちを抱えながら、自分は乗り越えられるのかしらといつも思ってました。


*前回と同様振り返り記事なので、コメント欄は閉じますね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


category: 術前化学療法:FEC

tb: --   cm: --

△top

FEC4クール目当日 

 

FEC3クール目はけっこう無理をしたので
10月に入ってすぐ4クール目をするつもりだったのに
受診日になっても体が重怠くて、全然疲れが抜けてなくて
気持ちもポジティブにならなくて受診するのも億劫だった。
こんな状態でケモなんてできない…と朝からウツウツ。
結局病院に電話して、こんな状地で行った方がいいのか行かない方がいいのか…と相談。
来るのがしんどくなかったら来て診察してみましょうとのことで怠いながらも病院へ。
椅子に座ってるのもしんどくて長椅子でゴロゴロしながら待つ。
血液データ的には治療出来るけど「今日はやりたくない気持ち」と主治医に訴える。
いいよいいよ無理せずにやろうとあっさり受け容れられる。
この時とても気持ちが救われた。
自分の体の声に従って、無理せずにやっていけばいいんだ。
そして1週間まじめにゴロゴロして、回復してきたなというところで
10月10日に4クール目を行った。

術前の化学療法4回目は折り返し地点。
だからとっととやってしまいたかった。
でも治療室に行くと、いつもよりも嗅覚が刺激されたり
点滴が始まるまで準備に時間がかかってる間
「今日は気持ち悪くなるかも」とかろくでもないことしか考えず。
今までの3回は点滴中に気分が悪くなるなんてことはなかった。
もう4回目なんだから「大丈夫!」と自信をもってもいいはずなのに。
一応ろくなこと考えてないことは、その時に看護師さんに伝えて開始します。
はーいってサラッとクールに流されるんだけど、
そのクールな感じがかえっていいのかなと思う。
そうなの?気持ち悪いかもしれないの?大丈夫?…なんて言われたら
本当にそうなっちゃうかもだものね。
3クール目の後は、投与して数日後から少しムカムカしてたけど
それ以上の症状はなかったし…。
始まってしまえばいつも通り特に心配なことは起こらずに終了。
点滴中、ずっとにおいは気になったけど…。
結局、4回とも点滴中グーグー寝ちゃうような、リラックスした状態で受けれなかったなぁ。
気持ち悪くなりませんように…と血管いたーいということに
何とか気を紛らわせようとしていたように思う。
点滴が終わってから、薬局で処方薬をもらって帰宅しました。


そしてその後本当にしんどくてきつい日々が始まったのです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

category: 術前化学療法:FEC

tb: --   cm: --

△top

無理しない 

 

今日は受診。
実は今日ちょっと肝機能が良くなってても
治療したくないな〜と思ってた。
なんでかっていうと、やっぱりちょっと痛みがあったり
口の中の不快感も強いし、いろいろと気が乗らない材料があって。
しかしどっこい、この不調はひょっとして肝機能から?という状態。
そう思えば副作用が落ち着いてきたかと思った矢先に出てきた症状にも
何となく合点がいくところがあるんだけど。

肝機能は1週間経っても変わらず。
肝臓大事なので、今は肝臓の機能が回復するのを待ちます。
今回はお薬もでましたー。

肝機能障害の症状で
・疲れやすい
・食後眠くなる
・胃部膨満感
・便秘
・肩こり・首こり、特に右がこる
・暑さ寒さに弱い
・記憶力低下
・取り越し苦労をする
っていうのがあって、いくつか思い当たるんだけど
その中でも「取り越し苦労をする」っていうのはあるある!と思って
病院でもその部分だけ強調しておきました(。-∀-)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

category: ケモに関する症状のこと

△top

ハーセプチン+タキソテール1クール目と副作用まとめ 

 

本当は1回目と2回目とまとめて書こうと思ってたんだけど
2回目が延期なので、先に1回目を。

10/31にやる予定だったけど、FECのダメージが抜けず延期。
11/7に受診し実施した。
朝10時にまず心エコー。その後採血。
診察の前にブレストセンターでFECの評価のためにエコー。
診察室に呼ばれて今日血液データも心機能も問題ないけどやれる?と聞かれる。
はーいやります、でも副作用がこわいと話す。
今日は100%でやって、2回目以降どうするか症状みながら決めようとのこと。
あーん、それじゃまたつらい日々かもしれないんだよね(´・ω・`)
こわいな〜、こわいな〜を連発。
そんで今回は点滴の1本目にアロキシ入らないし、イメンドも処方なしっていうじゃない。
吐き気はFECみたいにないと思うよ〜とのこと。そう?信じるわ…。
あ、それからFECの評価だけど、0.5cmまで小さくなったし薄くなった。
腋窩リンパ節のはエコー上では見えなくなったよとうれしい結果。
は〜、かなりダメージを受けたけど悪い細胞もやっつけられたんだなぁ。辛かったけど…。
治療室に行く前に、看護師さんから今回のハーセプチンとタキソテールの説明を受ける。
こんな直前に副作用のこといろいろ聞くと、こわいんですけど!と思いながら治療室へ。

こんにちは〜と入室して、ベッドにするかチェアーにするか聞かれて
今日は長そうだからベッドで!とお願いする。寝ちゃえばいいんだと思ったの。
相変わらず血管見にくくてすみません状態。
も〜、CVポートを作ってもらいたいのにぃ。
でもいつもちゃんと入れてもらえるから、本当にありがたや。
治療室のスタッフからも「今日から新しいお薬だから」といろいろと説明される。
1本目はステロイド入りのもの。
2本目がハーセプチン。
3本目がタキソテール。
4本目が流しの生食。

ハーセプチンも半分くらいまで進んだところで、熱っぽくもならないし
音楽聞きながらウトウトしようかな〜と思ってた時に、向かいで点滴をしていた人が
コンコン咳をしはじめ、急にバタバタと人が集まってきた。
『なぬー!呼吸困難っぽい。ショックか?なにか?』
点滴を交換したり、酸素流したり、モニター装着したり、救急カートが出てきたり。
幸い患者さんは早いうちに呼吸苦の症状もおさまって大事には至らなかったよう。
こっちはこの後「アレルギー症状がでるかも」と言われてるタキソテール。
だからガクブルで怖くてチラチラしか見れなかった。…ちょっとは見たけど。
結局オラはタキソテールになってから、もう緊張して寝るどころじゃなかった。
考えないようにしようと思って、音楽に集中しようと思ったり、持ってきた本に集中しようと思うんだけど
全部集中できなくって困ったな〜。もービクビクした。
まぁ、結果的にはつつがなく終わりました(´・ω・`)

副作用は以下でした。

【嘔気嘔吐】
あんまりないよ!と言われてたけど
翌日から妙にゲップが出るし、嘔吐反射は出ないけど
のど元まで胃から物が出てきてる感じ。そして胸やけ。
消化器症状でてるやんか〜!
胸やけしてても食べてたけどね(´・ω・`)
それが5〜6日続いて、一旦症状がなくなったんだけど
3週目に入ってまた出現。かーっとした胸やけはないんだけど
これって気持ち悪いってことだよなぁ…

【筋肉痛・関節痛】
ステロイド内服中は、FEC4クール目からあったつらい筋肉痛がピタリと消えて
とってもいい感じだったんだけど、ステロイドが終わってからきました痛みたち。
「頚部〜背中のバリバリした筋肉痛+高熱時の体の痛み」
これが本当に痛くて、痛み止めでなかなかコントロールできず苦しかったなぁ。
2週間程度で徐々に軽減した。

【浮腫】
体重は毎日測ってたけど、浮腫んだのか肥えたのかがよく分かんない(´・ω・`)
一時期手指のこわばりがあったけど、今は軽減した。

【歯肉炎】
10日目頃から親知らず周囲の歯肉炎あり。
その後それが落ち着いたら、歯の知覚過敏が出現。

【発熱】
投与1週間後に38℃以上の発熱あり。
この発熱時は、体の痛みも増強してホントにつらかった。
薬が効いてくるまで、ウンウン唸ってた。

【味覚障害】
日によってかなり変動があった。
でもFECの最悪な状態よりはマシかも。
でもおいしい!っていう日もなかった。
塩が分からない日と、苦みが残る日が多かった。


今は4週目に突入したわけですが
なんか4週目に入って、ムカムカが出てきたり
体に発疹・痒みが出たり…これがジワジワくるタキソテールの
副作用ってやつかぁと実感中。
FECとちがうところは、ドーーンとくる倦怠感がなかったことか。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

category: タキソテール副作用まとめ

△top