でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

アクセス解析で見えたもの 

 

FC2のアクセス解析で、このサイトに辿り着いた
検索キーワードを時々見てみます。

多いのは「ドセタキセル(タキソテール) 副作用」
「FEC 副作用」よりも断然多いです。
ドセタキセルをやってる方が多いのかなと思ってます。
検索キーワード
そうだよね、辛いよね。
細かい症状が、副作用なのか、また別のものなのか
それだけでも知りたいんだよね。
私のこの記録が、そうやって辿り着いてくれた方のお役にたっているといいなぁ。


そこで毎日体調を記録するノートを読み返してみました。
それで見えてきた、私を苦しめたケモの一番メインの症状は以下です!



①筋肉痛
これはFECでもドセタキセルでも出ました。
はじめは背中の肩甲骨の間辺りの痛みが出て、全身の痛みに変化。
何回もここに表現してるけど、高熱が出たときに全身が痛くなる
あの感じの超痛いバージョンが数日続きます。
痛み止めを使わなければ、私は耐えられなかったな。
我慢すればよくなるものでもないので、割りきって使ってました。
ここで痛みをうまくコントロール出来るかできないかで、
随分この時期を乗りきるのに差が出たと思います。




②骨髄抑制による発熱
毎回出ました。
ドセタキセルの最後だけ出なかっただけかな?
FECの時はきっちり2週間前後、ドセタキセルでは1週間前後。
必ず38℃以上になったので、毎回シプロキサンの内服を1週間しました。
この熱がなかなか下がらない時期があって、これがとてもつらかった。
熱上がる→薬で下げる→熱上がる→薬で下げる・・・
「も〜、熱の上がり下がりにも飽きたわ!」って毒づいてたな〜。
消耗するんですよ。このアップダウン。

骨髄抑制の時期に合わせて出るんだけど
だからといって「わざわざ下がる頃に採血したりはしない」というのが
主治医の方針なので、採血はいつもケモの当日のみ。

1回だけ、もう本当にすごく体調が悪くて行ってもどうしようもないけど
どうしても辛くて受診した時、骨髄抑制がピークの時期に採血しました。
すごくWBCは低かったです。でも自然に回復するからと、特に薬も使いませんでした。
いつ終わるのか分からなかった、発熱ループ。
主治医に「もうそろそろ熱も下がると思うよ」と言われた3日後に下がってきた( ゜д゜)
翌週、ちゃんとWBCも5000台に戻ってて、人間てすげ〜な〜と思った次第。

*この頃の熱ループには、【今にして思えば】ホットフラッシュが1枚噛んでいたんでは?!と思ってます。


③いわずとしれた味覚障害
これはカテゴリにも「味覚障害」を立てているくらい私にとってはいやーな副作用だった。
私は元々食べることが楽しみな人でした。
なにかっていうと、これやったゴホウビと称しておいしいものを食べる。
抗がん剤のゴホウビにおいしいもの!という戦略がとれなくなったんです。

何を食べてもマズイ。(私の気持ちをクサクサさせました)
そのまずいには、「味がしない」というのと「変な味になる」というものがあって
どっちにしても食べたもの、飲んだものがまずい。
そしてその不快感がいつまでも口の中に残るのが、もっともいやでした。
金属感はFECでもドセタキセルでもあったんだけど、程度はFEC>>>ドセタキセル。
歯を磨いたって、うがいしたって、何を飲んでも、何を食べても
居座っていたなぁ〜。ほんと、よく半年間もまずい口で過ごしてたなぁ。

何かを「食べられるけど食べるのを我慢する」のと
ケモで「食べたいけど、何を食べてもまずくて食べられない」のは全くちがう!

味覚障害の時ってすごく味を欲するから、味の濃いものを食べたくなるんだけど
食べるともう想像していた味が入ってこないから、余計にダメージがあるんですよね。
うすーーい味のほとんどないものの方が、おいしいような気がしました。

今はほとんど元に戻ってきてます^^




④倦怠感と附随するウツウツ感
これはなんとも言えないですよね。
普通の疲労感とはまた全く違うんだもの・・・
グッタリの100乗。寝ても回復しない体の怠さ、重さ。
まぁ、これに他のたくさんの症状がくっついてきてるから
これだけ抜きとってもちょっと説明しがたいけど・・・
一番状態が悪かった時は、もう起きていられないんですよね。
体が背中が床に貼り付きたいって言う感じ。
常に寝た状態で過ごしてました。
寝たきりだったのは約2ヶ月かな?もちろん何も出来ないよ。

この何も出来ないっていうのが、すごくウツウツさせた
何かやれば一日過ごすのにも気が紛れるのに
何にも出来ないんです。やる気も起こらない。
ゲームでもやればとよく言われたけど、全然ゲームもやる気になれない。
本もマンガも読めない。ただテレビつけて、どうってことない番組を流すだけ・・・
パソコンもほとんど開けなかった。

体が何ともしんどくてどうにもならない時に、気持ちも低下しますね。
もちろんこの気持ちをダウンさせるっていうのも、抗がん剤の副作用だと思うけど
「このままよくならずに、手術もできずに死んじゃうのかなーぁ」と
我ながら考えていた時期でした。
本当に、ケモをやりきることなんて、もう無理で私には出来ない・・・と弱気になってた。

それでもすこーしずつそこから抜けてから、このブログを書き始めることが出来ました。


ここまでたどりつけたのは、本当に多くの方の支援あってこそです。
同じ様に病気と闘っている皆様。
ずっと陰ながら応援してくれている猫ブログのお友達。
他にも多方面の皆様に深く深く感謝申し上げます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ


スポンサーサイト

category: タキソテール副作用まとめ

△top

タキソテール副作用まとめ 

 

だる〜いとか、顔まる〜いとか、むくんでる〜とか
体いた〜いとか、ごはんおいしくな〜いとか
まぁ、お馴染みの副作用御一行様が滞在中。
今回はとっととご退去いただきたいものです。
とはいえドセタキセル(タキソテール)もやっと4クール終わったので
一応、副作用のまとめをば。

【嘔気嘔吐】
イメンドが出ないことに恐れを抱きつつ・・・だったなぁ。
1回目と2回目に、のどにつかえ感があった。
のどにずっと何か停滞しているみたいで、これがこれよりも上にきたら
出る(吐く)んじゃね?と思って、点滴にセロトーンを追加してもらった私(´-ω-`)
結局、本格的な嘔気嘔吐はなかった。ムカムカ感は時々あり。
投与後から胸やけとげっぷも。これは2回目までは強かったが、3回目以降は減少。
投与後直後から起こり1週間程度で軽減して、3週目からまた出現のパターンもあり。

【食欲の亢進と減退】
10日〜2週間くらいまでとにかくお腹がすいて食欲亢進・・・
その後急にそれほどお腹いっぱいに食べなくてもよくなり食欲のコントロールが
つくようになってくるが、すでに次の投与目前・・・(≧Д≦)

【筋肉痛・関節痛】
FECと同様。背中の筋肉痛と全身の関節痛(高熱が出たときに痛くなるのと似てる)。
デカドロン終了後から強くなり1週間程度持続、しばらくロキソニンでコントロールする。
1回目の痛みが半端なくてロキソニン3回/日でも全くコントロール出来ず
うずくまってウンウン唸っている有り様。
これが辛すぎて2回目からドセタキセルの量を減らしてもらった。
そのお陰で、2回目以降は痛み止めでコントロールできる程度になった。

【倦怠感】
痛みが出てくる頃から倦怠感も出現。
発熱の頃まで続く。
FECの倦怠感より数倍まし。

【不眠】
明らかにドセタキセルになったからの方が眠りが浅い。
デカドロン内服中はもうすっかり眠くならない。
同じ様にFECでも内服してたけど、明らかに違う。
デカドロン後はリスミーにて調整。

【浮腫】
1回目ー2回目は6週間の休薬期間があったため、浮腫みもいつの間にか解消されていた。
3回目から気づいたら水がたまってて、人に指摘されるくらいの丸顔。
これはまだ継続中。

【痺れ】
浮腫が強くなった3回目から気になりだす。
びりびりが持続。浮腫との関連は不明。
物が持てないほどではない。

【歯肉炎】
骨髄抑制が強い時期に歯肉炎が起こる。歯磨きで出血しやすい。
免疫が上がってくると軽減。
同じ頃、歯の知覚過敏もあった。

【発熱】
投与後1週間〜10日目で発熱。38℃以上にぴゅーーーっと上がるが
抗生剤の内服で2日程度で解熱。
3回目は38℃なかったため抗生剤を使用しなかった。
解熱と共に体の痛みも消失することが多かった。

【味覚障害】
FECの味覚障害とはまた異なる。
FECが金属に邪魔をされる不快感。→気持ち悪くて頻繁に歯磨きしてた。
ドセは全く違う味に変化し(特に甘味)支配される苦痛。

【アレルギー症状】
手足のほてり感とヒリヒリした痛み、乾燥、痒み、顔面紅潮。
コレに対しては、ほてり→冷やす。
乾燥と痒み→ヒルドイド+リンデロンの軟膏とその他保湿クリームでがっちり保湿。
顔面紅潮→抗アレルギー薬(アレロック)内服

【粘膜】
排便時の尻の痛み。出血は1回。
鼻をかむと鼻血。
3週目になると軽減。

【脱毛】
3cmくらいに育っていた毛髪。
がんばっていたが2回目の終わり頃から再脱毛。
いまだもって脱毛中。
抜ける前に、頭皮の痛みがちらほらと頭皮の強いかゆみがあった。
眉毛まつ毛は、ドセになってからすこーしずついなくなり
気づいたらほとんどいらっしゃらなくなっていた。
下の毛はほとんどなし(/ω\*)

【しみ】
しみが増えたのか濃くなったのか分かんないけど
前よりも目立つ!
これ改善するのかしら・・・こいつもなんとかしないと。

【爪】
変色してボコボコだけど、ひどい爪割れやはがれはなし。
ちょっとでも伸びていると、そこから割れやすいので
短めにしている。

【息切れ】
FEC4回目〜出ていた息切れはドセの1回目以降ピークに。
家の中のトイレに行くだけではーはーしてたけど
休薬期間中に、徐々に消失して今ではほとんどなし。

【ホットフラッシュ】
9月を最後に無月経。
10月の半ばからホットフラッシュか?的な症状あり。
休薬中は少し落ち着いていたが、再開後から頻発。
特に投与後1週間が強くて、だんだん軽減してくる。
暑くて、冬の夜なのに布団から足先出してねたり
お布団はいだりしていた。
あと冬でヅラ+帽子にしてると次第に暑くなり汗がタラり。



私はFEC4回目とドセタキセル1回目が、脱落しそうなくらいつらかったから
ドセタキセル再開した後の副作用は、「イヤだけど耐えられる」ものでした。
ドセタキセル1回目の後、肝機能がどーーーーんと悪くなってて、2回目が出来なくて
出来なきゃ出来ないで落ち込みました。
あの時、いろんな方から励ましてもらったお陰で予定通り最後までやれたんだなぁと
とてもとても感謝しています。
私はハーセプチンとセットだったけど、副作用はほとんどドセタキセルのものだと思われます。

肝心の腫瘍ですが、今やさわっても「コレ・・・か?それとも脂肪組織か?」と
自己では判別つかないものになっております。効いてくれたのね、ありがたや。

まだ生食は避ける時期だし、ベロもおいしくないけど
これが良くなったらゴホウビ的に納豆以外のうまいもの食べるぞーーー!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

category: タキソテール副作用まとめ

△top

ハーセプチン+タキソテール1クール目と副作用まとめ 

 

本当は1回目と2回目とまとめて書こうと思ってたんだけど
2回目が延期なので、先に1回目を。

10/31にやる予定だったけど、FECのダメージが抜けず延期。
11/7に受診し実施した。
朝10時にまず心エコー。その後採血。
診察の前にブレストセンターでFECの評価のためにエコー。
診察室に呼ばれて今日血液データも心機能も問題ないけどやれる?と聞かれる。
はーいやります、でも副作用がこわいと話す。
今日は100%でやって、2回目以降どうするか症状みながら決めようとのこと。
あーん、それじゃまたつらい日々かもしれないんだよね(´・ω・`)
こわいな〜、こわいな〜を連発。
そんで今回は点滴の1本目にアロキシ入らないし、イメンドも処方なしっていうじゃない。
吐き気はFECみたいにないと思うよ〜とのこと。そう?信じるわ…。
あ、それからFECの評価だけど、0.5cmまで小さくなったし薄くなった。
腋窩リンパ節のはエコー上では見えなくなったよとうれしい結果。
は〜、かなりダメージを受けたけど悪い細胞もやっつけられたんだなぁ。辛かったけど…。
治療室に行く前に、看護師さんから今回のハーセプチンとタキソテールの説明を受ける。
こんな直前に副作用のこといろいろ聞くと、こわいんですけど!と思いながら治療室へ。

こんにちは〜と入室して、ベッドにするかチェアーにするか聞かれて
今日は長そうだからベッドで!とお願いする。寝ちゃえばいいんだと思ったの。
相変わらず血管見にくくてすみません状態。
も〜、CVポートを作ってもらいたいのにぃ。
でもいつもちゃんと入れてもらえるから、本当にありがたや。
治療室のスタッフからも「今日から新しいお薬だから」といろいろと説明される。
1本目はステロイド入りのもの。
2本目がハーセプチン。
3本目がタキソテール。
4本目が流しの生食。

ハーセプチンも半分くらいまで進んだところで、熱っぽくもならないし
音楽聞きながらウトウトしようかな〜と思ってた時に、向かいで点滴をしていた人が
コンコン咳をしはじめ、急にバタバタと人が集まってきた。
『なぬー!呼吸困難っぽい。ショックか?なにか?』
点滴を交換したり、酸素流したり、モニター装着したり、救急カートが出てきたり。
幸い患者さんは早いうちに呼吸苦の症状もおさまって大事には至らなかったよう。
こっちはこの後「アレルギー症状がでるかも」と言われてるタキソテール。
だからガクブルで怖くてチラチラしか見れなかった。…ちょっとは見たけど。
結局オラはタキソテールになってから、もう緊張して寝るどころじゃなかった。
考えないようにしようと思って、音楽に集中しようと思ったり、持ってきた本に集中しようと思うんだけど
全部集中できなくって困ったな〜。もービクビクした。
まぁ、結果的にはつつがなく終わりました(´・ω・`)

副作用は以下でした。

【嘔気嘔吐】
あんまりないよ!と言われてたけど
翌日から妙にゲップが出るし、嘔吐反射は出ないけど
のど元まで胃から物が出てきてる感じ。そして胸やけ。
消化器症状でてるやんか〜!
胸やけしてても食べてたけどね(´・ω・`)
それが5〜6日続いて、一旦症状がなくなったんだけど
3週目に入ってまた出現。かーっとした胸やけはないんだけど
これって気持ち悪いってことだよなぁ…

【筋肉痛・関節痛】
ステロイド内服中は、FEC4クール目からあったつらい筋肉痛がピタリと消えて
とってもいい感じだったんだけど、ステロイドが終わってからきました痛みたち。
「頚部〜背中のバリバリした筋肉痛+高熱時の体の痛み」
これが本当に痛くて、痛み止めでなかなかコントロールできず苦しかったなぁ。
2週間程度で徐々に軽減した。

【浮腫】
体重は毎日測ってたけど、浮腫んだのか肥えたのかがよく分かんない(´・ω・`)
一時期手指のこわばりがあったけど、今は軽減した。

【歯肉炎】
10日目頃から親知らず周囲の歯肉炎あり。
その後それが落ち着いたら、歯の知覚過敏が出現。

【発熱】
投与1週間後に38℃以上の発熱あり。
この発熱時は、体の痛みも増強してホントにつらかった。
薬が効いてくるまで、ウンウン唸ってた。

【味覚障害】
日によってかなり変動があった。
でもFECの最悪な状態よりはマシかも。
でもおいしい!っていう日もなかった。
塩が分からない日と、苦みが残る日が多かった。


今は4週目に突入したわけですが
なんか4週目に入って、ムカムカが出てきたり
体に発疹・痒みが出たり…これがジワジワくるタキソテールの
副作用ってやつかぁと実感中。
FECとちがうところは、ドーーンとくる倦怠感がなかったことか。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

category: タキソテール副作用まとめ

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。