でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

減らないんですよ、なかなか 

 

もー、夏直前なのにブーデーなままのでっちです(´・ω・`)



こんなにご飯減らしてがんばっているのに

なんで減らないんだぁ!

そんなある日、足の浮腫み解消するかしらと

オペの時にはいてたストッキング(膝下バージョン)をはいて寝てみた。

あらー、なんかすっきりしたわぁ。多分。気持ち。



当時の足はドセの影響でパンパンだったから

オペ後もこのストッキングの上から見ても

「むくんでるね〜」と看護師さんに言われたさ。

その時に比べたら、水は抜けてるんだけど・・・(´・ω・`)

足首・・・戻らない(´・ω・`)

くるぶしの後ろのへこみが見えないようーーー!



そんなこんなで、只今ダイエッターです。

一日一食は精神的に無理なので、全体的なボリュームを減らしてみてます。

そんで食べ過ぎちゃったなーの翌日は、朝抜いたりして調整してます。

夜、大好きな白飯をなるべく食べないとか

大好きなパンも我慢してるとか

お茶ガブのみ作戦の日があったり

空腹を炭酸水で癒やしたり

とにかく、ただのガマン大会だよぉ。

3kgくらい減ってるんだけど、どうも食べないわりに速度が…(´・ω・`)

やっぱし、ホルモン抑えてるからかしら?!

えっ、食べてないつもりで食べてるって…(。-∀-)

運動が、運動が足りないっ。

朝晩の徒歩だけだもん…(´・ω・`)

やるぞーーぉ、何とかして距離をのばすぞう。

この前、クリニックでも「くびれをめざせ!」って言われたよ、トホホ…

【追記】
それとこの前の「長女、第一子多い説」なんですけど
またまた4人ほどが該当(一人っ子含む)。
あ、それと20年クラスの大先輩も2人長女、第1子だ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
スポンサーサイト

category: 術後ダイエット

△top

学会でガラガラの外来にて 

 

今日は2ヶ月ぶりの内科とハーセプチン。
乳がん学会にお出かけするために
主治医がいないので、お留守番の先生の代診♪
たまには違う先生もいいわ〜、誰かな〜と思って病院へ。

何故か分からないけど、今日は病院全体に随分人が少ない。
採血室だって1秒も待たなかった。
「月末だからかな〜?」とスタッフの方は言ってたけど
そういうものかねぇ( ´ー`)

内科の予約まで「冒険に出て」時間をつぶして
予約15分前に診察室付近に行くと
これまた5分もしないうちに呼ばれる。

ケモでダメージを受けた肝臓ちゃん。
まぁ、もともとの不摂生も影響したわけですが
さてさて、どうなっているでしょう。
術前〜入院中にかけて、だいぶ良くなってきていたのを踏まえて
4月末で胆汁のながれをよくするお薬と高脂血症のお薬を中止にしたのね。
でも、その直後にタモキシフェンが開始になったので
ダブルの衝撃でまた肝機能が悪くなってたり
異常に高脂血症になってたらどうしよう(≧Д≦)

その恐れから開始したダイエット。
減らしているほどになかなかへらねーなぁと思いつつも
一応ピークから5キロほど減ってきてる。
ぐおぉぉ、これで血液データがよくなければワシは薬に頼るよ・・・と弱気。
一番恐ろしいのはHbA1cの値だよ。
これは糖尿病の指標になるものなんだけど、年末年始に味覚障害にまかせて暴飲暴食してた頃
それが上昇してて超焦る。
これで糖尿病の烙印をおされるわけにはいかないわ!と
術前検査の前だったこともあって、2月に食事内容を改善。プチ低糖質生活に突入。
そのかいあって、術前検査の時には肝機能と共にHbA1cも改善。
入院中はむしろ好きなものを食べていたけど
入院中のデータは、貧血・低タンパクだったからちょうどよかったかも。

ちゃんとダイエットするどー!となったのは6月に入ってからです。
ケモ中のコントロール出来なかった食欲のことを思えば
随分コントロール出来るようになったなと思う。
しかーし、思うほどには減らないねぇ。
関節痛が出始めてから、それ以前に増して動かなくなってたから
筋力の低下が甚だしい。基礎代謝が落ちてる上に、消費カロリーが少ないから
多少ご飯減らす程度じゃ知れてるのよね。
でもポンコツになるのもコワい。
というわけで、地道に筋力低下した人のための運動を取り入れることに。
片足で立つのを左右1分1日3セット。歯磨きしながら、しゃべりながら。
その成果はまだ先ですな。

やたらダラダラ長くなりましたが
内科では、肝機能はほぼ基準値だし順調ですよとのことで
高脂血症のお薬もいらないでしょうという結果でした。
とはいえ、一度炎症を起こした肝臓なので治療は引き続きやっていきます。

そして大方お出かけ中の乳腺外科。
お留守番の先生は〜?と聞いたら2人のうちの1人が
ちょうど手術に入ってくれた先生だったので
その先生で!とお願いしました。
今日は代診ということもあって外来がガラガラ。
すぐに呼ばれて「どーですかー?」と話しているうちに
先生が入院中の私のことを思い出す。

思い出しついでに、入院中に仲良くなった方のことを話す。
私が退院してからも毎週外来にくるたびに会いに行ってた方。
主治医が同じということだけではなくて、話しやすくて気が合った。
遠くから通っていて、5月の連休明けに遠い土地に帰って行った。
メールのやりとりはしていたんだけど、5月の終わり頃連絡がとれなくなった。
調子が悪いのかなと心配していたら、6月に入ってすぐの外来で
その方が亡くなったことを聞いた。
悲しくて、ショックで、
でも病気ではない周りの人に話しても
私のこの衝撃は伝わらないし、みんな返事に困っちゃうんだよね。

だから今日先生とこの話しが出来て、本当に落ち着いた。
今日の先生もその方のことを気にしていた矢先に
亡くなったお知らせがあって、残念だったということを話してくれた。
でもその方が、主治医以外にその先生のことをとても信頼していたので
そのことをお伝えできた。本当に先生のことは信頼していたんですよ。
そう伝えたら、ちょっぴり先生が泣いて、
ちょっぴり私も涙ぐんで
静かな外来で、2人だけでしんみりして、
改めてご冥福をお祈りしました。
短いお付き合いだったけど、忘れられない人です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 術後ダイエット

△top