でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

最終回(がんばった腕) 

 

ついに昨日、ハーセプチンが終了。



ぶっちゃけ、途中から自分で数えなくなり
今が何回目なのかも分からないまま
外来予定表通りに、システマチックに受けていた。
その予定が2/21まで入っていたから、当然2/21が最終だと思っていたが
主治医が予定を入れる時に、テキトーに1年分入れていただけであった。

「今何回〜?」と12月に外来で看護師さんに聞いた回数と
腫瘍センターで聞いた回数も違うし、よくわからないまま突然最終回に至る。






今、




こんな気持ち。

(ブッダの方)




もともと、こんな風に血管が出ていないイケてない体。




術前から苦労はしていたが(刺す人が)



術前8回、



術後14回、




しかも術後は健側の右しか使えず




採血右、点滴も右。




刺すところないからどっちも正中ラインから( ゜д゜)




点滴時間も50分くらいだから




術後はもうほとんど正中ラインから。




しかし何とか乗りきった。



あんなにしつこくポートを懇願しても
「へいきへいき~」と入れてくれなかったけど
終わってみれば、末梢だけで何とかなった。




そんなこんなで、
採血結果はダイエットしなくちゃいけないんだけど(!)
内科の先生にも怒られちゃう結果なんだけど(!)
恐ろしくスムーズに終わった昨日の受診の後
さわさんとカレー食べに行っちゃった♪
(ご、ごめん、ぬまさん)

 
このセット600円なんだけど!

以前、診察待ち中にふらりと入ったとこ。

大変おいしゅうございました(^−^)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

スポンサーサイト

category: 術後:ハーセプチン

△top

診察待ちなう!1月バージョン 

 

今日もハーセプチン。
紅しょうがちゃんが一足早く卒業したらしいヽ(´∀`)ノ
ワシもあと数回。

いつもの予約時間11:30。
到着してすぐ「今どのくらい〜?」と受付で聞くと
「い、今9:30…」とな( ̄□ ̄;)
まぁそれも折り込み済みなんだけど
ちょっとはすいてるかな?という毎回の淡い期待は不要であった。

ちょっとだけ待合室で時間をつぶしてみるものの
じきに、どっかいこ〜かなと思い始める。
でも今日は外寒いしなぁ。前回行ったカレー屋に行くにもなぁ。
なーんて考えていたら、診察前のお熱測ったりするのに
看護師さんに呼ばれる。あぶねー、ウロウロしにいくところだったよ。
そしてそれも終わったけど、まだまだ待つですなぁ。
ってなわけで、タリーズに避難してこれを作ってます。
最近は時間つぶすためにmac持って外来へきてる。
本当は「仕事でもすっか」と思って持ってくるんだけど
ついつい、ブログに。


そうそう、昨日は再建のクリニック受診。

エコーにて浸出液はまだちびっと溜まってるとのこと。
よく見ると皮膚にまだ穴もあいてたわ。
でも今はまだ閉じきらない方がいいかなーとのことで
しばし、このままの状態で様子見。
これはどうしても閉じなければ、外科的に処置するとのことで、
自然に閉じなければどうするんだろ?いつまでも待ってるのかな?と思っていたので
ダメなら縫うという、分かりやすい解決策があると分かり一安心。

そ、それよりも
お正月太った分戻してないでしょ?と言われる=( ̄□ ̄;)⇒
もはやしばらく体重測ってないから、乗るのも怖いよ。
「お正月関係なく、肥えてます」と言ったけど
その後ダイエット指南となった(´・ω・`)
分かりました、3週間後に痩せときます(´・ω・`)
でも今はタリーズで甘いの飲んでます。

私信:31日9時台にねじ込んでもらったぜ。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 術後:ハーセプチン

△top

診察待ちなう 

 

本日は大学病院の受診。
内科&乳腺外科&ハーセプチン。
年末に突入して、病院も混んでるんだろうな〜と思ったら
案の定、コミコミ。

内科の先生はいつもほぼ予約通り、
もしくは受付したらすぐに診察って感じで
あんまり待ったことないんだけど
その内科で30分待つ。

いやな予感がしたよ、乳腺外科。
予約は11:30。内科が終わってほぼ予約時間。
「何人くらいまつ〜?」といつものように聞くと
「まだ9:30の予約に突入したところなのよ〜」とのとこ( ̄□ ̄;)
なんやて、3時間コースか?!
とにもかくにも、時間があることだけははっきりした。
ハーセプチンを先にやりたいと思うのは患者都合。

そんなわけで、時間たっぷり。
「お外をうろついてきま〜す」と1人ふらふらと病院外へ。
しかしまだお腹もすいてない。
商店街をお散歩と称して、あてもなくウロウロ。
ほほ〜、こんな風になってたのね、ここまでは来たことないわ
Kクリニックってここかぁなどと思いながらウロウロふらふら。
はっと気づくと隣駅前の商店街まで来てるし!

しかしさらに探索。
もっと探索…と思ってたんだけど
急に嗅覚を刺激するスパイスの香り。
お腹すいてないなぁと思っていたのにさ、急にお腹がすいてきて
スパイス臭の元に吸い込まれたワシ。

カウンターのみ、店員さんは全員インド人。
キョロキョロしつつも「チキンカレー、ナンで」と口走る。
それが1人でモソモソ食べるつもりだったんだけど
あまりにもうまいから「わぁなにこれ、めっちゃうまい」とつぶやいたら
隣のおじさんが「ここのおいしいでしょう、くせになるんだよ」と。
結局、おじさんとインド人としゃべりながら食べました。

テイクアウトもあるよとメニューをもらって
ランチ580円なり。ミニサラダ付き。かなりお得。
ついさっき、内科の先生に「あらら〜、ちょっとたべた?」と注意されたってのに(´-ω-`)
そう、肝機能ちょっとアップしておるよ。
それなのに!モグモグたべて、はー満腹。

とこれを書いている現在も、診察待ちなう。
んもー、帰りに美容院にも寄りたいのに、一体何時になるかも分からないから
予約の電話もできないよう。
とりあえず記事作って、時間つぶしておりますぅ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 術後:ハーセプチン

△top

術後検診ていつするの?! 

 

ふひー、気持ちが落ち着いてきたら
現実のやらなければいけないことに急にはっとして
あれやこれやしつつ、セカンドオピニオンのこともちょっとずつ進めたりしてます。

先日はハーセプチン投与日。
主治医が同じさわさんとぬまさんも診察日が同じだったので
会えるようにちょっと早めに病院に行きました♪
行ったらすぐに会えてよかった〜。
お2人の予約時間はとっくに過ぎていたけど
「まだだよ〜」ってことで、つまり自分の時間も押してるってこと。
でも、私の診察が終わるまでお付き合いしてもらっちゃってとっても感謝。
しゃべってて呼ばれたのにも気づかず、さわさんに「今呼ばれたような…」と言われて
慌てて診察室に入ったくらいすごく楽しい待ち時間でした(^−^)
どうもありがとうございました。

浸出液がまだ少し持続しているので
ガーゼを当ててるんだけど、マイクロポアのテープを使ってもかぶれちゃう。
それがね〜と看護師さんと話してたら、これが刺激が弱いかもと教えてもらったテープ。
その名も「カブレス」(  ̄w ̄)
パッと見ビニテみたいな感じです。
一日使ってみて、確かに痒くはならなかった。
けど剥がすときは、そこそこ刺激があったかな。
これはワシの剥がし方にも問題があるのか。

浸出液がまだ出るってのも納得がいかないんだけど、
術後半年過ぎたのに、検診しない乳腺の主治医。
これも納得いかん。
「みんな半年でやったって聞いたよ(今さっき)!」って言ったら
「え〜、そうだって〜?」ととぼけやがった( ̄□ ̄;)
私の場合、内科のフォローアップがあって
その都度血液検査で腫瘍マーカーもとっているから
まだいっかと思ってるみたいだけど、形成でトラぶってるわけだし
ちょっと見てみるとかすればいいのに!
そんでも、主治医が自分でちゃんと時期を見て検査するっていうから
「そんじゃ、もうそれまで検査のこと言わないっすよ!」となりました。
その後は形成のセカオピのこととか、
形成の主治医に紹介状書いてもらうのどーかな?とか相談して…
何だかんだ言っても、やっぱ乳腺外科の主治医とは話がしやすいんですよねぇ。

そして今日は日曜日だったけど、
仕事の打ち合わせがあって、しかも何故か渋谷でやることになり
んもー久しぶりに都会に繰り出しちゃった。
電車に乗れば20分くらいで着くんだけど
心理的距離が遠くて、全然行かない場所ですぅ。
「ヒ、ヒカリエどっちですか(オドオド)」と
駅員さんに聞いて、やっと行けた〜。
炎症騒動で、仕事もかなり遅れが出ているので
明日から気合い入れてお仕事もがんばりまーす。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

category: 術後:ハーセプチン

△top

面談と診察と膿んだ足 

 

金曜日はハーセプチンで受診しました。
とりあえず到着して、しばらく待つからどこいこっかな〜とひと息ついて考えてると
担当の看護師さんと久しぶりに出会う。
学会で出かけてたから1回会えなくて、次の診察の時はお休みで会えなくて。

「わー、ひさしぶりー!」となんだかお互いにワーワーなって
ウロウロしにいく前に血圧とかお熱とか見てもらって
その時に「もー背中が痛くて」とかあれやこれやの不調をひとしきり話す。
あと今日出して欲しい薬とか、心電図でちょっとひっかかたとか
亡くなった患者さんの話とか、どのくらい仕事出来てるかとか。

ここで話が一通り出来ちゃうと、先生のところに行って
「どう〜?」って聞かれても
「まぁ不定愁訴程度ですよ」というだけで気が済んじゃう。
先生のところで話したいのは、病理の核グレードの結果はきたかとか
次の内科の採血の時に乳腺外科的には項目追加するのかとか
ハーセプチン何回目だっけ?とかそんなこと。

診断がついて治療方針が決まってから
ずっと看護師さんとの面談→診察だった。
この面談があったから、不安も随分軽減されてきたなぁと思う。
ケモの副作用でしんどい時の受診とかもね。

今も3週間に1回のハーセプチンがあるから
「次行く時に言えばいいや、聞けばいいや」って思って気楽にしてるけど
ハーセプチンが終わったら、面談もなくなっちゃうのかー(´・ω・`)

そんなわけで「足の裏熱いんだけど」って先生にいうのをすっかり忘れました。

そのかわり、足の指?爪?が痛いのを靴下脱いでみせてお薬もらう。
よく爪のつけ根とか横が少し腫れて押すと痛いことってありますよね?
爪周囲炎っての?
それが足の親指に起こって、なんか痛いから抗生剤の軟膏でも塗っとけって
爪の根元に塗ってたんだけど、これが全くよくならずに結局炎症だけでなく
化膿したらしく膿がちょろちょろ出るし、なんか肉芽みたいのできてくるし
歩くと痛いくて足ひきずっちゃうし「足の裏が熱い」っていう症状よりも、
今すぐになんとかしたいことだったんす。

爪周囲炎
まさにこうなった…靴をはくとちょうど当たって、痛い(>_<)

だからこれは皮膚科に行くべきものってのは知ってたけど
皮膚科に行くのもめんどうだなーとついつい思っちゃって
うっかり乳腺の主治医に足見せる。
痛みが強い間はリンデロンVG軟膏で、そのうち肉芽がとれて痛みがなくなってきたら
リンデロン中止してゲンタシンでいいよとのこと。
これだけでこの日の受診は、満足だった〜。
今はだいぶ痛みがよくなりました。

背中のバリバリに張ってた痛みは
マッサージに行ってよくなりました。
ギュウギュウほぐしてもらうわけじゃないのに軽くなるのね〜。
左腕のピキーっとしたつっぱり感も改善。
そんで、その後、当日の昼寝、夜、翌日の昼寝。
なぜかとってもよく寝れてます(^−^)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ
-- 続きを読む --

category: 術後:ハーセプチン

△top