でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

プロローグ 

 

こんにちは、でっちです。
はじめての方、はじめまして。

賢い三毛猫とまぬけなアメショのお世話係。
番頭(夫)がでっちのお世話係。


元々猫のブログを書いていて、そこにこそこそっと病気のことも載せていました。

具体的なことはあまり明かさずぼんやりした感じで載せていたんだけど

そろそろみんな病気のことがわかったかな〜と思ったので

猫は猫、病気は病気でわけることにしてみました。

分けることで、同じ病気の方の目に触れる機会も増えるかもしれません。

こんな拙いブログからでも、情報や気持ちが共有出来れば幸甚です。



〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。〜。



2012年6月 ある日の入浴中に「なんだ?」と左胸のしこりに気づく。

触ってみて固いので「いやな予感」がすでに居座る。

6月14日 予約にてクリニック受診。マンモグラフィー、エコー実施し、すぐに紹介状を用意される。

翌日、予約外で乳腺外科を受診。その日のうちにバイオプシー。

6月27日 組織診の結果、悪性腫瘍とわかる。診断名:左乳がん。


【組織診の結果】
・左乳房浸潤性乳管癌
・Estrogen・progesterone受容体(+)(95%、90%)
・HER2:score2→FISH法:2.3
・nuclear grade:3
・ki67:40-50%

とっととオペして欲しかったけど
主治医から提案された治療方針は術前の化学療法から。

【治療方針】
術前化学療法(FEC×4、ハーセプチン+ドセタキセル×4)
→手術
→術後ハーセプチン×14回
→ホルモン療法5年


「え〜、この私が抗がん剤をやるのぉ?!」と今まで考えてもいなかったことが開始。
現在、術前化学療法中です。
ある程度医療のことを分かっているつもりだったけど、乳がんのことはドシロウト。
患者としてもドシロウトだったよ(。-∀-)
だから、経験者の話に勝るものはなし!とたくさんの方のブログを参考にさせていただいています。
副作用は非常に個人差があるのですが、もしも自分の症状が何かの参考になるならば…と
覚え書きを始めました〜。

遡ってまとめているものが多いので、順番がバラバラかもです。
カテゴリを参考にしてくださいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: はじめに

△top