でちこの病覚え書き

2012年夏、乳がん発見!術前治療にヘトヘトになりながらも、元気になってきた現在のアレコレ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

5年目 

 

またまた更新を怠っておりました。元気です。
それでもなんだかんだと2ヶ月ごとの受診は変わらないです。
連休前に久しぶりにさわさんとぬまさんと一緒の外来日でした。
診察だけだったけど、まあまあいつもくらいかかりました。
2月に受診した時には、過去最高に早く終わったので
少々期待していたけど、そうでもなかった。
しかも主治医の呼び込みが聞き取りにくいこともあって
ぬまさんが呼ばれた時、私が呼ばれた時に、おばーちゃんズが間違えて
診察室に先に入るっていうアクシデントがありました。
同じ年の同じ頃に見つかって、まぁそれぞれの治療をしてきましたが
もうすぐ5年くらいになります。
私の場合は術前のケモがあったので、術後は4年が過ぎたばかりですが。
5年くらいのところで「タモキシフェンを終了でもよい」といわれているぬまさん、
「タモからAIへの変更」を提案されているさわさん、
初めからから10年はホルモン療法やるって言われている私。
人それぞれで、治療が違っていて、ちゃんとみてるんだなぁと思いました。

私はリュープリンをやめてもうすぐ1年だけど
これだけで本当に体は楽です。
今あるちょっとした不具合は、もう仕方ないやと受け入れています。
ケモ後にあった関節痛よりは随分ましだし、動き始めが痛いけど動けるから
まぁいいかという感じでゆるゆる過ごしています。
再建の調整とか続きもあるんだけど、なんだかもう面倒臭くなってきて
再建クリニックにも行っていない・・・
主治医に「行ってないんだけど」と言ってるんだけど
全身検査の時に一緒にみるからいいとのことでした。
なんか、今再建のことにエネルギー注げない。

今も時々、このブログをみて参考にしてくださっているみなさんのために
時々スポンサーサイトを消そうと思って、今日は更新しました!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

リセットさん、福ちゃん、夢吉さんちゃんとお返事していなくてごめんなさい。
またあとでお返事しますねー。
スポンサーサイト

category: 未分類

△top

あけましておめでとうございます 

 


旧年中は大変お世話になりました。
こんな不定期ブログ、もう誰も見てないだろうと放置し
そろそろフェイドアウトでおしまいにしようかな・・・と思っていると
不思議なもので、ポツポツとコメントをいただきます。
今、まさに治療に向き合っていらっしゃる方々から。
私の経験はもう数年前になりましたが、
「参考になりました」とおっしゃってくださいます。

術前の化学療法中にブログを始めてヒーヒー言いながら、
一緒に頑張っているお友達に励まされながらなんとかやり過ごし
術後、再建のトラブルに見舞われ、全く踏んだり蹴ったりの闘病でしたが
あの時の経験を記録してきたことが、現在頑張っている誰かに届いているのは
驚きであり、今の元気に過ごせているということも示していくことも
十分応援になるのかなと改めて思います。

現在の私はホルモン療法だけで、リュープリンも2年で終了し
乳腺外科的にはタモキシフェンの内服のみとなりました。
リュープリンが終わってから、明らかにホットフラッシュのフラッシュ加減が
軽減しています。
多分人よりは暑がりだし、時々は「あっつーい!」という瞬間が来るけど
リュープリンやっていた頃の頻繁にカーーッと暑くなって
汗がダラダラ出ていた時に比べたら、ずいぶん楽になりました。
でも、まぁ暑いは暑いんですよ。
そして体温も高いんですよねー。
常に36.8〜37.2℃くらいが平熱みたいです。(仕事前に毎回熱を計っている)
一体いつ頃からこんなにアツアツな体になったのか。
ケモ中は36℃くらいだったんですけどね。
特に「温活」はしてないです。
再建は最後の乳頭乳輪が残ってるといえば残っているけど
なんだかもう面倒くさくなり、なくたって温泉に入っているし
まぁ追々その気になってからでいいやという感じです。
あとは痩せるという人生につきまとう目標のみ・・・

今年もぼちぼちやりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ



category: 未分類

△top

あっという間に冬ですね 

 

スポンサーサイト出てます。
すみません。
生きてます。忙しいですね。
治療前の状態にすっかり戻って、またちょっと無理しながらの生活ですけど
疲れをためない!ということだけは心がけています。
だからどんなに持ち帰り仕事が切羽詰まっていても
日付が変わる前には寝る。できない仕事は仕方ないと翌日に持ち越す。
も〜こんなに才能がないならやめようかな〜と思うこともあるけれど
苦労した後にちょっとの喜びがあったりして、まだもう少し頑張ろうかなと思います。

えっと、毎年恒例の全身検査などなどは今月やっておりまして
脂肪肝以外は問題なしです・・・(・ω・)

先日出張で久しぶりに北海道にいったんですけど
札幌の駅を出た途端「さむいっ、いたいっ」と思いました。
でも以外と寒さに適応するものですね。
あわただしかったけど、北海道楽しかったです。
というわけで、近況報告のみですが
元気でバタバタしていますー

こんな不定期更新にコメントありがとうございます!
大変遅くなりましたがお返事しました♪

category: 未分類

△top

すっかりご無沙汰でした 

 

冬が終わり、春が来て、夏がそろそろ終わる・・・
すっかりさぼってました。生きてます。
スポンサーサイトを消すべく、更新に至る!

6月にリュープリン始めてから2年がたってまして
「当初の予定ではリュープリンは2年だったけどどーするか?」
というのを主治医と話していたんだけど
まぁいつもの通り主治医は「どっちでもいいよ」
こっちとしては、リュープリンの副作用はいやで止めたら少し楽になるのかとも思うけど
ホルモンを抑えておいたほうがいいかなとも考えたり、
まぁ結局6月はリュープリンして、次まで態度保留にした。
で、結局8月の診察では「とりあえずやめてみる」ということにしてみた。
もうこないと思うけどセーリがきちゃったら止めよーという落とし処。
それなのにFSHの値としては「・・・くるかもね」ってなことを言われてげんなり。
でも、とにかく今年の夏は夏風邪引いてから1ヶ月くらい体温調整に難儀したし
リュープリンの後のカーッという激しいホットフラッシュもまだ暑い時期で嫌だし
(リュープリン直後が絶対に症状は強い)
不快なものを減らしてみたいという、私のささやかな願いを聞き入れてもらいました。
リュープリンは6ヶ月製剤も出来たとか聞いたけど、まぁとりあえずいいです。

肝機能のせいでまた内科にいったり、その検査があったりで結局1ヶ月に4回くらい病院に行ってる( ´△`)
そして行こう行こうとしている婦人科にスケジュールが合わなくてなかなか行けない・・・





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ


category: ホルモン療法

△top

リリカ投入 

 

帯状疱疹を発症して3週間。
早めの抗ウィルス剤の内服により、皮膚症状はそれほどひどくならなかったが
経過的には、通常の経過をたどりいまだに痛みが持続。
発症1週間後から、ノイロトロピンという痛みを抑える神経を活性化させるお薬を使用。

しかし、あまり効かん・・・。合間にカロナールやロキソニンを投入。
ついにNsAIDS(フツーの痛み止め)は有効ではなくなり
今更だなと思いながらも、皮膚科受診。それまでは近所の内科に行ってました。
皮膚科で、皮膚症状はもう落ち着いているのでここにウィルスはいません。
でも痛みがあるのは、帯状疱疹後神経痛ですねということで
これが効きます!とリリカを使うことになりました。
ドセの痺れが出た時にも、リリカは使わなかったのに〜と思ったけど
リリカというお薬は、帯状疱疹後神経痛の痛み止めとして最初に承認されたものだそうです。
もうそろそろ痛みとはお別れしたいので、このかわいらしい名前のお薬に頼ることにしました。
75mgを1日2回〜開始しています。
痛み止め効果はあるんだけど、取りきれない痛みが痒みとなって残ってて
痒い、掻きたい!しかしダメじゃ!という葛藤。
「痒いんですよ〜」と皮膚科の先生のとこに泣きついたけど
リリカを始めてまだ二日だから、もう少し効果が出てくるまで頑張れということで
リリカの増量はまだなし。
気休めだけど・・・ということでジルダザック軟膏出してもらいました。
た、確かに気休めな感じ( ´△`)

もう普通に元気に動けるけど、なるべく休もうと超早寝生活してます。
今までもそこそこ寝てたけど、寝ることは大事ですね。
これが落ち着いたら、少し体力づくりしよ〜と思います。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ご訪問くださりいつもありがとうございます(´∀`)ノシ

3/16メモとして追記:
リリカは75mg×2、5日後に効いてくる。
痒みはまだ残るが、耐えられない状態ではなくなる。
ヒリヒリした感覚も軽減。
リリカ開始9日目には、朝内服して夜の内服を忘れそうになるくらいになった。
ショーゲキだったのは、皮膚科の先生からも乳腺外科の主治医からも
バルトレックスの量が少ないと指摘されたこと。
1日量も投薬期間も( ゜д゜)!
私が内服していた量は単純ヘルペスの時のものだって。
まぁ、もうおさまったからいいけど・・・


category: 未分類

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。